iPhoneやAndroidなどの携帯料金・スマホ通信費を節約する方法まとめ

スポンサーリンク

iPhone6sを考えている方は以下のページで!

* * *

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンを持っていると、それまでのガラケー(フィーチャーフォン)よりも毎月のコストが大きくかかりますよね。

スマートフォンはインターネットをしなくても通信料がかかる仕組みになっているので、全くネットを使わなかったとしてもパケット定額サービスの上限金額に達してしまいます。

パケット定額は月4,000円とか5,000円とかするので、年間に直すとかなりの金額です。
この料金を何とかしたいと思っている方もいるでしょう。

ちなみに私は夫婦2人しか携帯を使っていません。
私はSIMフリーのスマートフォンを使ってて、妻はDoCoMoを使っています。

このページでは、私たち家族がどうやって家族のスマートフォン代を節約しているかを紹介していきますね!

携帯料金の節約方法

ガラケー(フィーチャーフォン)を使ってる場合

その前にまず、ガラケーを使ってる場合です。
この場合、ネットをしなければ通話料と基本料金だけで済ませることができると思います。

それに満足しているのであれば、特にスマートフォンに変える必要はないでしょう。
スマートフォンにするとむしろコストがかかります。

スマートフォンにする場合は、このあと紹介する格安SIMを検討してしましょう!

スマートフォンを安く買う方法

これからスマートフォンを持ちたい、もしくはスマートフォンの機種変更をしたいという場合。

この場合は、方法がいくつかあります。

  • 一括0円で他社にMNPする
  • SIMフリーの格安スマホを買う
  • 安く売られている白ロムを買う

一番イメージしやすいのが、他社へMNP(ナンバーポータビリティ)を利用して機種変更することだと思います。

大手キャリアのMNPキャンペーンで、「一括0円」になっていると、スマートフォン本体が0円で手に入るので、かなりお得ですよね。

発売されてから半年〜1年ほど経つと一括0円で投売り状態になります。
また、キャッシュバックや商品券などがいただけたりするタイミングもあるので、さらにお得に!

妻がDoCoMoに契約しているのは、一括0円で手に入れたスマートフォン(iPhone5S)です。

ソフトバンクに乗り換える場合は、おとくケータイ.netがおすすめ。

ちなみに、一括0円と実質0円ってよく聞きますけど、違いはご存知ですか?
これを知るのと知らないのでは、大きな差が出ますので、知っておきましょう!

iphone5s

今の主流は、SIMフリーの格安スマホを買うことです。
大手キャリアでスマートフォンを買うのと比べると、半額以下で手に入りますよ!

3万円前後で手に入るのが当たり前となっています。

iPhoneを使う場合も、最初は高くてもSIMフリーを買うのがおすすめです!

手持ちのiPhone6

あとは、一度誰かが使っていた端末(白ロム)を安く手に入れて、自分で格安SIMと契約して使う方法がありますよ。

私は、4万円弱でXperiaのいい端末を手に入れることができました!

Xperia Z3 Compact SO-02G

パケット定額を解約

スマートフォンを手に入れたら、Wi-Fiに接続することでネットができるようになります。
わざわざパケット定額を利用する必要は全くありません!

ということで、パケット定額を解約しましょう。DoCoMoでは解約できることを確認しました。

au、ソフトバンクはパケット定額を解約できるかどうか分かりませんが、ホームページを見る限りはできそうな感じでした。

モバイルWi-Fiで運用する場合

パケット定額を解約できれば、モバイルWi-Fi(WiMAXなど)でネットを接続しましょう。
もう1台、別に端末が必要になります。

wimax2に対応した端末

もちろんその分のコストは発生します。
ただ、自分で選べるので、納得して使うことができますよ。
私は今、mobile slimというWiMAXを使って、月に2,500円以内で済んでいます!

WiMAXだと、パケット定額と同じぐらいの値段で、どこでも制限がかからなければ、高速でインターネットができますよ。

1つあれば、家に固定回線をひく必要もないので、一人暮らしであれば、WiMAXで十分です!

キャンペーンやそれぞれのプロバイダの割引や株主優待などを利用するともっと安くすることもできますよ。

私は以前、GMOとくとくBBを使ってて、株主優待を使って割引してました。

モバイルデータ通信をオフにする(iPhone)

Wi-Fiが手に入れば、それだけでOKと言いたいところですが、1つ大事な設定があります。

iPhoneの場合は「設定」画面でモバイルデータ通信を「オフ」にしてください。
これさえしておけば通信料がかかることはありません。

逆にオンになってると、パケット定額をやめている分、無限にパケット料金が増えることになります。

下の画面は古いiOSです。
その場合は「設定」→「モバイルデータ通信」からモバイルデータ通信を「オフ」にしてください。

モバイルデータ通信オフの設定画面

Androidでのやり方は分かりませんが、おそらく同様のやり方でパケット通信しなくて済むようにできるはず。

モバイルWi-Fiの代わりに格安SIMを使う方法も

最近は、SIMフリーのスマートフォンを使って、DoCoMoなどの大手の通信会社と契約しない方法もあります。

これを使うことで通信費を月1,000〜2,000円程度に抑えることができますよ!

格安SIMについては、以下のページをチェックするのがおすすめ。

さいごに:SIMフリーの格安スマホに格安SIMのセットがおすすめ

今は、昔みたいにDoCoMo・au・ソフトバンクだけしか選択肢がない時代とは違います。

様々な格安SIMのサービスが普及しているし、Amazonで気軽にSIMフリーのスマートフォンも買えるようになりました。

これらを組み合わせて利用することで、本体代と通信費を合わせても月3,000円以内で運用することも普通になりますよ!

今のスマートフォン代っていくらですか?
明細を見てみて、今より安くできそうであれば、今後のために検討してみてはいかがでしょうか。

iPhone6sを考えている方は以下のページで!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る