米子市のふるさと納税特典「米子市民体験パック」は12点入りと思ったより豪華だった

スポンサーリンク

以前「米子市のふるさと納税手続きは超簡単!たったの5分で終わります」という記事にも書いたように、米子市にふるさと納税してました。

その後、11/26にふるさと納税の特典である「米子市民体験パック」が届きました!

早速開封して、どんなものが入っているのか確認しましたよ。3,000円しか納税していないのに、こんなにいろいろもらっていいのかな、というのが素直な感想です。

ふるさと納税の仕組みを知るなら、以下のページも合わせてどうぞ。

米子市民体験パックの写真

気になる米子市民体験パックは、こんな感じですよ〜!

米子市民体験パック

青いA4サイズぐらいの箱で届きました。佐川急便からの発送でした。

中を開けてみると、お礼状もありました。わずか3,000円なのに、いろいろとありがとうございます。

米子市ふるさと納税お礼状

確定申告に必要な「寄付金受領証明書」は後日送られてくるそうです。私が申し込んだのは、11月なので、翌年の1月に届きますね。

寄付金受領証明書は確定申告の時に必要になるので、届いたら大事に保管しておきましょう。

寄付金受領証明書の案内

いよいよ中身です!箱を開封するとこのようになっていました。現物よりもお食事券などの金券系が多かったです。

米子市ふるさと納税特典の中身

特典の詳細

米子市民体験パックの中身は以下の通りです。かなり多いですよ。

  • 丸京「栗入りどらやき」5個パック
  • ながた茶舗 緑茶「大山みどり」500ml 1本
  • 米子市水道局「よなごの水」500ml 1本
  • 四季と酒の蔵 稲田屋「1,000円分お食事券」
  • 山陰海鮮炉端かば「1,000円分お食事券」
  • 進製作所「紫根フェイシャルマスク(1回分)」
  • 白鳳の里特典チケット
  • 米子水鳥公園無料入館券(同行者も無料)
  • 弓ヶ浜荘「日帰りプラン500円(宿泊プラン1,000円)割引券」
  • お菓子の壽城「栃の実茶」125グラム 1本
  • アレンジ(株)『白ねぎだし入り醤油「白葱露(はくそうろ)」お試し品』
  • ヨネギーズセロテープ

以上12点となります。そう、12点も入っているのです。よく見るとお分かりいただけると思いますが、金券だけで3,000円分あります。これだけで十分元が取れてますよね(使うことが前提ですが)。

これから米子市に旅行に行きたくなるようなセットとなっています。今年、出雲に行くときに米子で行きも帰りも降りたのですが、このふるさと納税をきっかけに見てみたいところが増えました。

他の市町村もふるさと納税あるよ

今回紹介したのは米子市だけですが、ふるさと納税は全国の市町村でできます。特典がある市町村も多いので、自分が欲しいと思う特典がある市町村を選んでふるさと納税するのもいいですよ。

節税・社会貢献になった上に、いろいろと特典がもらえますからね。

ふるさと納税については、「ふるさとチョイス」というサイトが参考になります。

申込から届くまでの期間

米子市のふるさと納税に申し込んだのが2013/11/16(土)でした。銀行振込で申し込んだので、実際に振り込まれたのは次の営業日である18日です。そこから7日後には特典の発送が終わり、26日の午前10時頃に到着しました。

もう少し時間が掛かるものだと思っていたので、驚きました。役所の仕事も早い時は早いんですね。

年末に向けて節税対策してみては?

ふるさと納税すると、節税になります。少しでも支払う税金を減らしたいという方や、ほとんど経費がなく、手取りがそのまま所得になってしまうサラリーマンは、ふるさと納税がおすすめです。

自分で確定申告する必要がありますが、その壁さえ超えてしまえば、とても簡単ですよ。

ふるさと納税の仕組みを知るなら、以下のページも合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る