ANAマイルが1番貯まる最強クレジットカードを徹底比較

スポンサーリンク

ANA(全日本空輸)マイルを効率よく貯めるコツは、ANA※マイレージが貯まるクレジットカードを上手に活用することです。ANAマイレージが貯まるクレジットカードは沢山種類があるので、今回はあなたにあった1番オススメのANAカードを紹介します。

※マイレージとマイルは同義語(当サイトでは、同じ意味として使用しています。)です。

このページの目次

年に数回ANA便に乗る人は、年会費を安く抑えられる一般カードがおすすめ

ANA一般カードにもいくつか種類があります。

カードの種類が多すぎて、迷ってしまいそうですが、基本提携会社が違うだけで、サービスはほとんど同じです。よく利用するお店やサービスによって多少の違いがありますので、ここで徹底的に比較して自分に合ったカードを見つけていきましょう。下記に当サイトオススメカードも明記しています。

ANA一般カード:サービスが同じもの

ボーナスマイル

ご入会時・ご継続時ボーナス1,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

ANA一般カード:提携会社によってサービスが違うもの比較

年会費比較

初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費
VISA/MasterCard無料2,000円+税お1人目は初年度無料
翌年度以降は前年のお買物ご利用回数が3回以上の場合は無料
お2人目以降は所定の年会費がかかります
JCBカード無料2,000円+税1,000円+税(初年度無料)
アメリカン・エキスプレス無料7,000円+税2,500円+税(初年度無料)
TOP&ClubQ PASMO マスターカード無料2,000円+税2,000円+税(初年度無料)
To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ)無料2,000円+税1,000円+税(初年度無料)
Suicaカード無料2,000円+税取り扱いなし

表のように、アメリカン・エキスプレスだけ年会費が他のカードより5,000円高いですが、それには理由があります。アメリカン・エキスプレスは保険料が手厚いからです。保険料については下記で詳しく説明しています。他のカードは初年度は全て年会費無料(家族カード含む)、2年目以降の年会費が2,000円となっています。

Suicaのみ、家族カードの設定がありませんので、家族カードが必要な方はそれ以外のカードを選択しましょう。

旅行保険比較

表のヘッダー部分の「アメリカン・エキスプレス以外」は以下になります。

  • VISA/MasterCardカード
  • JCBカード
  • TOP&ClubQ PASMO マスターカード
  • To Me CARD PASMO JCB (ソラチカ)カード
  • Suicaカード
アメリカン・エキスプレス
以外
アメリカン・エキスプレス
傷害死亡1,000万円3,000万円
傷害後遺障害30万円〜1,000万円最高2,000万円
傷害治療費用最高100万円
賠償責任最高3,000万円
携行品損害免責金額3千円/1旅行中最高30万円/年間限度額100万円
救援者費用100万円保険期間中最高200万円
補償期間90日間
アメリカン・エキスプレスは年会費が高い分、保険費用が高く手厚くなっています。
アメリカン・エキスプレス以外のカードは全て上記表の通りの金額です。補償期間は一般カード全て90日間となっています。

電子マネー対応表

VISA/MasterCardカードJCBカードアメリカン・エキスプレスカードTOP&ClubQ PASMO マスターカードTo Me CARD PASMO JCB (ソラチカ)カードSuicaカード
ID(NTTドコモ)
PASMO
PiTaPa
QUICKPay
楽天Edy
SUICA
アメリカン・エキスプレスのみ1種類の電子マネーに対応し、それ以外のカードは電子マネー3種類に対応しています。
赤丸箇所の電子マネーは利用金額に応じてマイルが貯まるカードです。
青丸箇所はポイントを貯めることでマイルへの移行が可能なカードになります。

当サイトおすすめANA一般カード

上記でご紹介したANA一般カードは、どれもスペックに差異はありませんが、この中から1枚選ぶなら、当サイトは「TOP&ClubQ PASMO マスターカード」をオススメします。
PASMOチャージすることでポイントが貯まり、TOKYU POINT加盟店で利用するとTOKYU POINTが貯まります。それをマイルへの移行が出来ます。
そのほか貯まったTOKYU POINTはお買い物時、PASMOチャージにも使えます。

また、VISAかマスターカードを選択できるので、海外に行くときも大抵のお店でも使えます。すべてのカードを研究しましたが、このカードが1番平均点が高いので、このカードを持っていれば間違いないでしょう。

ana_pasmo
ANA一般カードTOP&ClubQ PASMO マスターカードなら、初年度年会費無料です。PASMOのチャージでマイルが貯まります。TOKYUポイント加盟店(東急ストア、東急ハンズなど)で利用すると、TOKYUポイントが貯まり、こちらもANAマイレージに交換できます。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA一般カード(TOP&ClubQ PASMO マスターカード)無料2,000円+税10%iD(NTTドコモ)
PASMO
PiTaPa

その他ANA一般カード一覧

ANA一般カード全てを比較したい方は下記のまとめをお読みください。

年に1度でもANA便で海外へ行く人はワイドカードがおすすめ

ワイドカードには2種類あります。

自分に合ったカードがどれか迷ってしまうので、1つずつ比較していきましょう。下記に当サイトおすすめカードを明記しています。

ANAワイドカード:サービスが同じもの

ボーナスマイル

ご入会時・ご継続時ボーナス2,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

旅行保険比較

ワイドカード全部
傷害死亡5,000万円
傷害後遺障害200万円〜5,000万円
傷害治療費用150万円
賠償責任2,000万円
携行品損害50万円
救援者費用100万円
補償期間90日間

年会費比較

ワイドカード全部
年会費1年目7,250円+税
年会費2年目7,250円+税
家族カード年会費1,500円+税
ETCカード年会費500円+税(初年度無料)
ワイドカードは全てボーナスマイル、旅行保険、年会費に大きな違いはありません。
しかし、一般カードでは年会費初年度無料でしたが、ワイドカードは全て初年度から年会費7,250円+税かかります。
初年度から年会費がかかっている分、旅行保険が一般カードより手厚いものになっています。
その他ボーナスマイルが一般カードの2倍(2,000マイル)、ボーナスマイル積算率が2.5倍(25%)、ビジネスクラス専用のチェックインが出来るなどのサービスがあります。

ANAワイドカード:提携会社によってサービスが違うものを比較

電子マネー対応表

VISA/MasterCardカードJCBカード
ID(NTTドコモ)
楽天Edy
PiTaPa
QUICKPay
どちらのカードともに3種類の電子マネーに対応しています。
赤丸箇所の電子マネーはチャージすることでマイルが貯まるカードです。
青丸箇所はポイントを貯めることでマイルへの移行が可能なカードになります。
どちらも楽天Edyに対応していますが、JCBのみチャージでマイルが貯まります。

当サイトおすすめANAワイドカード

上記で紹介したワイドカード、どれもスペックに大きな差異はありませんが、この中から1枚選ぶなら、当サイトは「Visa/MasterCardカード」をオススメします。

オススメするポイントはVisa/MasterCardの方がJCBより加盟店舗数、会員数が多いので旅行先での決済時に困ることないです。
JCBは加盟店舗数、会員数が劣っているので旅行先での決済が確実に使えるかはわかりません。

旅行先の大抵のお店で、VisaかMasterCardが選択でき、使えるのでVisa/MasterCardカードをオススメします。

ana_visa_wide

ANAワイドカード(VISA/MasterCard)は旅行に役立つ優待サービス、会員限定割引がたくさんあります。ANAグループ便に搭乗する度に割増ボーナスマイルが貯まります。VISA/Mastercardは日本国内はもとより、世界中で使える決済に特化したブランドです。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAワイドカード(VISA/MasterCard)7,250円+税7,250円+税25%iD(NTTドコモ)
楽天Edy
PiTaPa

その他ANA一ワイドカード一覧。

ANAワイドカード全てを比較したい方は下記のまとめをお読みください。

ワイドゴールドカードにするならアメリカン・エキスプレス

ワイドゴールドカードには5種類あります。

ANAワイドゴールドカード:サービスが同じもの

ボーナスマイル

ご入会時・ご継続時ボーナス2,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%
ワイドゴールドカードは全てボーナスマイルは同じになります。1ランク下のワイドカードと同じです。

ANAワイドゴールドカード:提携会社によってサービスが違うものを比較

年会費比較

初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費
Visa/MasterCard14,000円+税14,000円+税4,000円+税
JCBカード14,000円+税14,000円+税4,000円+税
ダイナースカード27,000円+税27,000円+税6,000円+税
アメリカン・エキスプレス31,000円+税31,000円+税15,500円+税
プレシャスカード(台湾在住者向け)2,000台湾ドル2,000台湾ドル1,000台湾ドル(初年度は無料)
ワイドゴールドカードは一般カードと違い初年度から年会費が掛かりますが、その分保険が手厚いものになっています。
そのほかビジネスクラス専用チェックインが出来たり、マイルが貯まりやすいなどの特徴があります。
プレシャスカードは台湾在住者向けのため台湾ドルでの記載になります。

旅行保険比較

 

Visa/MasterCardJCBカードアメリカン・エキスプレスダイナースカード
傷害死亡・後遺障害本会員/家族会員5,000万円1億円最高1億円(家族会員は最高5,000万円)最高1億円
家族特約1,000万円1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用本会員/家族会員1回の事故につき150万円限度1回の事故につき300万円限度最高300万円300万円
家族特約1回の事故につき50万円限度1回の事故につき200万円限度最高200万円
疾病治療費用本会員/家族会員1回の病気につき150万円限度1回の事故につき300万円限度最高300万円300万円
家族特約1回の病気につき50万円限度1回の事故につき200万円限度最高200万円
賠償責任本会員/家族会員1回の事故につき3,000万円1回の事故につき1億円限度最高4,000万円1億円
家族特約1回の事故につき1,000万円限度1回の事故につき2,000万円限度最高4,000万円
携行品損害本会員/家族会員50万円1旅行中50万円限度/保険期間中100万円限度最高50万円50万円
家族特約1回の事故につき15万円限度最高50万円
救援者費用本会員/家族会員100万円限度400万円限度最高400万円400万円
家族特約50万円限度200万円限度最高300万円
補償期間本会員/家族会員90日間90日間90日間
家族特約

プレシャスカード(台湾在住者向け)のみ表ではなく以下に引用という形で記載します。

高額海外旅行保険で5,000万台湾ドルの保険がつきます。
その他旅行障害保険として航空機遅延、受託手荷物遅延、遺失、ハイジャック保険などがあります。

アメリカン・エキスプレスは年会費が高い分、保険費用が高く手厚くなっています。それ以外のカードは上記表の通りの金額、補償期間です。

電子マネー対応表

Visa/MasterCardJCBカードダイナースカードアメリカン・エキスプレスプレシャスカード(台湾在住者向け)
楽天Edy
iD(NTTドコモ)
PiTaPa
QUICKPay
悠遊カード
Visa/MasterCard、JCBカードのみ3種類の電子マネーに対応しており、それ以外は1種類のみの電子マネー対応になります。
赤丸箇所の電子マネーはチャージすることでマイルが貯まるカードです。
青丸箇所はポイントを貯めることでマイルへの移行が可能なカードになります。
楽天Edyはほとんどのクレジットカードに対応していますが、JCBカードのみチャージでマイルが貯まります。

当サイトおすすめANAワイドゴールドカードはアメリカン・エキスプレス

上記で紹介したワイドゴールドカード、この中から1枚選ぶなら、当サイトは「アメリカン・エキスプレス」をオススメします。

年会費がワイドゴールドカードの中で1番高いですが、旅行保険の充実や特典が多く付いています。またANA便に乗る度にどんどんマイルが貯まります。
旅行保険についてはワイドゴールドカードの中で1番手厚い保険金額で、会員のみでなく家族にも適応される内容で補償しています。特典についても同様に手厚い内容になっているのでオススメです。

ANAグループでは100円で2マイル、その他のお買い物でも100円で1マイル貯まり、ワイドゴールドカードの中で一番のマイルが貯まります。また、旅行保険補償に強いのも特徴です。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード31,000円+税31,000円+税25%楽天Edy

その他のワイドゴールドカード一覧。

ANAワイドゴールドカード全てを比較したい方は下記のまとめをお読みください。

ANAグループ便やANAツアー、機内販売などで年間100万円以上使う人

ここでは、ANAカード最上級のプレミアムカードをご紹介します。プレミアムカードというだけあって年会費も高く設定されていますが、1番マイルが貯まるのもこのカードです。

また、海外の空港ラウンジで使えるプライオリティ・パスが付帯します。

プレミアムカードは4種類あります。

ANAプレミアムカード:サービスが同じもの

ボーナスマイル

ご入会時・ご継続時ボーナス10,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%
ボーナスマイルはプレミアムカード全て同じになります。
ボーナスマイルは10,000マイルと一般カードの10倍、ワイドカード・ワイドゴールドカードの5倍になり、搭乗時のボーナスマイル積算率は50%で一般カードの10倍、ワイドカード・ワイドゴールドカード5倍になります。

プライオリティ・パス

プレミアムカードのみに付いてくるサービスです。世界120ヶ国の空港ラウンジを利用出来るプライオリティ・パス。ドリンク、シャワー、パソコンの利用、TV、新聞の閲覧などができます。

ANAプレミアムカード:提携会社によってサービスが違うものを比較

年会費比較

初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費
Visaカード80,000円+税80,000円+税4,000円+税
JCBカード70,000円+税70,000円+税4,000円+税
アメリカン・エキスプレス150,000円+税150,000円+税無料(4枚まで)
ダイナースカード155,000円+税155,000円+税無料

プレミアムカードの費用は、これまでの一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカードの中で高い費用ですが、その分、保険が手厚いものになっています。そのほかビジネスクラス専用チェックインが出来たり、マイルが一番貯まりやすいなどの特徴があります。

旅行保険比較

 

VisaカードJCBカードアメリカン・エキスプレスダイナースカード
傷害死亡・後遺障害本会員/家族会員最高1億円1億円最高1億円(家族会員は最高5,000万円)1億円
家族特約1,000万円最高1,000万円1,000万円
傷害治療費用本会員/家族会員1回の事故につき500万円限度1回の事故につき1,000万円限度最高300万円1,000万円
家族特約1回の事故につき200万円限度最高200万円200万円
疾病治療費用本会員/家族会員1回の病気につき500万円限度1回の事故につき1,000万円限度最高300万円1,000万円
家族特約1回の事故につき200万円限度最高200万円200万円
賠償責任本会員/家族会員1回の事故につき1億円1回の事故につき1億円限度最高4,000万円1億円
家族特約1回の事故につき2,000万円限度最高4,000万円2,000万円
携行品損害本会員/家族会員50万円1旅行中100万円限度/保険期間中100万円限度最高50万円100万円
家族特約1旅行中50万円限度/保険期間中100万円限度最高50万円50万円
救援者費用本会員/家族会員1,000万円1回の事故につき1,000万円限度最高400万円500万円
家族特約1回の事故につき200万円限度最高300万円200万円
補償期間本会員/家族会員3ヶ月間3ヶ月間90日間3ヶ月間
家族特約

旅行保険はより手厚いものになっていますが、プレミアムカード同士の中では大きな差はなくどれも同じ費用になっています。
Visaカード以外はカード会員、家族会員のみだけでなく、その家族に対しても補償しています。

電子マネー対応表

VisaカードJCBカードアメリカン・エキスプレスダイナースカード
楽天Edy
iD(NTTドコモ)
PiTaPa
QUICKPay
Visaカード、JCBカードのみ3種類の電子マネーに対応しており、それ以外は1種類のみの電子マネー対応になります。
赤丸箇所の電子マネーはチャージすることでマイルが貯まるカードです。
青丸箇所はポイントを貯めることでマイルへの移行が可能なカードになります。
楽天Edyはほとんどのクレジットカードに対応していますが、Visaカード、JCBカードのみチャージでマイルが貯まります。
Visaカードは3種類に対応していて、チャージでマイルが貯まり、ポイントを貯めるとマイルへの移行が出来る電子マネーが付いています。

当サイトおすすめANA プレミアムカード

どのプレミアムカードでも同じようにANAの最上級のサービスを受けられますが、当サイトではANAダイナースプレミアムカードをオススメします。どのお買い物でっも100円で2マイル貯まり、プレミアムカード最高の還元率です。マイルが一番貯まるカードはこのカードで間違いありません。

※ダイナースプレミアムカードはダイナースクラブ及びANA各所の申し込み基準がある、ご招待制のクレジットカードです。まずはお問い合わせをしてください。

ana_diners_premium
100で2ポイント=2マイル貯まる最強のクレジットカード。ダイナース独自の多数の特典に加え、旅行時の盗難・破損の現金保証まで。マイルと貯めるならこのカードで間違いありません。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAダイナースプレミアムカード155,000円+税155,000円+税50%楽天Edy

プレミアムカード一覧はコチラ。

ANAプレミアムカード全てを比較したい方は下記のまとめをお読みください。

当サイトおすすめANAカードまとめ

ANA 一般カード

ana_pasmo
ANA一般カードTOP&ClubQ PASMO マスターカードなら、初年度年会費無料です。PASMOのチャージでマイルが貯まります。TOKYUポイント加盟店(東急ストア、東急ハンズなど)で利用すると、TOKYUポイントが貯まり、こちらもANAマイレージに交換できます。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA一般カード(TOP&ClubQ PASMO マスターカード)無料2,000円+税10%iD(NTTドコモ)
PASMO
PiTaPa

ANA ワイドカード

ana_visa_wide

ANAワイドカード(VISA/MasterCard)は旅行に役立つ優待サービス、会員限定割引がたくさんあります。ANAグループ便に搭乗する度に割増ボーナスマイルが貯まります。VISA/Mastercardは日本国内はもとより、世界中で使える決済に特化したブランドです。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAワイドカード(VISA/MasterCard)7,250円+税7,250円+税25%iD(NTTドコモ)
楽天Edy
PiTaPa

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAグループでは100円で2マイル、その他のお買い物でも100円で1マイル貯まり、ワイドゴールドカードの中で一番のマイルが貯まります。また、旅行保険補償に強いのも特徴です。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード31,000円+税31,000円+税25%楽天Edy

ANA プレミアムカード

当サイトおすすめのプレミアムカード

どのプレミアムカードでも同じようにANAの最上級のサービスを受けられますが、当サイトではANAダイナースプレミアムカードをオススメします。どのお買い物でっも100円で2マイル貯まり、プレミアムカード最高の還元率です。マイルが一番貯まるカードはこのカードで間違いありません。

※ダイナースプレミアムカードはダイナースクラブ及びANA各所の申し込み基準がある、ご招待制のクレジットカードです。まずはお問い合わせをしてください。

ana_diners_premium
100で2ポイント=2マイル貯まる最強のクレジットカード。ダイナース独自の多数の特典に加え、旅行時の盗難・破損の現金保証まで。マイルと貯めるならこのカードで間違いありません。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAダイナースプレミアムカード155,000円+税155,000円+税50%楽天Edy

ANAカードの比較記事一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

1983年、東京都生まれ。アメリカ留学中に大病を患い、「ベッドの上でできる仕事を」と考えた結果インターネットの仕事をするように。沖縄を拠点に世界を旅しながら仕事をしています。

執筆メンバの一覧を見る