マネックス証券での投資信託積立キャンペーン申込み手順

スポンサーリンク

ネット証券会社のマネックス証券では、何に数回ぐらい不定期に投資信託積立キャンペーンを行っています。

投資信託積立キャンペーンとは?

この投資信託積立キャンペーンとは、期間内に対象の投資信託に積立て設定&買い付けした金額に応じて、後日現金がマネックス証券の口座にプラスされるものです。

私自身、これまで何度も参加して、口座にキャンペーンの金額が振り込まれていました。ありがたいですね。

よくある積立てキャンペーンは、月に1,000円〜50,000円までの積立て設定で、100円〜1,000円がもらえるようなものです。

キャンペーン概要の例

ここでは、この記事を書いているタイミングで開催されているキャンペーンを元に例を説明していきます。

1つのキャンペーンを例にしていますが、過去のキャンペーンも似たようなもので、今後もしばらくは不定期に同様のキャンペーンが続くものだと思っています。なので、汎用的に使える話だと思っていただければ幸いです。

SMTシリーズ 積立キャンペーン もれなく最大1 000円プレゼント 2013年11月19日 マネックス証券 2

上の画像は、2013/11/19〜2013/12/18まで行われているキャンペーンです。

この期間内に積み立て設定したあと、2013/12/19〜2014/1/20に約定(買い付け)するようにしておくことで、積み立て設定した金額に応じたプレゼントがもらえます。

ここで狙うのは当然50,000円の積み立てで1,000円です。

どのファンドに積み立てればいいの?

ここで気になるのが、どのファンドに積み立て設定するのか?ですよね。

いくつかキャンペーン対象となっているファンドがありますが、パッと見てどれが何なのか分からないと思います。詳しい人の方が稀です。

今回のキャンペーンだと、頭に「SMT」という名前がついています。その左側に「国内株式」「先進国株式」などといったのが書かれていますよね。ファンド名はこの左にある国内株式の相場と連動したものです。

国内株式のファンド「SMT TOPIXインデックス・オープン」だと、TOPIXの数値に連動した結果になります。

いよいよ本題。

どのファンドを選ぶのかですよね。答えは「国内債券」に連動したファンドを選ぶことです。今回のキャンペーンの場合だと「SMT 国内債券インデックス・オープン」です。

国内債券に連動したファンドは値動きが小さく、長い目で見れば、価値が上がっていくからです。過去の参加した同様のキャンペーンでは微々たる額の値動きでした。

積み立て手順

国内債券に連動したファンドを選ぶのは分かったけど、どうやって投資信託の積み立てをすればいいの?という疑問が出てくると思います。

それをここから説明していきます。

前提条件

積み立てするために資金が必要です。今回は50,000円積み立てするので、最低でも50,000円準備しましょう。

リアルタイム入金などを利用して、手数料を掛けずにマネックス証券に入金します。

国内債券を探して、積み立て設定

入金が終われば、キャンペーン対象となる国内債券型のファンドを探します。

無事見つけることができれば、いよいよ積み立て設定を行います。積み立て設定画面はこんな感じですね。

毎月の買い付け日は、キャンペーンの約定対象期間になるようにしてください。これだけ注意が必要です。
投資信託 自動つみたて申込 マネックス証券

確認画面で問題なければ「実行する」ボタンを押しましょう。
投資信託 自動つみたて申込 マネックス証券 2

これで積み立て設定は完了です。買い付け日になれば、勝手に投資信託が約定します。

投資信託 自動つみたて 申込受付確認 マネックス証券

エントリーを忘れずに

キャンペーンによっては、エントリーが必要なこともあるので、キャンペーンのページを熟読しておきましょう。

エントリーは大きなボタンがあるので、すぐに分かると思います。エントリーしておかないと、これまで行った設定でプレゼントがもらえません。

キャンペーンへのエントリー画面はこんな感じ。
お申込み入力フォーム マネックス証券

キャンペーンエントリー完了画面はこんな感じ。
勉強会 セミナー 講演会 等 申込受付結果 マネックス証券

1か月後:積み立て設定の解約

これで後日キャンペーンの額である1,000円を口座に振り込んでもらえます。

設定は十分なのですが、もう1つだけやっておくことがあります。

これまで行った手順は、”毎月”一定額を投資信託に積み立てるものです。このまま毎月同じ金額積み立てるのであれば、そのままでもいいですけど、ほとんどの場合はキャンペーンのプレゼント目当てだと思います。

そのため、積み立て設定した投資信託が約定したら、毎月の積み立て設定は解除しておきましょう。これをしておかないと、毎月設定した金額分、投資信託に積み立てていくことになります。
投資信託 投信積立 申込内容の一覧 照会 マネックス証券

1度約定すればOKなので、約定後は積み立て設定を解除します。上の画像の右下にある「取消」ボタンから、積み立て設定を解除できますよ。

忘れないようにするには、スケジュール帳にメモしておくか、カレンダーのアプリにメモしておくかいずれかの手続きをすればOKです。自分が普段見る習慣のあるものにメモしておくのが忘れないコツです。

私はこうやって毎回美味しい思いをしています。

文章と画像で説明すると長くて、面倒に見えるかもしれませんね。でも、実際にやってみるとすぐにできることで、こんなのでお金増えていいんですか?と思うはず。

それぐらい美味しいキャンペーンなので、やらない手はないかと。

マネックス証券の無料口座開設はこちらから行うことができます

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る