クレジットカードの家族カードとは?仕組みやメリット・デメリットについて徹底解説

スポンサーリンク

クレジットカードの中には、家族カードが作れるものもありますよね。

家計をまとめられるという意味では便利な家族カード。
そんな家族カードですが、実際にどんな仕組みのカードなのか気になりませんか?

また、家族カードを使うメリットやデメリットについても気になるところ。
せっかくなら仕組みを理解した上で、家族カードを作るかどうか決めたいものですよね。

このページでは、家族カードの仕組みやメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

クレジットカード【家族カード】とは?

家族カードとは?

では早速、家族カードについて説明していきますね。

家族カードは、クレジットカードに付帯して持てるカードのこと。

基本的に家族カードの対象者は、以下の通り。

  • 配偶者
  • 18歳以上の子供(高校生をのぞく)
  • 同居している両親

配偶者や子供の場合は、別居している状態でも作ることは可能です。

同居している兄弟については、クレジットカード会社によって発行できるところとできないところがありますよ。

事実婚をしていて内縁の妻や内縁の夫が家族カードを作りたい場合も、クレジットカード会社によって条件が違います。

住所が同じであれば作れたり、同一住所でなくても作れたりと条件もまちまちなので、カード会社に問い合わせたほうが早いですね。

アメリカン・エキスプレス・カードなどは、クレジットカードの持ち主と同一住所でなくても申し込み可能です。

ちなみに、家族カードを利用した分の請求先はクレジットカードの本人会員になります。

たとえば、クレジットカードを夫が使っていて、家族カードを妻が使っている場合、カード利用分の請求は本人会員である夫にいく形になりますよ。

専業主婦や収入のない無職の場合でも、クレジットカードの本人会員に支払い能力があれば家族カードは作れます。

自分ではなかなかクレジットカードを作れないような条件のときに、家族カードを作るのもひとつの手ですね。
作った家族カードは、クレジットカードと同じように支払いに使えますよ。

家族カードの審査について

実際に家族カードを作ってみようと思ったとき、どんな審査になるのか気になりますよね。

家族カードの審査は、そんなに難しいものではありません。
というのも、そもそも審査される内容はクレジットカードの本人会員の信用審査になるから。

クレジットカードの本人会員がちゃんと審査に受かっていて、追加で家族カードを発行する場合はそんなに心配することはありません。

審査してもらうというよりは、家族カードに申し込むといった感覚のほうが近いですね。

あくまでも家族カードは本カードに付帯するものなので、変に構えることなく申し込みましょう。

家族カードの限度額について

家族カードはクレジットカードのように支払い機能がありますが、いくらまで使えるのかも気になるところですよね。

クレジットカードにも限度額があるように、家族カードにも限度額はありますよ。

家族カードの限度額は、クレジットカード本人会員の利用限度額の範囲内となります。

つまり、本カードの利用限度額が50万円だった場合、家族カードの限度額も50万円になるということ。
限度額を超えての支払いはできないので注意しましょう。

また、家族カードの限度額を個別に設定するということもできません。

たとえば、家族カードの限度額を30万円に下げたいと思ったときは、本カードの限度額を30万円まで下げる必要があります。

ひとりひとり自立してお金の管理をしたい場合は、それぞれがクレジットカードを作ったほうが自由に使えますよ。

家族カードが作れるクレジットカードの一覧

実際に家族カードを作ってみたいと思ったとき、どんなクレジットカードで作れるのかが気になると思います。

ここからは、家族カードが作れるクレジットカードについて説明していきますね。
大体のクレジットカードで家族カードは作れるので、好みのカードを選びましょう。

主に、以下のようなクレジットカードで家族カードが作れますよ。

年会費無料で発行できる家族カードがほとんどですが、中には別途料金がかかる家族カードもあるので注意してくださいね。

ちなみに、クレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯している場合、家族カードを発行することで家族カード会員にも同じ保険が付帯されます。

たとえば、楽天カードの場合、家族カードの会員に海外旅行傷害保険が無料で付帯になりますよ。

クレジットカードの付帯保険を使えば、家族全員分の海外旅行保険に別途入るよりもお得に済ませることができます。

家族カードの使い方について

家族カードを手に入れたところで、どんな使い方ができるのかも気になるところですよね。
クレジットカードを使うときのように、家族カードを使って支払いができますよ。

もちろん、買い物をした際の支払いだけでなく、ほかにも使い方はいろいろとあります。

たとえば、以下のような使い方ができますよ。

「ビュー・スイカ」カードや「ビュー・スイカ」リボカードの家族カードを持っている場合は、モバイルSuicaに登録することもできます。

ビューカードの家族カードでは、3名以上のSuicaオートチャージが可能になるので便利ですね。

また、家族カードはApple Payに登録することもできます。
iPhoneなどの対象デバイスを持っていれば、通常のクレジットカードのように登録して使えますよ。

ただ、家族カードをApple Payに登録した場合も、請求はクレジットカードの本人会員へといきます。

家族カードで支払えるものについて

クレジットカードと同じように支払いに使える家族カードですが、具体的にどんなものが支払えるのか気になりますよね。

家族カードで支払える料金について、簡単にまとめてみました。

主に、以下の料金が家族カードで支払えますよ。

もちろん、普段の買い物で支払いに使うこともできますよ。
基本、クレジットカードで支払えるものは家族カードでも支払えると思ってもらって大丈夫です。

ただ、どの料金を支払っても請求はすべてクレジットカードの本人会員へといきます。

ちなみに、家族カードを使ってnanacoチャージはできません。
nanacoチャージできるのは、あくまでも本人認証サービスへ登録できるクレジットカードのみとなっています。

家族カードでETCカードは作れる?

イオンETCカード

クレジットカードの中には、ETCカードが作れるものもありますよね。
そこで気になるのが、家族カードでもETCカードは作れるのか?という部分。

結論からいうと、家族カードでもETCカードは作れます!
クレジットカードの本人会員がETCカードを作っている場合、発行できることがほとんどのようですね。

家族カードでETCカードを作りたいときは、以下の点に注意しましょう。

  • クレジットカードの本人会員がETCカードを持っている
  • 家族カードを発行している

条件さえ満たしていれば、家族カードでETCカードが作れます。

家族カードのメリット・デメリットについて

家族カードについていろいろと説明してきましたが、メリット・デメリットについてまとめてみました。

まず、家族カードのメリットは以下の通り。

  • クレジットカードを作りづらい人でも発行できる
  • 家計をまとめて管理できる
  • 無料で発行できることがほとんど

専業主婦や無職の場合など、なかなかクレジットカードを作りづらい条件でも発行できるのが一番のメリットですね。
家計をひとまとめにして管理したい場合にも役立ちます。

ちなみに、家族カードのデメリットは以下の通り。

  • 新規入会キャンペーンのポイントがもらえない
  • 利用可能限度額に制限がある
  • 離婚などのときにトラブルになる可能性がある

家族カード最大のデメリットは、新規入会キャンペーンのポイントがもらえないこと。

新規入会キャンペーンのポイントは5,000円分ぐらいもらえるところがほとんどなので、このポイントが全くもらえないのは痛いですね…。

キャンペーンポイントがつかないというだけで、家族カードを作るメリットはあまりないかなと思ってしまうほど。

利用可能限度額が本人会員カードと共通だったり制限も多いので、自由に使いたいのであれば新しくクレジットカードを作ったほうが何かと便利です。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

クレジットカードと家族カードの違いについて

改めて、クレジットカードと家族カードの違いについてまとめてみました。

クレジットカードと家族カードの違いについて
クレジットカード家族カード
ETCカードの発行
nanacoへのチャージ×
新規入会キャンペーンのポイント付与×
引き落とし口座本人口座カード本人会員の口座

支払い機能はクレジットカードとほぼ同じですが、nanacoへのチャージができなかったり、新規入会キャンペーンのポイントがつかない点など違いもあるので注意しましょう。

繰り返しになりますが、家族カードで支払った利用分はすべてクレジットカード本人会員の口座から引き落としになります。

さいごに

クレジットカードの家族カードは、一見すると便利なサービスですよね。

専業主婦や無職の場合など、なかなかクレジットカードを作りづらい条件を持っていても発行することができます。

ただ、ひとりひとりクレジットカードを個別に持っていたほうが、お金の管理能力は高まるのではないでしょうか。

なんといっても新規入会キャンペーンのポイントがお得なので、家族カードを発行するよりは新しくクレジットカードを作ったほうがお得ですよ。

おまけ:クレジットカードの仕組みについて知りたい場合

このページでは、クレジットカードの家族カードについて紹介してきました。

クレジットカードの仕組みについてもっと詳しく知りたい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る