2019年お盆の期間はいつからいつまで?お盆休みは最大で9連休が可能!飛行機・新幹線は早めの予約を

スポンサーリンク

夏が近づいてくると、考えるのはお盆休みのことではないでしょうか。

年に数回の長期休暇となれば、帰省や旅行に行くチャンス。
子どもにとっては、夏休みにおじいちゃんやおばあちゃん、親戚と遊ぶ機会にもなりますよね。

そんなお盆ですが、「2019年はいつからいつまでなのか」「今年は何連休になるのか」と気になりませんか?

あらかじめ時期をチェックしておけば、お盆休みの計画が立てやすくなりますよ!

このページでは、気になるお盆の時期や、お盆に向けて準備しておきたいことを詳しく紹介していきますね。

お盆の期間はいつからいつまで?予約や準備は早めに

そもそもお盆とは?

お盆は、日本にしかないこの国独自の風習です。
先祖を供養する行事と仏教がいつしか混ざったもので、かつては旧暦の7月15日に行われていました。

明治6年の新暦採用以降は、新暦の7月15日もしくは8月15日を中心として、お盆行事が行われるようになりましたよ。(時期は地域により異なる)

お盆の時期には先祖の霊が帰ってくるといわれ、ご先祖さまや亡くなった人の霊をなぐさめるため、お墓参りをするのが一般的です。

お盆は一般的に、13日〜16日までの4日間。
初日は「盆の入り」、最終日は「盆明け」、そして真ん中の14日を「中日(ちゅうにち)」といいます。

お盆の時期は地域によって異なる

関東では一般的に7月がお盆というイメージがありますが、じつは地域によってお盆の時期は異なります。

7月にお盆があるのは関東の一部・北海道函館・石川県金沢など。
8月にお盆があるのは、沖縄をのぞくそれ以外の地域です。

ただ、一般的な「お盆休み」は8月のお盆に合わせてあることが多いですよ。

お盆の過ごしかた

お盆といえばお墓参りのイメージがありますが、「迎え火」「送り火」の風習も地域によっては残っていますね。

「迎え火」は、ご先祖さまの霊が迷わないようお迎えするもの。
盆の入りの7月・8月いずれかの13日に焚きます。

一方、「送り火」はお盆の中日に行います。
7月・8月いずれかの14日の夕方に送り火を焚いて、ご先祖さまの霊を送り出すんですね。

有名な送り火としては、京都の「大文字焼き」があります。

地域によっては、盆踊りや灯籠(とうろう)流しを行うところもありますね。

2019年のお盆の時期

それでは、2019年のお盆の時期について見ていきましょう。
ここでは全国的に多い8月のお盆を前提にしています。

カレンダーを見ると、2019年のお盆は以下の通り。

  • 2019年8月10日(土)〜2019年8月18日(日)

土曜日から始まることで2019年のお盆は例年よりも長くなりますね。

8月11日は「山の日」で祝日なのですが、2018年は土曜日と重なってしまいましたね。

一般的な企業のお盆休みは、8月13日から16日の4日間ですが、この時期が平日になるため、9連休にできそうです。

銀行・郵便局などの行政サービスはカレンダー通り

世の中がお休みモードになると、銀行や郵便局が使えるかどうか心配になりますよね。

銀行や郵便局などの行政機関は、カレンダー通りのお休みです。
お盆は祝日ではなく、2019年の場合は火曜〜金曜日ですので、行政サービスの休日とは重なりません。

もし8月10日から休みを取る場合は土日に重なってしまうので、お盆休みに使うお金はあらかじめ引き出しておきましょう。

とはいえ、ATM窓口は混雑しやすいため、コンビニのATMで手軽にお金をおろせるネット銀行を利用するのがおすすめです。

ネット銀行なら手数料無料にできる場合も多いですよ。

お盆に旅行に行くなら早めの準備を

お盆は、正月・ゴールデンウィーク同様、長期連休がとれるチャンスです。

この期間に、実家への帰省や旅行をしたいと思うのではないでしょうか。

実家など泊まるアテがあるのならいいですが、そうでない場合は早めに行き先を決め、宿泊先を押さえておくことが大切。

どうしても予約がとりにくくなったり、いい部屋から埋まっていったりするので、宿泊予約サイトを活用するのがおすすめですよ。

飛行機を使うなら予約は早めに!

ANAやJALといった飛行機を使う場合、予約する日が早いほど料金が割引になります。

また、席も早い者勝ち。
埋まってしまえば別の便を利用することになります。

そうならないためにも、帰省や旅行の予定が決まった時点で予約を済ませておきましょう。

新幹線もあらかじめ予約しておこう

帰省や旅行には新幹線を使いたいという場合は、飛行機同様あらかじめ予約しておくのがおすすめです。

毎年、ニュースで乗車率100%を超え、ぎゅうぎゅう詰めになっている様子が流れますよね…。
なるべくなら座ってゆっくりと移動したいもの。

また、新幹線の予約がとれないと、そもそも移動がとても大変になります。

お盆は繁忙期にあたり、普段より料金が高くなるため、割引になる方法もチェックしておくといいですよ。

さいごに

お盆の帰省ラッシュは、毎年ニュースで話題になりますよね。

多くの人と休みが重なってしまうことは避けられませんので、早めの準備が肝心です。

繰り返しますが、2019年のお盆は8月10日から18日まで。
比較的9連休にしやすいと思います。

今年のお盆の時期をしっかりと把握し、旅行の計画を早めに立てて、お盆を満喫できるようにしておきましょう!

おまけ:他の大型連休はいつ?

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

秋田県出身・在住のwebライター。 北秋田の情報ブログ「コトノタネ」の運営&「OMIYA!」でおみやげ情報をおとどけしています。 お出かけ・食べあるきが趣味なので、レジャーや外食をおトクにするワザや、日常に使えるネタを発信していきたいです!

執筆メンバの一覧を見る