郵便や宅急便の再配達は電話ではなくネットで申し込みして電話代を節約しよう

松本 博樹の画像

ネットでの買い物をした時に家に郵便が届きます。その時に家にいればいいのですが、留守にしてしまって、再配達申し込み用の薄っぺらい紙が入っていることがあります。

再配達申し込みする時はどうしていますか?電話番号が書いてるので、電話する方もいると思います。電話すると当然通話料がかかりますよね。

ネットで申し込めば0円

このページを見ていただいてるということは、インターネットを利用していることです。それならば、電話で再配達を依頼するのではなく、ネットから再配達依頼しましょう。

そうすれば、電話代もかからず0円で再配達依頼できます。私はいつも再配達の申し込みをネットでするようにして、通話料をかけないようにしています。

細かな節約術かもしれませんが、確実にできる方法です。1回1回電話しているとそれなりの差になります。0円か毎回何十円かの差は果てしなく大きいです。

会社別の再配達申し込みページ

郵便局やヤマト、佐川といった会社ごとに再配達依頼のページを毎回探すのは面倒だと思います。私も面倒なので、ここで再配達申し込みのページをまとめておきます。

佐川急便だけ、Webサービスの登録が必要で少し面倒ですね。でも私は登録しています。お金を使わなくて済むなら面倒ですがやるしかありません。

電話で申し込む場合は格安通話サービスを利用しよう

もし、ネットで再配達申し込みするのが面倒だ!電話の方が楽でいい!という方は、通話料をできる限り安くしてみてはどうでしょうか。

今は050系の番号を持って通話料を節約したり、アプリを使って電話番号そのままで通話料を節約できます。

他にも通信費節約術を知りたい方はこちら

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール