ハウスメーカー(工務店)のモデルハウス見学の際に知っておきたい3つの注意点

スポンサーリンク

注文住宅を建てることを考え始めると自分の理想がいろいろと出てくると思います。

で、実際に足を運んでモデルルームを見に行こうという風になります。やっぱり自分の将来の暮らしをイメージするにはモデルルームを見学するのが手っ取り早いです。

でも、モデルルームに行って得た情報を何でもかんでも鵜呑みにするのは危険です。自分の目で見たモデルルームのイメージと、完成した自分の家とのギャップが出てくるかもしれません。

モデルルームの見学に際して、家を建てたから経験から言える注意点をいくつか紹介しますので、これからモデルルームの見学を予定していた方は参考にしていただけると幸いです。

モデルルームはハウスメーカーの最高級品

まず知っておいていただきたいのが、モデルルームはそのハウスメーカー(工務店)ができる最高級の家だということです。

例えるなら、パーティーのために全力でおしゃれや化粧をして美しくなった女性でしょうか。

モデルルームはとにかくすごいので、どこのメーカーであっても、一度行けば間違い無く気に入るでしょう。そりゃそうです。最高級品ですから。

私がモデルルームに見学しに行った時もやっぱり気に入りましたし、ここいいなぁ〜と普通に思いましたよ。だって人間だもの。

bbb low-cost housing, tegnestuen vandkunsten
bbb low-cost housing, tegnestuen vandkunsten / seier+seier

モデルルームが自分の家になる訳ではない

当たり前すぎる事実ですが、あなたが見に行ったモデルルームはあなたの家ではありません。

自分の未来を想像しながら、見学に行っているので、一度すごいのを見てしまうとそれが自分のモノに思えてしまうんですよね。この辺販売する側はうまいこと考えています。マーケティングの手法としては感心してしまうほど。

でも、未来の自分の家はそんな手法に乗せられたものにしたくないですよね?

当たり前の方程式「モデルルーム ≠ 自分の家」をしっかり頭に入れておきましょう。

半分ぐらいになると思っておいた方がいい

自分の将来の家、予算に余裕があれば、モデルルームのような家も作れます。お金があれば何の問題もありません。

でもどうでしょう?家を現金で買える余裕のある方はそれほど多くないはず。私も夫婦だけの現金で買えるほどの余裕はありませんでした。

もしも、大きなモデルルームを見て、そのハウスメーカーに決めることになった場合、モデルルームの半分以下の大きさになると思ってください。素材も1ランク、2ランク下がるものになるでしょう。

残念ながら、一般的な家庭だとそうなってしまいます。

雰囲気をつかむ感覚で見学しよう

モデルルームを見学する際は、ハウスメーカーや工務店の雰囲気をつかむ感覚で見るようにしてください。

買う気マンマンだったり、こちらが乗り気になっていると相手もそこにつけこんでくる可能性があります。

雰囲気を知って、担当の方からいろいろと話を聞いてください。その経験こそが、足を運ぶことでしか得られない貴重なものとなります。

客観視や多少冷めた目線でちょうどいい

モデルルーム見学する時は冷静になって、客観的に見るようにしてください。多少冷めた目線でもいいと思います。

これからの自分や家族の人生に大きく関わってくることです。慎重にいきましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る