2014年4月から収入印紙の非課税範囲が3万円以下→5万円以下に

松本 博樹の画像

2014年4月からは消費税増税という、消費者側にとっては嬉しくないニュースですね。

しかし、事業者側にとってはちょっとした嬉しいこともあります。2014年3月までは3万円以上の取引で発生していた収入印紙代が、5万円以上に引き上げとなりました。

収入印紙に必要なお金はこれぐらい?

仮に45,000円の取引があった場合、2014年3月31日までは収入印紙が必要となりますが、2014年4月1日以降は収入印紙が不要となります。

これによって大きく節約できる方もいると思います。

事業者や経理をされている方はぜひ覚えておきましょう。税制は常々変わるものなので、今回の収入印紙の件に限らず、アンテナを張っておく方がいいでしょうね。

収入印紙が必要になった時は、以下のページを参考にすると、今までよりも収入印紙代を節約できます。
参考:今すぐできる!収入印紙代を節約する簡単な方法

チケットショップで収入印紙を探すのが面倒な場合は、ネットで収入印紙を買うこともできます。会社などで大量に必要な場合はこちらの方がお得だと思いますので、以下のページを参考にしてください。
参考:はがきやレターパックの大量買で割引になるサイト「切手販売」

逆に収入印紙が余ってる方へ

収入印紙を使うことがないという方は、買い取りすることもできます。眠らせておくよりも少しでも換金できた方が嬉しいですね。

おまけ:消費税増税対策に

消費税増税対策に他のお金も節約しませんか?使うお金さえ減れば、増税も恐れることはありません。
参考:2014年4月からの消費税増税前にしておきたい回数券での電車代節約術
参考:消費税増税後だからこそ重要なクレジットカードでの節約術

他にも節約術が詰まった「ノマド的節約術」のトップページはこちら

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール