引越し時の不用品を処分する賢い方法とは?大量のごみを不用品回収業者にまとめて処分してもらった感想まとめ

スポンサーリンク

先日、人生で14回目の引越しをしたなつみとです。
14回って・・・多すぎる。笑

そんなわたしですが、引越しのたびにうんざりするのが、大量のごみ
「こんなに多くのごみと共に暮らしてきたのか・・・」という衝撃だけでなく、処分にかかる手間や費用だってバカになりません。

今回の引越しでは、業者に不用品回収をお願いしてみました。

引越し時に出る大量のごみをどう処分するのがいいのか、実際に業者に依頼してみた感想とともに、紹介しますね。

「処分」ではなく「買取」のほうがもちろんお得ではあります。
買取業者に依頼したい人には以下のページがオススメですよ。

参考:全部試しました!ネット宅配買取サービス利用体験記まとめで徹底比較

不用品を処分する基本的な方法とは?

不用品を処分する方法はいろいろあるのですが、「どの方法を選ぶのがいいのかわからない!」「もう、考えるのしんどい!」となりがち。

まずはどのような選択肢があるのか、不用品を処分する方法を整理してみました。

  • 売れるものは売る
  • 一般ごみ(家庭ごみ)として捨てられるものは捨てる
  • その他のごみは自治体のルールに従って捨てる
  • 業者に依頼してまとめて処分してもらう

売れるものは売り、一般ごみとして捨てられるものは普通に捨て、それ以外は自治体のルールに従って捨てる。

これが一番いい方法なのでしょう。

しかし、わたしにはできませんでした。
なぜなら、時間も気力もなかったからです!!

あとわたしの場合はフリーランスで、ありがたいことに仕事もたくさんあります。
不用品の処分に時間を使って処分費用を節約するよりも、仕事をする時間をしっかり確保するほうがトータルでは大きくプラスになる。

という理屈で、今回は業者に依頼してまとめて処分してもらうことにしました。

業者に依頼してみたからこそ分かったことや、業者に依頼する上で注意したほうがいいことなどもあるので、そのへんも交えて以下からレポートしていきますね!

不用品回収業者に引越しの大量ごみを処分してもらったレポート!

引越しが決まってから家のモノを整理し始め、普通のごみとしては捨てられないようなものもたくさんあるので処分方法を考えるようになりました。

同時に引越し業者についても調べ始めていたのですが、業者によっては引越しも不用品回収も請け負っている場合もあることを発見。

引越しの荷物を運んで、ついでに不用品も持って行ってくれるなんてすごくラク・・・!

料金も思っていたより分かりやすく格安だったので、業者に頼んでまとめて処分してもらうことに決めました。

不用品回収を申し込むまでの流れ

ちなみに、業者を見つけたのは「くらしのマーケット」というサイトで。
こちらの感想も書いています。

ネットで仮予約をしたあとに電話があり、不用品の内容や量についてヒアリングがありました。

わたしの場合は引越しも同じ業者に依頼したので、引越しの荷物についても同じくヒアリングが。

ヒアリングの内容をうけて改めて料金の案内があり、これで料金は確定。
電話で済むのはとてもラクですね。

当日までに工夫したこと

業者に回収してもらうレベルのゴミですから、けっこうな量なんですよね・・・。

大型家具などは移動させられませんが、移動できるものは、なるべくまとめて置いておくようにしました。

回収してもらう予定の不用品

そのほうが、回収当日もお願いしやすいですし、業者さんも運びやすいだろうと思ったからです。

これまでに多くの引越しをしてきた経験上、どれだけ「これは運びます」「これは運びません」と明確に指示しても、間違いは起きるもの。

一か所にまとまっていれば間違える確率は下がるはずなので、そういう意味でも、不用品は不用品でまとめておくことが重要な気がしました。

また「分解すれば一般ごみとして捨てられるもの」については、余力があるときに一般ごみとして捨てたりもしていました。

これも経験上言えることなんですが、引越しの準備をしていく中で、「やっぱりこれは持って行かずに処分しちゃおう」と思うことってけっこうあるんです。

業者さんに電話で話した内容よりも多くの不用品が発生する可能性が高いので、当日までに自分で処分できるものは処分しておこうと心がけました。

結果的に、トラックが満杯になるほどギリギリだったので、少しずつでも処分しておいてよかったです。

引越し・不用品回収当日の様子

そして当日。
作業員の方は2名で、それぞれ軽トラと2トントラックに乗ってこられました。

はじめに、引越しの荷物と不用品を区別するために、不要品には目印用のテープを貼る作業。
どれが不用品なのかは、わたしが一つひとつ指さして案内していきます。

あとは、引越しの荷物も不用品も、それぞれのトラックに積み込む作業。

作業中に、「やっぱりこれも処分してもらえますか?」とこまごまと追加でお願いすることもあったのですが、小さいモノに関しては快く引き受けてくださいました。

また衣装ケースのような大きなモノでも、ダメ元で聞いていたら追加料金無しで引き受けてもらえて助かりましたね・・・。

このあたりは、トラックの容量に空きがあるか、という部分が大きく関係してくると思いますし業者によっては追加料金が必要になったりもするかもしれませんので、しっかり確認しておいてくださいね。

さらに、引越し作業の終盤に、急きょ、洗濯機を買い取ってもらうことになりました。

ドラム式の洗濯機を使っていたのですが、新居の洗面所に置くのが少し難しかったんです。

サイズ的には問題なかったんですが高く持ち上げて運ぶ必要があり、「作業員2人では無理で、別日に改めて運び入れることになってしまう」と・・・。
もちろんその分の作業費もかかります。

うーん・・・。仕方ないことだけど、追加料金は痛い・・・。

すると作業員の方が、こんな提案をしてくれました。

「この洗濯機ならうちで買い取れるので、そのお金でもっとコンパクトな洗濯機を買うというのはどうでしょう?」
「2人暮らしならもっと小さな洗濯機で十分だと思いますし」
と。

たしかに、離婚前に購入した大きなドラム式洗濯機でなくても、息子と2人暮らしならもっと小さい洗濯機でいいかも。

最近は縦型の洗濯機でも乾燥機能が充実しているものもあるし。

そんなふうに考えて、その場で、洗濯機を買い取ってもらうことにしました!

おかげでしばらく洗濯機の無い生活をすることになりましたが、コインランドリーを利用して乗り切りましたよ^^;

※洗濯機はその日のうちにネットで購入し、4日後ぐらいに届きました。

洗濯機の部品
洗濯機の部品類もまとめて保管していたのでスムーズに引き渡せました。

さて話を戻しましょう。

13時ごろに到着され、引越し作業と不用品回収作業が終わったのは18時半ごろ。

この日は1日雨が降っていたので普段以上に時間がかかったのかもしれません。

最後に作業料金を現金で支払い、完了です。

不用品回収にかかった費用について

不用品回収を業者に依頼する場合の料金ですが、細かく見積もりがあるのではなく「軽トラ1台分で○円」のように決まっている業者が多いようでした。

素人からすると軽トラ1台にどれぐらいのゴミが積めるのかよくわからないものですが、これは仮予約後の電話でヒアリングがありますし、ゴミが多すぎるようなら「その場合は2トントラックのプランのほうがいいかもしれません」などとアドバイスがもらえるはずです。

わたしは軽トラ1台分のプランを選び、料金は12,000円でした。

処分したのは、こういったモノ。

  • 食器棚
  • キッチン収納棚
  • 炊飯器
  • 冷蔵庫
  • ガスコンロ
  • 敷布団×2
  • かけ布団×3
  • ダイニングテーブル
  • 押し入れ用の洋服収納ラック大
  • 空気清浄機
  • 扇風機
  • エアコン

ほかにもこまごまと、分解した家具類やごみ袋に入ったゴミなど、たくさん処分してもらいました。

もちろん、これらを一つずつ、粗大ごみなど自治体のルールに従って処分していったほうが、金額的には安いはず。

ですが、それらにかかる時間や手間を考えれば、12,000円支払ってすべて処分してもらえるほうがかなりラクなのは間違いありません。

大きいものは粗大ごみとしてゴミ置き場に持っていくこと自体が難しいですし、家電類は処理方法が複雑で調べるだけでも面倒ですし・・・。

ちなみに、わたしが依頼した業者では、エアコンの回収は「1台あたり1,000円のキャッシュバック」がありました。

わたしの場合は急きょ洗濯機の買取が発生したため、不用品回収+引越しの料金から相殺され、実際の支払額は2万円ほどで済みましたよ。

引越し時の不用品回収を業者に依頼してみた感想

不用品を回収してもらったあと

これまで引越しは何度も経験してきましたが、大量のごみを不用品回収業者に依頼したのは初めてでした。

正直、業者に依頼したのは正解でした!
もちろんそれなりにお金はかかりますが、とってもラクですし、費用対効果は高いと感じます。

とくにわたしのように「ひとり親家庭で、自分が家事も育児も仕事もしなければならずその中で引越し準備もしなければならない」という場合は、利用する価値は大いにあるでしょう。

逆に、不用品を処分するための人手が確保できる家族構成だったり働き方だったりの場合は、お金をかけてまで不用品回収業者に依頼する必要はないのかもしれません。

たとえば比較的新しくて売れそうな家具・家電だけでもリサイクルショップに買い取ってもらう。

車も男手もある場合は車でリサイクルショップに持ち込むこともできますよね。

時間がかかっても大丈夫なら、自分でヤフオクやメルカリに出品して売ることもできるでしょう。
リサイクルショップで買い取ってもらうよりも高く売れることが多いです。

ほかにも、本やCD、ゲーム類だけでも買取業者に買い取ってもらう。

不用品回収業者に依頼するとしても、「売れそうなモノは事前に売っておく」ということができれば、収支の面ではプラスになる可能性もあるんですよね。

わたし自身はそこまでの余裕がなくすべて回収業者にお任せしてしまいましたが、少しでも余力があるなら、上記で紹介したような方法を1つでも取り入れるのがオススメですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

なつみと

節約はするけど好きなことにお金を使うのが大好きなWebライター・webライティング講師。節約に関する知識が豊富な反面、必要なものにはどんどんお金を使っていく性格のため「メリハリあるお金の使い方」を発信していきます!

執筆メンバの一覧を見る