【20代女性のマッチングアプリ体験談】出会いがなかった社会人が使ってみて3人と会ってみた結果

スポンサーリンク

こんにちは、地方を旅するWEBライターのich(いち)です!

今でこそ、ライターという職業もあって、たくさんの人にお会いする機会があるのですが、2年前までは仕事以外の外部の人と一切関わることがない生活や仕事をしていました。

会社以外、誰とも出会いがない…
毎日が同じことの繰り返しで飽きてしまう…

そんなことを考えながらも、何もしなければ淡々と過ぎてしまう日々でした。

そんなときに私が求めたのは「マッチングアプリを使って、誰かと出会う」という、これまでに全くやったことのない新しい出会いの形だったのです。

そんな出会いがない普通の社会人だった私が、マッチングアプリで多くの人と知り合った結果…

どうなったか気になりませんか?

このページでは、実際にマッチングアプリを使ってみた結果どうなったのかの体験談を詳しく紹介していきますね。

  • 社会人になってから気軽に遊べる友人が減った…
  • 職場以外で誰かに悩みを聞いてもらいたい…
  • 彼氏・彼女をつくってデートがしたい!
  • 休みの日に、気分転換に出かけられる友達が欲しい…!

こんなことを思っているのであれば、要チェックです!

マッチンングアプリを使って3人と会ってみた結果

【体験談その1】緊張の一人目!某IT会社勤務の営業Aくんの話

Aくんイラスト(ich)

マッチングアプリを全く使ったことがなかった私は、最初に登録の流れ・プロフィールの書き方・出会う手順まで、ありとあらゆる手段を調べに調べ尽くすことからスタートしました。

その結果、なんとか最初の出会いまでこぎつけられました!
その一人目が、某IT会社勤務の営業Aくん(仮)です。

Aくんはプロフィールの顔写真もはっきりとしており、内容も健全でとても誠実そうなイメージ。

初めて会うには申し分ない方だったのですが、ネット上でしかやりとりをしていない間柄ということもあり、実際に出会うまで一ヶ月以上は悩みました。

それでも、「気軽に話せる友達が欲しい!」というAくんの希望から、休日のカフェデートをしよう!ということで、駅前のカフェで待ち合わせをすることに。

当日は、Aくんの顔が見えるその瞬間まで、ドキドキして倒れそうだったのを覚えています(笑)

実際に現れたAくんは、ネットの写真通りの屈託のない笑顔が印象的で、緊張する私に「大丈夫!俺も緊張してるから!」と言ってくれ、不安をほぐしてくれるタイプの優しい人です。

  • なんでマッチングアプリに登録したの?
  • 仕事はどんなことをしているの?
  • 休日の過ごし方は?

会話の中では、こんな感じでお互いに気になることを質問しあいながら、将来の恋愛や結婚観などプライベートな話まで、気づけば2時間以上もしゃべり続けていました。

Aくんとは職場も近く、仕事柄「土日」のお休みが決まっていたので、その後も仕事終わりにご飯に行ったり、暇なときはお互い声を掛け合ってカフェ巡りをするなど、かなり親しく遊ぶ仲に。

・・・結果、数週間後に告白され・・・、すごく迷ったのですが、当時はまだお互いの仕事が忙しかったこともあり、Aくんとはこのままの友人関係を続けることになりました。

それからも数回遊びに出かけたりしたのですが、最後はAくんに彼女ができたという報告を受け、その後は遊ぶのを控えるように。

今では良い思い出として残っているのですが、当時告白された時は「ネットで出会って付き合うなんて、本当にこんなことあるんだ!」とびっくりしたのを覚えています。

【体験談その2】まさかの…?同じライブハウスに通うバンドマンBくんの話

Bくんイラスト(ich)

Aくんとの出会いをきっかけに「マッチングアプリは本当に出会える」「恋愛としてちゃんと告白してくれる人もいる」ということを学びました。

それならば、「恋愛以外での使い方はできないのか?」と、あくまで友人としての出会いを目的にマッチングアプリを使ってみることにしました。

プロフィールに「彼氏はいりませんが、気軽に話せる友人が欲しいです。」と付け加えた上で、メッセージや、やりとりをしてみることに・・・。

体感的には70%以上は恋愛としての出会いを目的としているため、恋愛ではないといった瞬間にブロックされたり、ひどいことを言われることもありました。

しかし、中には同じように「気軽にご飯を食べに行ける人を探している」という人もいて、男友達として普通に接してくれたり、美味しいグルメ旅を企画してくれる友人ができたことはすごくうれしかったです。

中でも印象的だったのが、ライブハウスで働きながらバンドのベースをしているBくん。

彼はたまたまマッチングアプリで見つけたあとに、私が大好きで通っているライブハウスのお手伝いをしていることが判明して、その後は一緒にライブハウスへ通ったり、彼がしているバンドを見にいくなど、「友達」としての本当に良い付き合いをしてくれました。

私が独立してからは、ほぼライブハウスに行くこともなくなってしまったのですが、今でもSNS経由でコメントをくれたりと、お互いの活動を応援する良い友人として交流が続いています。

【体験談その3】どうする?学生起業家で借金100万円のCくんの話

Cくんイラスト

忘れられないマッチングアプリの体験談といえば、使い始めて3ヶ月ほど経ったある日に知り合った学生起業家のCくんです。

彼は某有名大学の3年生。
就活よりも実際に自分で起業をした会社を経営したいということで、社会人の話を聞かせて欲しいとメッセージがあり、連絡を取るようになりました。

プロフィール写真は、いかにも「起業家」というスーツに身を包み、見た目年齢は実年齢より+5歳の大人びた印象。

「私みたいなひとりの社会人の意見でも、なにか参考になるのかな…?」

そう思いながら、仕事終わりに職場の近くのカフェに向かったのですが、そこで出会ったCくんの話は、マッチングアプリに書いてあるものとは全然違った「ネットワークビジネスへの勧誘」でした。

丁寧に図解まで書いて説明してくれるCくんに、「あぁ、こういう出会いもあるんだなぁ…」とこれまで優しかった人たちの顔を思い出しつつ、ネットワークに関しては全く興味がないことを伝え、丁重にお断りすることに。

・・・すると、Cくんは血相を変え、なんとその場に座り込みながら、「実は借金があるんです。助けてください!」と、最後には泣き出す始末。

このエピソードは、マッチングアプリで出会った人の中で最も困った出来事でしたね。

最後には、消費者相談センターのダイアルと受付時間を調べて「とりあえずここに相談してみたら…?」と、メモを渡してCくんとの関係は終了。

マッチングアプリは楽しい反面、こういったネットワークビジネスへの勧誘の話や、単なるヒモとしての出会いを見つけるために利用している人もいるという事実を、身をもって経験することができました。

スポンサーリンク

その後、実際にマッチングアプリを使い続けてどうなったか?

その後もマッチングアプリを使い続けた結果、およそ半年で500人以上からのいいね!をもらったり、メッセージもたくさんいただくようになりました。

その中でも、「会っていいかな」と思える人とはご飯に行ったり、休日は映画やカフェデートを楽しんだりと、気軽に遊びに行ける知り合いが増えて楽しかったです。

もちろん、中には一夜だけの関係になってしまったり、恋人としての付き合いができないと分かった瞬間に離れてしまったり・・・ということもありましたが。

恋愛だけではなく、友人として本当に仲良しの友達ができたり、辛い時でもメールや電話で話を聞いてくれる人がいたことは、社会人になってから他での出会いがなかった私にとっては、支えになっていたんだな…と今ふりかえって思います。

マッチングアプリ=出会いを増やすための手段にしてOK!

これまで「マッチングアプリ」と聞くと、恋愛だけに特化した出会い系サイトというイメージがとても強く、実際に自分が利用するまでは、「怖そう」「変な人が多そう・・・」と思っていました。

けれど、実際に自分がマッチングアプリを利用して、「恋愛だけの出会い」だけでなく、友人として気軽に相談できる人との出会いもあるということがわかり、出会いを増やすための手段として使っても全然OKだと思えるようになりました。

過去に使ったおすすめのマッチングアプリ

実際に私が使ったことのあるマッチングアプリの中だと、おすすめは以下の通りです。

また、基本マッチングアプリの会員登録は男性が有料というところがほとんどなのですが、「もっと気軽に出会うだけの友達が探したい!」という場合は、以下のようなアプリで友達を探すのもおすすめですよ。

  • ジモティー
  • mixi
  • 飲み会マッチングアプリ JOIN US
  • IMAIMA
  • 肉会

さいごに

社会人になってめっきり出会いが減ってしまってどうしようと思っているかもしれませんが、マッチングアプリがあれば、新しい出会いのきっかけになる可能性があります。

必ずしも出会えるかどうかはわかりませんが、行動しなければ出会いはありません。

この体験が参考になればうれしいです!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ich(いち)

鳥取県出身(25)【地方を旅するWEBライター】として様々なWEBメディアで執筆・特定の家を持たずキャリーひとつで地方を渡り歩く生活を送っている。恋愛・旅・女性の健康に関する記事や自由なライフスタイルについて綴った記事が得意。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!