JR小樽駅のコインロッカーの料金や場所を写真付きで紹介。スーツケースにも対応

スポンサーリンク

JR小樽駅に着いたら、小樽運河や小樽水族館など観光に行ってみようとなるかと思います。

そんなときに重い荷物があると、せっかくの観光も疲れてしまいますよね。

重い荷物は預けて身軽になって出かけるのがおすすめですよ。

でも初めて使おうと考えたときに、設置場所がどこにあるのか、両替機があるのかなど詳しい情報が知りたいですよね。

実際に小樽駅を利用したときにコインロッカーがどこにあるのかを見てきたので、このページで写真付きで詳しく紹介していきます。

JR小樽駅にはコインロッカー設置場所が2ヶ所ある

JR小樽駅にはコインロッカーの設置場所が建物の中と、外に出たところの2ヶ所にありました。

どちらの場所も改札口を出たところから歩いて1~2分以内にあるので、荷物も預けやすいですよ。

小樽駅コインロッカー地図

JR小樽駅構内コインロッカー

まずは、JR小樽駅改札口を出て左側の奥にあるコインロッカーです。

▼トイレに向かっていくとコインロッカーも見つかりますよ。

小樽駅コインロッカー01

こちらのコインロッカーは、駅構内で改札口から近いということもあってか預ける人で賑わっていました。

小樽駅コインロッカー02

Kitaca対応のキーレスコインロッカーと、Kitaca対応のカギ付きコインロッカー、100円玉を入れて利用するコインロッカーの3種類がありました。

▼こちらがキーレスコインロッカーです。

小樽駅コインロッカー03

Kitacaだけでなく、SuicaやPASMOにも対応しているため、Kitaca以外のICカードでも支払うこともできますよ。

対応しているICカードは以下の通り。

Kitacaの他にも各地の交通系ICカードが利用できて便利ですね。

これなら両替する必要もなく、カギの代わりに支払いに使ったICカードをかざすだけなので、持ち歩く手間が省けますね。

キーレスコインロッカーはカギ付きのコインロッカーに比べて設置数が少なめでした。

キーレスロッカーのサイズ・設置数・料金は以下の通り。

サイズ個数料金
小型8個400円
中型3個500円
大型3個600円
大型2個700円

Kitacaコインロッカーの使い方は以下のページが詳しいです。

▼もし現金を利用する場合も両替機がありますので安心してくださいね。

500円玉と1,000円札の両替に対応しています。

小樽駅コインロッカー04

JR小樽駅構内のコインロッカーは、キーレスコインロッカーも含めた設置数は以下の通り。

サイズ個数料金
小型65個400円
中型20個500円
大型21個600円
大型14個700円

600円と700円のコインロッカーになるとスーツケースも入りそうな大きさでした。

コインロッカーが利用できるのは始発から終電までになります。

コインロッカーが使えるのは使用開始日も含めて3日間で、24時間を超えるごとに同じ料金が発生するので注意してくださいね。

小樽駅コインロッカー

JRバス待合室コインロッカー【小樽駅構外】

もう1ヶ所はJR小樽駅の構内を出て右側にある、JRバス待合室のコインロッカーです。

▼まずはJR小樽駅正面玄関を出ます。

小樽駅コインロッカー06

▼正面玄関を出て右へ進みます。

小樽駅コインロッカー09

▼コインロッカーの看板が見えました。

小樽駅コインロッカー10

▼入口はこのようになっています。

小樽駅コインロッカー11

▼JR小樽駅構内のコインロッカーに比べて空いているロッカーがたくさんありました。

小樽駅コインロッカー12

改札を出てから2分もかからない場所にあるので、荷物をゆっくり預けたいときの穴場ですね!

お盆やゴールデンウィーク、観光シーズンの繁忙期ではない限りは使いやすいと思います。

▼荷物を預けるときの手順も詳しく書いてあるので安心ですね。

小樽駅コインロッカー16

▼こちらにもICカードで支払えるコインロッカーがあります。

ただ、キーレスのコインロッカーではありませんでした。

小樽駅コインロッカー17

▼スーツケースも入りそうなコインロッカーもあります。

小樽駅コインロッカー18

▼小窓から出し入れ自由な「サービスドア」のコインロッカーもありました。

小樽駅コインロッカー19

料金とサイズ・個数は以下の通り。

サイズ個数料金
小型46個400円
小型40個500円
中型14個600円

こちらは時間が決まっていて、7:30~22:00になります。

両替機がすぐそばにないので、小銭がない場合はあらかじめ両替しておくことをおすすめします。

さいごに

JR小樽駅のコインロッカーは、設置場所が改札口から近いので利用しやすいですよ。

小樽は坂が多い街なので、大きい荷物を持っているとそれだけで大変になります。

小樽市内を観光するときは、身軽になって楽しんでくださいね。

コインロッカーは、サイズもたくさんあるのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

玉村 あけみ

札幌でイラストレーター&Webライターをしています。2008年に離婚し中学生の息子を育てるシングルマザー。 昔からお金の使い方が下手で失敗は数知れず… ですがシングルマザーになったことをきっかけにお金について勉強するようになりました。 今は少額でできる運用や投資をコツコツとして、お金について考える日々。 ブログではゆるい日常系4コマ絵日記を描いています。

執筆メンバの一覧を見る