寡婦(寡夫)控除みなし適用。未婚のひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)等への支援を受けるには

スポンサーリンク

さまざまな理由で、シングルマザー(母子家庭)シングルファザー(父子家庭)になる場合がありますよね。

たとえば、結婚をしないで出産した未婚のシングルマザーという方もいます。

この場合は寡婦(かふ)控除に該当せず、離婚した場合のシングルマザーと比較した場合、同じ恩恵を受けることができません。

ちょっと不公平さを感じますよね。
この事態を解消するためにあるのが『寡婦(寡夫)控除みなし適用』です。

このページでは、寡婦(寡夫)控除みなし適用について紹介していきますよ。

寡婦控除みなし適用未婚のひとり親家庭等への支援を受けるには

寡婦(寡夫)控除みなし適用とは

寡婦(寡夫)控除みなし適用とは、婚姻歴のない『ひとり親家庭』を支援するために、子育てや福祉などのサービスについて利用料の減額などを行う制度です。

支援の名前のとおり、『寡婦(寡夫)控除』が『適用されるものとみなし』て行われるんですよ。

ただし注意点があります。
年末調整確定申告で行われる『寡婦(寡夫)控除』として、実際の税額の算定に控除が適用されるものではありません!

行政のサービスに適用されるものと覚えておきましょう。

寡婦(寡夫)控除みなし適用の対象者

制度がわかったあとは、寡婦(寡夫)控除みなし適用の対象者が気になりますよね。

寡婦(寡夫)控除みなし適用が充実している、香川県高松市を例にみてみますよ。

▼まずは、大枠として対象者として以下の条件があります。

  • 高松市に住所がある
  • 対象事業等の対象者である
  • 所得等を計算する対象となる年の12月31日現在、および申請日時点において、次の(1)又は(2)のいずれかに該当する人

▼先ほどの(1)と(2)の条件とは以下のとおりです。

対象者条件
(1)婚姻歴のない母・生計を同じくする20歳未満の子がいる人
・婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない人
(2)婚姻歴のない父・生計を同じくする20歳未満の子がおり、前年の合計所得金額が500万円以下の人
・婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない人

けっこう細かい条件ですよね。

▼また、以下の場合は『婚姻歴がない』とはみなされませんよ。

  • 婚姻届はないが現に事実上の婚姻と同様の事情にある
  • 税法上の寡婦(寡夫)控除を受けている

▼そして、『生計を同じくする子』とは以下のことをいいます。

  • ほかの人の控除対象配偶者、または扶養親族になっていない総所得金額等が38万円以下の子

さらに細かいですね!
自分ではよく分からない場合、担当者に聞いてみるのが一番ですよ。

寡婦(寡夫)控除みなし適用として控除される額

実際に、どれくらいの控除を受けられるかも気になりますよね。

▼控除額は、税法上の寡婦(寡夫)控除の額と同じに基準になっています。

控除の種類所得税市民税所得制限
寡婦27万円26万円なし
特別寡婦35万円30万円500万円以下
寡夫27万円26万円500万円以下
スポンサーリンク

寡婦(寡夫)控除みなし適用の事業例

高松市では、たくさんの事業に対し『寡婦(寡夫)控除みなし適用』が実施されていますよ。

▼対象事業等の一覧は、以下のとおりです。

  • 自動車改造費助成事業
  • 身体障害者福祉電話等貸与事業
  • 福祉ファクシミリ貸与事業
  • 障害者住宅改造助成事業
  • 福祉タクシー助成事業
  • 障害者医療費助成事業
  • 放課後児童健全育成事業
  • 助産施設運営事業
  • 子育て短期支援事業
  • 母子生活支援施設管理運営事業
  • ひとり親家庭等日常生活支援事業
  • 高等職業訓練促進給付金等事業
  • ひとり親家庭等医療費助成事業
  • 保育所等保育料
  • 幼稚園授業料
  • 私立幼稚園就園奨励費補助事業
  • 妊娠高血圧症候群等医療費助成事業
  • 母子栄養食品支給事業
  • 産後ケア事業
  • がん検診自己負担金免除等事業
  • 高齢者インフルエンザ予防接種事業
  • 成人用肺炎球菌予防接種事業
  • 市営住宅使用料

とても充実していますよね。

▼いくつか注意点もあります。

  • みなし適用しても、結果として利用者負担額等が変わらない場合がある
  • みなし適用申請は事業別に必要
  • 虚偽の申請をした場合は、みなし適用の取り消し、みなし適用によって生じた利用料の減額分全額、または給付額の追加分全額の返還がある
  • 所得や世帯の状況に変更があった場合は、変更届を提出し利用料の
    再計算をする
  • 市営住宅使用料については、公営住宅法に基づき別途実施

何がなんでも適用になるものではないようですね。
『みなし適用申請は事業別に必要』とありますが、横須賀市の場合は少し違いました。

複数の事業でみなし適用を希望する場合でも、みなし適用の対象者の確認の申請は1回だけで済みます
引用元:横須賀市:寡婦(夫)控除等のみなし適用

自治体によって、細かい違いもありますね。

寡婦(寡夫)控除みなし適用申請時に必要なもの

▼申請をする場合の必要な持ち物は、以下のとおりです。

  • 申請書
  • 児童扶養手当証書
  • 印鑑
【ひとり親家庭等医療費助成制度】児童扶養手当証書
▲岡山市の児童扶養手当証書です

申請書は、高松市のホームページからダウンロードもできますし、各事業担当課に備え付けており現地でも手に入りますよ。

児童扶養手当証書が手元にない場合、申請者の戸籍謄本(1月1日以降に発行したもの)が必要となります。

また、1月1日の住所が高松市外にあった場合、対象とする課税年度の所得課税証明書(合計所得金額の記載があるもの)が必要です。

高松市以外で寡婦(寡夫)控除みなし適用をしている自治体は?

寡婦(寡夫)控除みなし適用は、全国の自治体で行われているわけではありません。

このページで例にあげた高松市以外で、寡婦(寡夫)控除みなし適用を行っている自治体を少し調べてみましたよ。

5つの自治体を紹介していますが、自分が住んでいる地域で寡婦(寡夫)控除みなし適用が行われているか気になりますよね。

インターネットで調べたり、役所へ行き担当者へ聞いてみたりしてみましょう!

さいごに

親切な担当者がいた場合、制度を教えてくれるかもしれません。
ですが、基本的に自分で情報を調べて、自分で申請をしないと恩恵を受けることができませんよ。

そう強く思うのは、僕の妻が精神障害者であり、ひとり親家庭の制度である『児童扶養手当』『ひとり親家族等医療助成制度』を利用しているからです。

しっかりと、情報を取りに行きましょう!

おまけ

ひとり親家庭の手当やお得な制度をまとめた記事もありますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。 自己紹介記事はこちら

執筆メンバの一覧を見る