シンガポール航空(SQ011便)成田 – シンガポール 777-300ER ファーストクラス

スポンサーリンク

【ビジネスクラス搭乗記】という名前で、サイトを運営していますが、今回初めてシンガポール航空のファーストクラスの搭乗レポートをします。

シンガポール航空のマイルチャートが改悪される事になったので、アメックスで貯めたシンガポール航空のマイルを一気に使い切りました。本当はシンガポール航空のA380のファーストクラスに搭乗したかったのですが、東京発は777-300ERしかなかったので、今回は777-300ERのファーストクラスの搭乗レポートです。

成田からシンガポール・チャンギ空港までフライトタイムが7時間15分と長いですが、ファーストクラスに乗ればあっという間でした。

成田空港(NRT)

singapore airline firstcalss check in

成田空港のシンガポール航空は、チェックインカウンター第1ターミナル 南ウイング 4階Gにあります。時間が少し早かったので、まだチェックインは始まっていませんでした。

チェックイン時間の前でも、機械を使ってチェックインが出来るという事なので、パスポートをスキャンして、搭乗券を機械から発券しました。

スターアライアンスゴールドトラック

春休み中という事もあり保安検査場は長蛇の列が出来ていました。しかし、成田空港はビジネスクラス、ファーストクラス、航空会社の上級会員は、専用のセキュリティーレーン(ゴールドトラック)を利用できます。

ありがたいです。僕も利用させて頂きました。保安検査後は、出国審査ですが、こちらも自動化ゲートの申請をしていると楽ちんです。

成田国際空港 ANA SUITE LOUNGE

ANA スイートラウンジ

シンガポール航空のファースクラス利用者は、ANAスイートラウンジを利用する事ができます。

場所は第1ターミナル第5サテライト、45番ゲート近くにあります。

営業時間:24時間営業

ANAスイートラウンジ

食事

食事

食事

お寿司

新聞

お酒

ソフトドリンク

バイキングの他に、アラカルトメニューもあります。

朝から何も食べていなかったので、ハンバーガーを注文しました。

ハンバーガー

食事をとっていると、アナウンスで名前が呼ばれ受付まで来て下さいとの事だったので、行ってみると、チャンギ空港のファーストクラス専用ラウンジ【THE PRIVATE ROOM】のクーポンを頂きました。

the private room

個室もあり、少しだけ仕事もしました。ファーストクラスラウンジは静かで良いですね。

WiFi、電源はもちろん完備しています。

ファーストクラス

個室

個室

キシンガポール航空(SQ011便) ファーストクラス搭乗記

シンガポール航空

搭乗の時間が近くなったなったので、ゲートに向かいます。外はあいにくの雨です。今回搭乗するのは777-300ERです。ファーストクラスは4席のみです。

777-300ER

シンガポール航空ファーストクラス(777-300ER)
座席数4席
シート配列1-2-1
シートピッチ208cm
シート幅88cm
リクライニングフルフラットシート

ファーストクラス

さすがはファーストクラスのシートです。シート幅が88cmと1人で座っても、かなり余裕があります。↓の肘掛けが重宝します。

肘掛け

ファーストクラス

ファーストクラス

足元はオットマン付きで申し分ない広さです。

オットマン

モニターはビジネスクラスで使われている、モニターよりも一回りくらい大きいです。23インチパーソナルLCDスクリーンとボーズのノイズキャンセリング・ヘッドホン付きです。

モニター

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング

モニターのリモコンです。直接スクリーンをタッチして操作もできますが、ファーストクラスは座席が広いので、リモコンを使った方が楽です。

リモコン

ロングフライトなので、スリッパに履き替えます。

スリッパ

アメニティ

こちらがアメニティです。フェラガモのポーチです。歯ブラシ、靴下、アイマスク、クリーム類が梱包されています。

フェラガモ

ファーストクラスの乗客には、シンガポール航空のパジャマも配布されれます。今回は日中のフライトなので、着用しませんでした。

パジャマ

ウェルカムドリンク

ファーストクラスは、ビジネスクラスよりもグレードの高いシャンパンが用意されています。※ドンペリかKrug(クリュッグ)のどちらを選べます。

今回僕はKrugをチョイスしました。

Krug

Krug

※お願いすれば両方飲めます。

シンガポール航空(SQ011便)ファーストクラス機内食

メニュー

<カナッペ>

チキンと子羊のシンガポール風ソテー
玉ねぎ、キュウリ、ピリ辛ピーナッツソースを添えて

<前菜>

モロソル・キャヴィア
メルバトースト、付け合せと共に

ロブスターのティアン仕立て、ソラマメとクラゲ添え、冷製ビーススープと共に

<スープ>

アーティチョークのクリーミースープ
ガモンハム添え

オリエンタル風味ビーフスープ
筍、豆腐、人参と共に

<サラダ>

ベビーホウレン草とグリーンフリゼのサラダ
セミドライチェリートマトとオリーブ添え
お好みで
バルサミコ酢とオリーブオイルのドレッシング
オレンジヨーグルト ドレッシング

<メインコース>

グリル和牛のぽん酢風味
季節の野菜と筍御飯添え

海老のソテー アラビアータ風味

リガトーニパスタ、パルメザンチーズ、ルッコラと共に

チキンソテー、ワイルドライス
ドライクランベリー、りんご、くるみ

<デザート>

チーズの盛り合わせ

季節のフルーツ盛り合わせ

まずは前菜のチキンと子羊のシンガポール風ソテーを頂きました。

チキンと子羊のシンガポール風ソテー

続いて、ロブスターと迷ったのですが、キャビアをチョイス。

キャビア

スープはオリエンタル風味ビーフスープ

オリエンタル風味ビーフスープ

メインディッシュは、和牛を選びました。肉厚で、美味しかったです。

和牛

さいごにデザートです。

デザート

ベッドメイキング

今回ファーストクラスの乗客が僕ともう1人の合計2名だった事もあり、隣のシートをベッド専用シートにしてくれました。食事中にベッドメイキングをして頂いたので、こちらで少し休憩しました。

ベッド

少し休んだら、あっという間にシンガポール・チャンギ空港に到着です。

便名:SQ11便
行き先:成田空港(NRT)→ チャンギ国際空港(SIN)
時間:14:45(日本時間)— 21:00(シンガポール時間) 所要時間7時間15分
クラス:ファーストクラス
シート: 1F(窓側)
機材:777-300ER
マイル積算:ANA150%

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

1983年、東京都生まれ。アメリカ留学中に大病を患い、「ベッドの上でできる仕事を」と考えた結果インターネットの仕事をするように。沖縄を拠点に世界を旅しながら仕事をしています。

執筆メンバの一覧を見る