クレジットカード分割払いの仕組みを徹底解説!手数料・メリット・デメリットを紹介

スポンサーリンク

クレジットカードは、支払い回数が選べますよね。
その中でも、分割払いはイマイチどんな仕組みなのかわかりづらい部分があります。

いざ分割払いを使いたいなと思ったとき、どうせなら損しない方法を覚えておきたいもの。
分割払いの仕組みを知っておくと、支払い方法の選択肢も増えるのでおすすめですよ。

このページでは、分割払いの手数料やメリット・デメリットについて詳しく説明していきますね。

クレジットカードの分割払いについて

分割払いは、クレジットカードの支払い方法のひとつ。
名前の通り、利用した分を分割して支払うことができます。

クレジットカードによって分割できる回数は違いますが、基本的に2回までなら無料で使えることがほとんど。
2回以上の分割払いになると、手数料がかかってきますよ。

たとえば、楽天カードの分割払いできる回数は以下の通り。

  • 3回
  • 5回
  • 6回
  • 10回
  • 12回
  • 15回
  • 18回
  • 20回
  • 24回
  • 30回
  • 36回

3回払い=3ヶ月支払いが続くというイメージです。
分割回数が多ければ多いほど1回に支払う料金は減りますが、その分長く支払い続けることになりますよ。

支払い期間が長引くと、分割手数料もとられ続けるのでなるべく少ない分割回数で支払うことをおすすめします。

ちなみに、分割払いするときに特別な審査が必要になることはありません。
クレジットカード自体の審査に通っていれば、分割払いは利用できますよ。

クレジットカードで分割払いしたときの手数料について

分割払いするときに、手数料がどれぐらいかかるのかが一番気になりますよね。

手数料としてかかる実質年率は、分割払いするクレジットカードによって違ってきます。

たとえば、楽天カードの場合、利用料金100円あたりの分割払い手数料は以下のようになりますよ。

楽天カードの分割払い手数料について
支払い回数分割払い手数料
3回2.04円
5回3.40円
6回4.08円
10回6.80円
12回8.16円
15回10.20円
18回12.24円
20回13.60円
24回16.32円
30回20.40円
36回24.48円

1円未満は切り捨てとなり、端数は初回に加算されます。

分割払いする場合、クレジットカードの支払日に利用金額+分割払い手数料の合計を支払い回数で割った金額分を支払う形になりますよ。

分割払いにも上限があります

分割払いをすれば、どんな高い買い物でもできそうな気がしますよね。
ただ、分割払いにも上限金額があります。

分割払いの上限金額は、クレジットカードの利用限度額によって決まっていますよ。

▼利用限度額をよく確認してから、分割払いするようにしましょう。

楽天カード ボーナス払い利用可能枠 確認画面

利用限度額を超えて分割払いすることはできません。

たとえば、利用限度額が20万円のカードを使った場合、30万円の分割払いはできないということになりますよ。

ちなみに、分割払いは高い買い物をしたとき以外にも使えますが下限金額も決まっています。

分割払いしたいお店によって下限金額は違いますが、基本的には10,000円以上から分割払いできるお店が多いです。

分割払いできるクレジットカードのおすすめ一覧

分割払いの仕組みについてわかったところで、実際にどんなクレジットカードで分割払いできるのか気になりますよね。

ここからは、分割払いできるおすすめのクレジットカードについて紹介していきます。

ほとんどのクレジットカードで分割払いはできますが、おすすめなのは以下の通り。

紹介したカードはどれも2回払いまでなら手数料無料で使える上、使い勝手のいいカードです。

クレジットカード別に分割払いの金利を比較してみた

おすすめしたクレジットカード別に、分割払いの金利を比較してみました。

カードによって分割払いの手数料が違ってくるので、参考にしてみてくださいね。

楽天カードの分割払い手数料について(実質年率12.0%~15.0%)
支払い回数実質年率分割払い手数料
1回0%0円
2回0%0円
3回12.25%2.04円
5回13.50%3.40円
6回13.75%4.08円
10回14.50%6.80円
12回14.75%8.16円
15回15.0%10.20円
18回15.0%12.24円
20回15.0%13.60円
24回15.0%16.32円
30回15.0%20.40円
36回15.0%24.48円
エポスカードの分割払い手数料について(実質年率15.0%)
支払い回数実質年率分割払い手数料
1回0%0円
2回0%0円
3回15.0%2.51円
5回15.0%3.78円
6回15.0%4.42円
10回15.0%7.00円
12回15.0%8.31円
15回15.0%10.29円
18回15.0%12.29円
20回15.0%13.64円
24回15.0%16.37円
30回15.0%20.54円
36回15.0%24.80円
オリコカードの分割払い手数料について(実質年率12.0%~15.0%)
支払い回数実質年率分割払い手数料
1回0%0円
2回0%0円
3回12.2%2.04円
6回13.9%4.08円
10回14.6%6.80円
12回14.8%8.16円
15回14.9%10.20円
18回15.0%12.24円
20回15.0%13.60円
24回15.0%16.32円

クレジットカードで分割払いできるお店について

分割払いできるクレジットカードについてわかったところで、実際にどんなお店で分割払いできるのかも気になる部分ですよね。

主に、以下のようなところで分割払いが使えますよ。

高い買い物をすることが多い家電量販店や、百貨店で使えることが多いのでうれしいですね。
ただ、百貨店の食料品売り場などでは分割払いが使えないこともあります。

ちなみに、コンビニでは分割払いができません。
海外でも基本的に分割払いはできないので、注意してくださいね。

航空券を購入する場合も一括払いのところが多いですが、クレジットカード決済サービスを使うとリボ払い・分割払いに変更して支払うこともできますよ。

分割払いのメリット・デメリットについて

分割払いについていろいろと紹介してきましたが、メリット・デメリットについて改めてまとめてみました。

まず、分割払いのメリットは以下の通り。

  • 高い買い物をするときに分割して支払いができる
  • 2回払いまでなら手数料無料で使えることがほとんど

大体のクレジットカードは、2回払いまでなら手数料無料で使えます。

分割払いを使って賢く買い物したい場合は、2回払いがおすすめですね。

ちなみに、分割払いのデメリットは以下の通り。

  • 2回払い以上は分割払い手数料がかかる
  • 手数料の計算が少しややこしい
  • 支払い回数が増えるほど、支払い期間が長引く

3回払いからは分割払い手数料もかかってきます。
支払い回数が増えるほど支払い期間も長引き、手数料も多くとられる形になりますよ。

どうしても分割払いを使いたい場合は、できるだけ少ない回数で支払いきってしまうのがいいですね。

さいごに

クレジットカードの分割払いについて説明してきましたが、そこまで難しく考えることはありません。

2回払いまでは手数料無料で使えることも多いので、使いどころを間違えなければ便利な方法ですよ。

支払い回数が増えると1回分の支払い金額が少なくなるのでお得に見えますが、手数料のことを考えると長い目で見たときに損をしてしまいます。

なるべく2回払いにとどめておいて、ムダな手数料を支払うことなく分割払いを使っていきましょう。

おまけ:クレジットカードの仕組みについて知りたい場合

このページでは、クレジットカードの分割払いについて紹介してきました。

クレジットカードの仕組みについてもっと詳しく知りたい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る