固定資産税を漢方スタイルクラブカード経由のnanacoカードで支払うとめちゃくちゃお得!

スポンサーリンク

4月になり、新年度になりました。家を持っている立場からすると、あまり嬉しくない通知も届いてきます。その1つが固定資産税の納付書です。

家を持っているとどうしてもかかるので仕方ないですが、結構なコストになるのはキツいです。

そんな固定資産税ですが、私は少しでも得したいと思って、nanacoカードで支払っています。

nanacoカードに漢方スタイルクラブカードでチャージ

重要な追記:
2015年6月1日から、漢方スタイルクラブカードからnanacoにチャージした時のポイント還元率だけ0.25%に下がることになりました。

以下の方法は今も使えますが、1.75%だったのが0.25%になります。

今後、おすすめのチャージ用のカードは以下のページで。

* 以下、1.75%は2015年5月まで使える話。 *

なぜnanacoカードで支払うかというと、還元率が1.75%もある漢方スタイルクラブカードでnanacoカードにチャージすることができるからです。

漢方スタイルクラブカードについての詳細は以下のページが参考になります。

nanacoカードにチャージした分の金額分、1.75%のポイントがつくので、支払う固定資産税の1.75%は別のところで安くすることができます。

漢方スタイルクラブカードのポイントは、Jデポという支払額から値引きすることができるポイントがもらえます。これでポイントを無駄にすることもないし、1.75%分確実にお金を得することができます。

nanacoでの支払い手順ガイドは以下のページで。

nanacoカードで支払ってきました

固定資産税の納付書が届いたので、早速nanacoカードに漢方スタイルクラブカードでチャージし、お金がたまっている状態のnanacoカードで固定資産税を支払ってきました。

下の写真がその記録です。

nanacoカードで固定資産税を支払った

25,800円を支払いました。これに1.75%を掛けると451.5円になります。

何もしなければこの451円は手に入ることがなかったのに、nanacoカードへのチャージを介しただけで、こうなります。

いかにお得かわかりますよね。当然毎年のことなので、この金額が積み重なって自分のところに返ってくるイメージです。知ってるのと知らないのとでは大違いなのが分かると思います。

ちなみに、私が2014年の1年間で支払う固定資産税は94,800円です。これに1.75%を掛けると1,659円にもなります。

支払額が大きい分、1.75%であっても1,659円とかなり大きな金額になります。

1,659円稼ごうと思うと、アルバイト・パートなら2時間、正社員であっても1時間前後働かないといけません。知ってるかどうかだけで節約できるなら、やらないと損ですよね。

以下で紹介しているページはnanacoカードで税金を払うとお得という話です。どのクレジットカードでnanacoカードにチャージできるかや、どんな税金が払えるかについて説明しています。

自営業者にとって気になる、国民年金の支払いもできます。

▼固定資産税の支払いが実質割引に!たった10分で申込完了です▼

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る