【比較】ANAカード、JALカード、普通カードでマイルを貯めるならどっち?

スポンサーリンク

ANAとJAL、どちらの航空会社も利用できる環境の場合、どちらのカードにするか迷ったときに参考になるようにまとめました。

マイルを貯めることを1番に考えると、下記の表のように、JAL普通カードに軍配があがります。JALのショッピングプレミアムが年間3,240円に対し、ANAの移行手数料は最低でも5,400円かかるためです。
入会金が初年度無料、ボーナスマイルなどは共通しています。しかし、フライトではなく日常の支出をマイルに変えるには、各種手数料がかかります。

※ここではポイントサイト経由でマイルを貯める事は考慮していません。純粋にショッピングでマイルを貯める事を想定しています。

ANA普通カードJAL普通カード
入会金
(初年度無料)
2,160円2,160円
入会時ボーナスマイル
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
1,000マイル1,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの10%プラスフライトマイルの10%プラス
マイルを移行する
ANA=移行手数料、JAL=ショッピングマイルプレミアム
税込5,400円(JCB)税込3,240円

ショッピングをマイルに移行する〜JALとANA比較〜

JALカードをショッピングや公共料金の支払いに利用し、それをマイルとして貯める場合、JALショッピングマイルプレミアムに入会している必要があります。年会費は税込3,240円。入会しておくと、100円=1マイルとして貯めることができます。
入会しない方法もあります。入会せずに利用すると、200円=1マイルとなります。

ANAカードでショッピングや支払いをしてマイルを貯める場合、クレジットカード会社のポイントを、ANAマイルに移行することができます。JALのように、何もしないで貯まることはありません。自動移行コースを使うか、応募してマイルに変換する必要があります。
クレジット会社のポイントは、VISA、JCBなど、会社ごとに異なります。
移行手数料も、

VISA、MASTERカード=6,480円

JCBカード=5,400円

など、クレジット会社により異なります。

例えば、移行手数料の比較的安いJCBカードのポイント制度であるOkidokiポイントは、100円=1ポイント=1マイルで、JALカードでショッピングマイルプレミアムに入会した場合と同じ率になっています。

ショッピングプレミアムに入会しない、移行手数料を発生させないようにする

JALでショッピングプレミアムに入会しないと、200円=1マイルです。ANAは、移行手数料を無料にするには、5マイルコース、1,000円=1ポイント=5マイルとなり、JALと同じ率になります。

ただし、JALは自動的にマイルに変換されるのに対し、ANAは自動コースに登録しておくか、応募して5マイルコースで変換する必要があります。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

1983年、東京都生まれ。アメリカ留学中に大病を患い、「ベッドの上でできる仕事を」と考えた結果インターネットの仕事をするように。沖縄を拠点に世界を旅しながら仕事をしています。

執筆メンバの一覧を見る