面倒だけどスマホを安く運用したい人は「一年間36円でスマホを使う! 究極のスマホ購入&運用術」がおすすめ

スポンサーリンク

このブログでは何度か通信費の節約やスマートフォンの節約について紹介したことがあります。以下が、今までに書いたスマートフォン節約記事です。

自分で紹介しておいてなんですが、スマートフォンの料金節約って面倒だし、結構詳しく知ってないとできないんですよね。

私の感覚では、知識を得るためにもものすごく苦労する感じです。私は面倒さが嫌で、携帯をやめたほどですからね。

でも、ちょっと知識を身に付けるだけで大きく得することができるのも事実です。そんなスマートフォンの節約を知る助けになる本があって、面白かったので紹介します。

タイトルは「一年間36円でスマホを使う! 究極のスマホ購入&運用術」です。

10〜15分で読める文量

この本はKindle本です。AmazonのKindleストアで販売されていて、1クリックで購入することができます。

一通り読みましたが、10〜15分ほどで読み終えることができます。さらっと読めて、ポイントだけ理解できる、わかりやすい本となっています。

「一括0円」と「実質0円」の違いについて

スマートフォンのキャンペーンでよくあるのが、「一括0円」や「実質0円」といったものです。「一括」と「実質」の違いについても、詳しく書かれていていました。これは知っておくだけで余裕で本代の元はとれる内容です。

1年間36円はユニバーサルサービス料

スマートフォンを格安で運用することができれば、ユニバーサルサービス料だけの支払いで済ますことができます。

上記の一括・実質の意味をしっかり理解して、携帯ショップなどのキャンペーンをフル活用することで、支払額を徹底的に抑えることができます。私が今まで紹介してきた節約術よりも圧倒的にすごいです。徹底的にやるならここまでやらないとなぁ〜と思わされます。

副業にしている人もいるらしい

携帯ショップのキャンペーンなどを利用して、ちょっとした副業にしている人もいるそうです。詳しく知ることで、いろいろな可能性があるものなんですね。

私は真似しないですけど、こんな考え方があるということが知れただけでも収穫でした。BIG TOMORROWに出てきそうな内容のネタでしたw

最後に

あまりネタバレを含むのは良くないと思ったので、少しぼかしながら紹介していますが、スマートフォンの料金が毎月高すぎて困っている方は、一読すると節約するためのヒントがたくさん詰まっているはず。

携帯の料金体系が難しいと思っている方、面倒だと感じている方も、少し知るだけで大きく変わるでしょう。

Kindle本が読める環境にある方は、おすすめです。iPhoneやAndroidでもKindleアプリをダウンロードすれば、Kindle本を購入できますので、この機会にぜひ。

※ ちなみにこの本の作者とは知り合いではありません。普通に一読者としての感想です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!