アフィリエイトだけで夫婦と子供1人が生活できるまでにやったこと

スポンサーリンク

私がサイト運営に興味を持ったのは2004年です。
その頃からアフィリエイトにも興味を持ち、いろいろと試していたのですが、ほとんどうまくいくことはありませんでした。

一時期アフィリエイトから離れていたのですが、2011年頃から再びこのブログも含めたサイト運営を再開しました。

これから約3年ほどで、アフィリエイトだけの収入で家族を養っていけるほどになりました。

私がフリーランスになる直前、真っ先に僕に興味を持って会って下さったPrimaryTextの松村さんのひと押しもあったので、思い当たる限り、どうやってここまで辿り着いたのか書いてみます。

※ 当然、真似したからといって同じ結果になるとは限りません。

アフィリエイトで家族が生活できるようになるまでにやったこと

結論:運が良かった

身も蓋もない結論ですが、アフィリエイトで生活できるようになったのは、運が良かったとしか言いようがありません。

これを書いている時点では大丈夫ですけど、寝て起きたら収入がゼロになってた。なんてこともあり得ます。

収入がなかった頃はアフィリエイトで生活できればいいなぁ〜と思っていましたが、実際そうなると、不安定過ぎることもあり、全く安心できません。(ゼロよりは安心感ありますが・・・)

運が良かっただけで片付けるのは乱暴すぎるので、なぜ運が良かったのかを自分なりに考えてみようと思います。

運を良くするためにやったこと

当然ですけど、運良くアフィリエイト収入が増えるためのことはしています。何もしなければ、運が良くなる可能性は0%ですが、諦めず続けていれば、可能性は0%ではありません。

「諦めずに続ける」と簡単に書いてますけど、これが最も難しいことな気もしますね・・。

諦めずに続けることができて、しかも結果が出せた理由を振り返ってみます。

ちょっと一休み

好きなことをする

私が運営しているサイトは、自分の興味があることをテーマにしたものばかりです。この節約ブログも、節約せざるを得ない状況があったこともありますが、もともと興味のある分野だったので、楽しくゲーム感覚で続けることができています。

自分の知らないことを知れた時の嬉しさをブログに書いているような感じです。760記事以上書いているので、直接お会いする方からは相当節約に詳しいと思われていますけど、実際知らないこともかなりたくさんあります。

新しいことを知れると嬉しいので、それを忘れずメモ代わりに書いていたらこんなに記事がたまった感じです。

他に運営しているサイトも好きなことばかりです。

株主優待データベース(現在はサイトの一部)も、もともとはこの節約ブログで株主優待を取得した話を書いていたことがきっかけで生まれたサイトです。

収益化を目標にしているのもありますが、それ以上に自分が株主優待を手に入れるために分かりやすい情報を用意したかったから始めたものです。

ふらっと – ゲストハウス情報サイトも、国籍問わずいろんな人とコミュニケーションがとれる環境や宿泊費の安さから興味を持って、自分自身がもっと知りたいと思ったから作ったサイトです。

ローカルメディアの神戸北ぶらり歩きは、地元のことをいろんな人に知ってもらいたいと思って始めました。それと、自分自身が地元のことをもっと知りたいと思ったからです。

どうやら私は、自分が興味を持って、もっと深く知りたいと思ったことをサイトにする癖があるみたいです。

とにかく時間をかける

好きなことをサイトにするのと同時に、一度始めたことに対しては相当な時間をかけています。

データがないので、正確な時間をお伝えできないのが残念です。おそらく4桁以上の時間はかけているはず。ブログを書くだけではなく、過去記事の修正やサイト作り・細かな修正も行っているので、それを含めて1日数時間はかけています。

最近は自分の運営しているサイトの更新や改善にしか時間を使っていないので、1日10時間以上使っているはず。

時間をかけよう

圧倒的な情熱を持つ

好きなことをしているので、当然情熱を持って運営することができます。インターネットの世界ですけど、情熱とか熱量ってサイトにそのまま反映されると思っています。

私の場合、自分が情熱を持って運営できないサイトは長続きしません。お金を稼ぐことを目的にして始めたサイトはその後放置してしまっています。100%の確率で。

情熱を持って取り組めるかどうかが私にとってかなり重要です。やる気がないとパフォーマンスが下がるので、自分が興味を持てることができることだけできるようになって心底良かったと思います。

効率化する

気持ちだけ高く持っていても、生産性が低いと運が良くなる確率は下がります。できる限り作業を効率化することは日々行っていく必要があります。

私自身、未だに完璧ではないと思っているので、日々改善していく必要があります。行動しないと効率化する方法が見つからないので、体感したことを効率化しているのが現状です。

具体的には、ブログを書く時はMacアプリのMarsEditを使って効率化しています。MarsEditのおかげでブログを書くスピードがかなり早くなりました。

サイトを作る時はTwitter BootstrapとかFoundationとかを使ってできる限り手間を省いています。レスポンシブに対応したサイトが作りやすいので、重宝してます。

分析して改善する

サイトを作ってブログ記事を書いていくだけでは、運が良くなる確率は低いままだと思います。

ブログ記事を書いたら、その記事がどうやって読まれているのか、人気記事になったかどうかなどの分析を行います。分析を行ったあとは、できる限りの改善を行います。

Google Analyticsのアクセス解析データを見て、滞在時間・直帰率・訪問別PVの数値が悪いところをチェックしています。人気記事であれば、関連することを書いて、もう1記事・2記事読んでもらえるような工夫を常にしてます。

アフィリエイトがある記事であれば、どうすれば成果につながるかを分析してます。過去には文章のニュアンスをほんの少し変えるだけで成果が増えたこともありました。

そういうことを定期的に繰り返していくことで、運が良くなる確率を少しでも高めることができると思います。

仲間を持つ

私自身、最も運が良かったと思うのは、周りの方に恵まれたことです。アフィリエイト収入が伸びたのもその直前にお会いした方から学んだことが大きかったです。

Lifeclipを運営する株式会社クートンの川原さん、営業の朝活を主宰してたソニー生命の徳永さんから学んだことはダイレクトすぎるほど結果が出たので、この2方にはホントに大感謝です。

他にもブログやサイトをきっかけにお会いできた方も多くいます。よく読んで下さってる方は、ブログのネタになるヒントも下さるので、いつもありがたいと思っています。

仲間が大事

ラッキーをつかむには確率を上げる行動を

アフィリエイトで生活できるようになったのは運が良かったからです。でも、その運をつかむためにいろいろと自分なりに考えて行動しました。

いろいろと試行錯誤を重ねた結果、たまたまうまくいったんだと思います。

直接お会いする方には「どうやったんですか?」と聞かれますけど「運が良かっただけです」としか言いようがないので、いつもそう答えています。

運が良かっただけなんですけど、可能性を高めるための行動は常にしていた。そのことは覚えておいて欲しいですね。諦めずにコツコツ続けてきたからこそ得た結果です。

楽して稼げる?そんなことない!

アフィリエイトと聞くと、楽して稼げると思われている感があります。

実際やってみたら分かると思いますけど、楽して稼げるなんてことはあり得ません!収入面だけ考えるなら、最初の頃は普通に働いている方がよっぽどマシです。

アフィリエイトやってて良かったと思うのは、自分が興味あることを収入につなげれることです。インターネットがない時代ならこんな生き方を考えれることはなかったので、その面でも運が良かったと思います。

あとはアフィリエイトのページなのに、そのページに対して感謝のメールを下さった方がいたことです。「迷っていたけど、私のページを見て決め手になった」と言ってくださったのです。

やっぱり誰かの役に立てるって嬉しいですよね!誰かの役に立ててるからこそ、このような結果になったのかもしれません。お金って感謝の対価でもあると思っています。

運営者プロフィール
数字に対する異常な執着心やこだわりで31年も生きてきた話

* * *

おまけ:家族を養っていくのは現実的ではないですが、月数万円なら十分に手が届くと思います。昔書いた記事も合わせて参考にしてください。
アフィリエイトで月3万円コンスタントに収益を上げるためにやったこと全部紹介します!

* * *

その後、無事にフリーランスとして3年生き延びれました。今後独立しようと思っている方向け。

ブログやサイト運営で収益を得ようと思っている方は、以下のページも合わせて読んでください。
参考:Google AdSense成功の法則はブログ・サイト運営への考え方が最も重要

* * *

ノマド的節約術のトップページはこちらです。
節約術に関する情報をたくさん書いています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る