初詣はいつからいつまでにすればいい?初詣に行く回数や時間・作法について紹介

スポンサーリンク

大晦日が明け、元旦を迎えたらまず考えるのが、初詣のことではないでしょうか。

初詣は新しい1年の始まりとともに神様のところへお参りをし、祈願をする日本ならではの習慣です。

おみくじを引いたり、屋台で食べものを買ったりと、どこかウキウキとした気分にもなりますよね。

そんな初詣ですが、いつからいつまでにすればいいのか知りたいと思いませんか?

また、初詣に行く時間や回数、作法についても気になるかもしれません。

このページでくわしく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

初詣はいつからいつまでにすればいい?

初詣とは?

神社イメージ

初詣は、年が明けてから初めて神社やお寺にお参りすること。
「詣(もう)でる」には「参拝する」という意味があります。

初詣では、新しい一年を無事に過ごせるよう、願いや祈りを込めてお参りするんですね。

初詣の元となったのは、かつて日本にあった「年籠(ごも)り」という風習。
その家の長(おさ)が大晦日の夜から元旦の朝にかけて神社にこもり、新しい一年の無事を祈願したものです。

江戸時代の終わり頃までは、その年の恵方(干支に基づく縁起のよい方角)にある神社やお寺へ参拝する「恵方詣」が主流でした。

その後、明治時代に入ると恵方を気にする風習はなくなり、現在のように有名なところ・歴史のあるところ・自分の悩みに対してご利益のあるところへお参りするようになったのです。

初詣はいつからいつまでに行けばいい?

初詣にいつ行くかは、大晦日の夜・元旦の朝・三が日のうちなど、イメージが分かれるところかもしれません。

初詣はいつからいつまでに行くのが正しいのか、気になりますよね。

実際には、はっきりと決められた期間はありません。

繰り返しますが、初詣は「年が明けてから初めてお参りすること」なので、その一年の最初に参拝すればそれが初詣になるんですね。

ただ、初詣はお正月行事のひとつなので、一般的には三が日(1月1日〜3日まで)に行くことが多いです。
遅くとも、松の内までに済ませることがほとんどでしょう。

松の内とは

松の内とは、歳神さまが家に訪れる期間のこと。
そもそもおせちや鏡餅は歳神さまをもてなすために飾るもので、門松は歳神さまの依代(よりしろ)なんですよ。

そのため、正月行事は松の内の期間中に行われます。

松の内の期間は関東では1月7日まで、関西では1月15日の小正月までが一般的。
地域によっては1月20日の二十日正月(はつかしょうがつ)までを松の内とするところもあります。

松の内、つまりお正月の区切りをいつにするかは地域によって異なりますが、いずれにしても、初詣は松の内の期間内に済ませるのがおすすめです。

初詣に行く時間や回数について

いつ行くかがわかったら、次に気になるのは初詣に行く時間や回数についてではないでしょうか。

時間や回数についても、とくに明確な決まりはありません。
地域によっては二年参りといって、大晦日と元旦の両方に参拝すると多くの徳が積めると考えるところもあります。

日本では昔から「慶びごとは早く知らせると縁起がいい」とされるため、午前中に参拝するという考え方もありますね。

回数については、もちろん一回でもいいのですが、お正月のうちに二回・三回とお参りしても問題はありません。
ほかにも、いろんな場所の神社仏閣に参拝すればそれだけご利益があるという説もあります。

初詣は一回限りではなく、いろんな神社やお寺を巡ってみるのもいいかもしれませんね。

初詣は神社とお寺のどっちに行けばいい?

初詣では、神社に参拝する人もいれば、お寺に参拝する人もいます。

日本では明治時代に神仏分離が行われましたが、それ以前は神道・仏教の区別はありませんでした。
その名残で、現在でも神社・お寺のいずれに参拝してもいいとされているのです。

家の近くにある神社・お寺へ行ってもいいですし、学問・恋愛・商売繁盛など、自分が望むご利益の高いところへ行ってもいいでしょう。

もちろん、神社へお参りしたあとにお寺へお参りするなど、掛け持ちしても大丈夫です。
これは神社やお寺によって、祀られている神様やご本尊が異なるためですね。

どこへお参りすればいいかわからない場合は、自分の住んでいる地域で先祖が眠る菩提寺(ぼだいじ)や、氏神(うじがみ)さまが祀られている神社へ参拝しましょう。

また、信仰している宗教があればそれにならうといいですね。

初詣の作法について

お寺イメージ

それでは、実際に初詣に行ったときの作法について詳しく見ていきましょう。

まず、神社とお寺ではお参り方法に違いがありますよ。

神社のお参り方法

  1. 一礼して鳥居をくぐる・・・鳥居の真ん中は神様の通り道なので避ける
  2. 手水舎(ちょうずや)で心身の穢れを流し清める・・・左手・右手・口の順番で清める
  3. お賽銭(さいせん)を入れて鈴を鳴らす
  4. 二礼二拍手をして合掌し、祈願をする
  5. 一礼する

お寺のお参り方法

  1. 山門で一礼する
  2. 手水舎で心身の穢れを流し清める・・・左手・右手・口の順番で清める
  3. 常香炉(じょうこうろ)の煙で体を清める
  4. お賽銭を入れて合掌し、祈願をする
  5. 一礼する

間違えないように注意してくださいね。

お祓いを受けることもできる

通常のお参りは社頭参拝(しゃとう・さんぱい)といい、お寺や神社の建物の外から参拝します。
しかし、よりご利益を得たい、厄年なので厄を払いたいなどといった場合は、昇殿参拝(しょうでん・さんぱい)でお祓いを受けることもできますよ。

昇殿参拝では初穂料(はつほりょう)を納め、拝殿の中で神職の方に祈願してもらいます。
合格祈願や病気治癒など、祈願の内容も最初に伝えておきましょう。

ちなみに、厄年に受ける厄払い(厄除け)も昇殿参拝の一種ですね。

願いごとやお賽銭の作法について

参拝ではお賽銭を入れ、心の中で願いごとを唱えます。

願いごとは基本的に一つだけにし、まずは新年を無事に迎えられたことへの感謝を捧げましょう。

お賽銭の金額には決まりはありませんが、小銭を縁起のいい数にして、縁起を担ぐことが多いですね。

  • 5円・・・ご縁がありますように
  • 20円・・・二重にご縁がありますように
  • 41円・・・よいご縁がありますように
  • 50円・・・五重にご縁がありますように

ちなみに、10円は「とおえん=遠縁」、500円は「これ以上硬貨がない=効果がない」という意味になり、あまり縁起がよくないとされています。

ただ、ほとんど語呂合わせなので、あくまで気持ちの問題だと思いますよ。

おみくじについて

初詣といえば、おみくじを引くのが定番です。

おみくじは1回の参拝につき1回だけ引くようにしましょう。
そのつど違う結果が出ると混乱してしまいますからね。

おみくじは大吉だったからいい、大凶だったから悪いというものではなく、あくまで書かれた内容を目標や戒めとして過ごすことが大切です。

また、おみくじは境内にある結び所に結んでも、持ち帰ってもどちらでもかまいません。

「結ぶ」という行為に「神様とご縁を結ぶ」という意味合いが込められていますが、持ち帰ったからといって願いが成就しないというわけではないからです。

個人的には結ぶよりも持ち帰って時々読み返し、あらためて内容を心に留めるようにしていますよ。

さいごに

初詣にはいつどこへ行くか、何時に行くか、何回行くかといった細かい決まりはありません。

細かな決まりやしきたりよりも、「神様にお参りして祈願したい」という気持ちが大切です。

わたし自身毎年同じ神社にお参りをしていて、行かないと何となく気分がソワソワしてしまうほど。

遅くなりすぎないうちに初詣を済ませ、新たな1年を気持ちよく迎えたいですね。

おまけ:季節イベントについてのほかの記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

秋田出身・仙台在住のwebライター。 仙台の情報ブログ「仙台らいふ」の運営&おみやげ情報サイト「OMIYA!」でおみやげ情報をおとどけしています。 お出かけ・食べあるきが趣味なので、レジャーや外食をおトクにするワザや、日常に使えるネタを発信していきたいです!

執筆メンバの一覧を見る