クリスマスはいつ祝う?クリスマスイブとの違いや由来のまとめ

スポンサーリンク

12月に入ると、クリスマスはもうすぐ。
街は華やかなイルミネーションで飾られ、子どもも大人もどこかウキウキとした気分になりますよね。

今やすっかり定着したクリスマスですが、そもそもいつ・どうして祝うのか知っていますか?
また、クリスマスとクリスマスイブはどう違うんだろう?という疑問があるかもしれません。

今回はクリスマスはいつ祝うのが正しいのか、クリスマスイブとの違いや由来について詳しくまとめてみました。

クリスマスはいつ祝う?クリスマスイブとの違い

クリスマスはいつ祝う?

クリスマスツリー

クリスマスといえば、日本では12月24日か25日に祝うのが一般的です。
クリスマスが平日の場合、その前後の土日でお祝いをする家庭もあるでしょう。

家族や恋人同士だと、24日の夜にお祝いすることが多いです。

また、クリスマス関連のイベントは12月初旬から始まります。
イルミネーションやクリスマスツリーが飾られはじめ、街も華やかになりますよね。

クリスマスとクリスマスイブの違い

クリスマスツリー2

日本では24日がクリスマスイブ、25日がクリスマス当日というイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、もともとのクリスマスイブの意味は少し違うものだったんです。

クリスマスイブ=クリスマスの前日ではなかった!

クリスマスの日を定めたのはキリスト教。
キリスト教では、ユダヤ教の暦(こよみ)を引き継いだ「協会暦」が使われます。

協会暦の考え方では、1日の始まりは日没後から。
つまり、クリスマスの日は以下のようになります。

  • 12月24日の日没後〜12月25日の日没前

そもそも、クリスマスイブのイブは「evening(夕方)」の略だったんです。
つまり、本来はクリスマスの夕方という意味なんですね。

単純に「eve」だと「前夜・直前」のような意味があるので、ややこしくなったのでしょう。

日本の考え方では12月25日がクリスマス当日なので、イブがつくと前日の夜と考えてしまっても不思議はありません。

ともあれ、現在の日本では24日・25日のいずれにお祝いをしても、間違いではありませんよ。

クリスマスの由来や意味について

クリスマスイルミネーション2

クリスマスといえば、イエス・キリストの誕生日というイメージがありますね。
しかし、実際はキリストの誕生日ははっきりとわかっていないのだとか。

イエス・キリストを信仰するキリスト教では、クリスマスは「イエス・キリストの降誕に感謝する日」とされています。
キリスト教ではクリスマスは華々しくお祝いするというよりも、お祈りを捧げて静かに過ごす日です。

クリスマスを祝う理由は、宗教や文化・風習によって異なり、国によってさまざま。
日本ではバレンタインデーなどと同じように、ケーキやプレゼントの売上をのばしたい企業の戦略によって、現在のような形で広まったと考えられます。

実際に、日本でクリスマスにイエス・キリストに感謝するという人はあまりいませんよね…。

言葉の由来

クリスマスの語源は、ラテン語のChrist(キリスト)+mas(礼拝)からきています。
単語で分解してみると納得という感じです。

なお、頭文字をCではなくXにして「X’mas」と書いていることもありますよね。
これはギリシャ語のXristos(キリスト)からきていますよ。

「メリークリスマス」の意味

クリスマスパーティーやイベントでおなじみの「メリー・クリスマス」というフレーズ。
なんとなくおめでたい感じがしますよね。

「Merry(メリー)」は「楽しい・陽気な」という意味。
つまり、「メリー・クリスマス」は「楽しい・よいクリスマスを迎えられますように!」という意味になります。

その意味から、本来は当日よりも、クリスマスに向けての準備期間中に使われる言葉です。

海外ではクリスマス前からよく使われていますが、日本では当日に言うことがほとんどですね。

サンタクロースについて

サンタクロース

クリスマスといえば、思い浮かぶのがサンタクロース。
赤い上下の服を着て帽子をかぶり、真っ白なひげをたくわえたおじいさんが、子どもたちにプレゼントをくばります。

サンタクロースのモデルとなったのは、4世紀の東ローマ帝国の司教・聖ニコラウス。
ニコラウスの名前がだんだんとなまって、サンタクロースになったといわれています。

聖ニコラウスが、近所の貧しい娘の家の煙突から金貨を投げ入れてあげたことが、プレゼントを配るようになった由来だとか。
また、このときの金貨がたまたま靴下に入ったことから、現在でも枕元に靴下を用意するんですよ。

ちなみに、サンタクロースの服装は、キリスト教の司祭服が元になっています。

昔は世界各国でいろんな色がありましたが、1930年代にコカ・コーラ社が広告で赤い服を着たサンタクロースを起用したため、世界で共通の赤色が用いられるようになりました。

日本でのクリスマスの歴史

クリスマスイルミネーション

日本でのクリスマスの始まりは、戦国時代までさかのぼります。
周防国(現在の山口県)で、初めてのクリスマス・ミサが行われた記録が残っているそう。

クリスマスを日本に伝えたのは、室町時代に日本にやってきた宣教師・ザビエルだといわれていますよ。

その後江戸幕府から禁教令(キリスト教の禁止令)が出たため、クリスマスは明治の始めまで200年以上途絶えていました。

その後、明治時代からイベントとしての企業戦略がはじまります。

「明治屋」がクリスマスツリーを最初に飾り、「不二家」がクリスマスケーキの販売を始め、「帝国ホテル」がクリスマスパーティーを開くなど、クリスマスは徐々に全国へと広まっていきました。

  • クリスマスツリーを飾る
  • クリスマスケーキを食べる
  • ローストチキンを食べる
  • プレゼントを贈る
  • 恋人同士で過ごす

現在のこれらの習慣はすべて、日本で独自に育まれてきた文化というわけですね。

さいごに

もはや国民的行事のひとつとなったクリスマス。

日本では、本来の「イエス・キリストの誕生を祝う」という意味合いよりも、1年に1度のイベントごととしての認識が強いですね。

今回調べてみて、クリスマスイブがクリスマスの前日ではなかったということに驚きました。

しかし、24日でも25日でも「大切な人と楽しく過ごしたい」という思いはみんな同じかもしれませんね。

プレゼントやごちそうを準備して、クリスマスを楽しく過ごせるようにしておきましょう!

おまけ:関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

秋田出身・仙台在住のwebライター。 仙台の情報ブログ「仙台らいふ」の運営&おみやげ情報サイト「OMIYA!」でおみやげ情報をおとどけしています。 お出かけ・食べあるきが趣味なので、レジャーや外食をおトクにするワザや、日常に使えるネタを発信します!

執筆メンバの一覧を見る