梅雨の時期に傘忘れでお金をムダ使いしないための方法

松本 博樹の画像

6月になって雨が多くなってきましたね。1日中パッとしない天気で、突然雨が降り始めることも時々あります。

傘を持って行ってなくて、出かけてる途中に傘を買ってしまった、という経験はないでしょうか?

つい先日、私もやらかしちゃいました・・・。外に出た時は雨が降ってなかったのに、目的地に到着する直前から突然の大雨・・・。

傘なしで歩くのは無謀すぎる行為で、ムダ使いと分かってはいるけど傘を買ってしまいました。398円。

ビニール傘

梅雨の時期は折りたたみ傘を常に持参しよう

今回のムダ使いをきっかけに、梅雨の時期に傘を持ち歩いていないのは良くないと思うようになりました。

今回使ってしまった398円、本来であれば使う必要のなかったお金です。この金額を見て多い少ない、いろいろと感じることはあるかもしれません。私は金額の大小に関わらず、お金を使わなくていいところには1円も出したくない性格です。

だから今回のことはちょっとしたショックでした。

無駄に傘を買わないようにするためには、あらかじめ折りたたみ傘を持参しておくしかありません。特に梅雨の時期は雨が振りやすいので、折りたたみ傘の持参は必須でしょう。

当たり前すぎることなんですが、このような意識だけで節約できるかどうかの境目になるというのを改めて実感する出来事でした。

ムダ使いに気をつけましょう〜!

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール