FXのテクニカル指標「MACD」とは?見方や設定方法を解説

スポンサーリンク

FX取引では、さまざまな視点からチャート分析を行って今後の値動きを予測していくものです。

そのチャート分析に使用するのがテクニカル指標となるわけですが、初めてだと「どのテクニカル指標が良いのか全く分からない」というのが本音ではないでしょうか。

テクニカル指標の種類はとても多く、それぞれ読み取れる内容も違ってきます。
そのため、全種類を理解するにはかなりの時間が必要です。

しかし、そんな中にも比較的手軽に使用できるMACD(マックディー)というテクニカル指標がありますので、このページではMACDの見方や導入方法について紹介していきますね。

FXのテクニカル指標「MACD」とは?

MACDは誰でも使えるテクニカル指標

MACDというのは「Moving Average Convergence / Divergence Trading Method」の略称で、2本の移動平均線を使用したグラフのようなものです。

MT4の取引画面では以下のような表示になりますが、利用する取引画面によっては2本のラインで表示されていたり、自分でカスタマイズできたりもします。

移動平均線は、一定期間の価格から計算した平均値をグラフで表したもので、「過去●●日間」というように期間を設定して使用します。

現状の価格を表すローソク足と、過去の平均値を表す移動平均線を組み合わせることで、ある程度売買のタイミングが計れるんですね。

MACDの場合は移動平均線を2本使用しますから、それぞれ異なる期間を設定することで、移動平均線よりもより綿密にタイミングを計ることができます。

MACDではトレンドの方向性が読み取れる

MACDでは、為替の値動きが今後上昇するのか、それとも下降するのかといったトレンドを読み取ることが可能です。

実際に為替価格が上昇・下降する際、まずは「短い期間で設定したい移動平均線(MACD)」が動き、遅れて「長い期間で設定した移動平均線(シグナル)」が動くことになりますよね。

そのとき、両線に生じる価格差をベースに、移動平均線は画面に引かれているゼロラインから上(プラス圏内)、もしくはゼロラインから下(マイナス圏内)で推移する仕組みになっているのです。

これにより、プラス圏内では上昇トレンド、マイナス圏内では下降トレンドと判断することができます。

買いサインと売りサインの例

売買のタイミングとしては、MACDとゼロラインがクロスしたときや、MACDが相場の流れと逆行した場合などいろいろなパターンがありますが、基本的なサインは以下の通りとなります。

◆買いサイン◆

  • MACDがシグナルを下から上に抜いたとき
  • MACDがシグナルを下から上に抜き、その後2本の線がともにゼロラインを上回ったとき(より確実)
◆売りサイン◆

  • MACDがシグナルを上から下に抜いたとき
  • MACDがシグナルを上から下に抜き、その後2本の線がともにゼロラインを下回ったとき(より確実)

ちなみに、買いサインはゴールデンクロス、売りサインはデッドクロスと呼ばれています。

スポンサーリンク

MACDの作り方

MACDでは期間の異なる2本の移動平均線を使用しますが、通常の移動平均線ではなく指数平滑移動平均線を使用します。

ここで「え?」となると思うので、移動平均線についても少し説明しますね。

指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average)

通常の移動平均線は別名「単純移動平均線(Simple Moving Average)」と呼ばれていて、指定した期間の平均値を結んだ線になります。

例えば、20日間という期間で単純移動平均線を設定した場合、過去20日間の値の合計を20で割って計算するのです。

一方の「指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average)」は、直近のデータを重視した平均線となっているため、単純に20で割るのではなく、1日さかのぼるごとに平滑化定数を掛けて計算していきます。

つまり、指数平滑移動平均線では現在の相場状況やトレンドがより反映されていることになるんですね。

  • SMA(Simple Moving Average):単純移動平均線
  • EMA(Exponential Moving Average):指数平滑移動平均線

MACDの計算式

MACDの設定には下記の計算式が使用されます。

MACD = 短期EMA – 長期EMA

チャートを日足で分析する場合は、短期EMAを「12」、長期EMAを「26」、そしてMACDシグナルを「9」に設定するのが一般的で、今回使用したMT4でもこの数値がデフォルトで設定されています。


MACDは横ばい相場に弱い

初心者でも活用しやすいMACDですが、相場が緩やかに上昇・下降している場合には横ばいになってしまい、シグナルを発してくれないこともあるんです。

また、相場が横ばいになっている時にはダマシのシグナルが出やすく、逆に相場が極端に上下している際には正確なラインを表示できないといった欠点もあるので注意しましょう。

ダイバージェンス現象にも注意が必要!

ダイバージェンス現象とは、為替価格が上昇(下降)しているにも関わらずMACDは下降(上昇)しているという、相場とMACDの動きが相反している現象をいいます。

ダイバージェンス現象が起こると、その後相場が大きく反転する可能性が高いですので、MACDの動きを鵜呑みにしてしまうと損失が出てしまう恐れがあるのです。

さいごに:まずはMACDを実際に取り入れて検証してみよう!

MACDは2本のEMAによって表示されるテクニカル指標で、相場のトレンドを読み取ることができます。

日足であればデフォルトの設定数値がありますので、初めてでも簡単に取り入れることができますよ!

また、サインの見方としても「MACDがシグナルをどのように抜いていくか」に注目していれば売買のタイミングが分かりますから、とてもわかりやすいというのが魅力です。

ただし、相場が横ばいの際やダイバージェンス現象といった相反する指標を表示することもあるため、MACDを100%鵜呑みにするのはよくありません。

何のサインかが分からない場合はむやみに売買せず、じっくりと観察して感覚を覚えていきましょう。

デモトレードや、1通貨単位100通貨単位のトレードで試していくのもいいですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

千葉県在住のWebライター。普段はヨガやジョギングでメンタルを整えています!ヨガについての執筆も行なっていますが、メインとしているのは仮想通貨などの金融系や人工知能(AI)関連です。ここでは、自ら運用を行なっているFXについてわかりやすく紹介していけらたと思っています!

執筆メンバの一覧を見る