国民年金・国民健康保険料の負担が大きすぎるなら、減免・免除できないか問い合わせしてみよう

松本 博樹の画像

フリーランスになったため、嫌でも税金のことを考えさせられます。
税金は国にとっては必要だけど、できることなら払いたくないというのが本音ではないでしょうか?

仕事を辞めた後、大量に税金の請求が来て困っています。
国民年金、国民健康保険、住民税。

どれもこれも10万円の単位で請求してきます。
正直、こんな請求が来たらかなり生活に困ります。

ちょっと待ってください!

国は法外な請求をしてきますが、しっかりと助け舟も出してくれます。
例えば、前年度から急激に所得が減った場合は市役所に相談に行けば、
減免もしくは免除してもらえます。

泣き寝入りせずに相談に行くだけで、年間数万円~10数万円変わってくることもあります。
税金に困っている方は一度、住民票に登録してある市役所に相談に行くことを激しく勧めます。

相談は心のケアにも

市役所に相談に行くと職員が怖そう!というイメージがあるかもしれません。
私も行くまではそうでした。
実際行ってみると、職員の人は割と親身になって相談に乗ってくれますし、
こちらの事情をわかってくれます。
こういうのは精神的にもかなりホッとできますよ。

相手もまた普通の人だということを忘れなければ、それほど恐れる必要はありませんよ(^^)
私は国民年金を免除、国民健康保険を減免していただけました。

参考:国民年金の免除・減免申請は7月に行いましょう

基本的な節約術かもしれませんが、
知らない方もいるかもしれないので、
ここで知っていただき活用していただければ嬉しく思います。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール