ふくさの包み方・ふくさで包むときのマナー・シーン別におすすめなふくさの選び方について徹底解説

スポンサーリンク

ご祝儀や香典を渡す際、ふくさ(袱紗)に包んで持ち歩くのがマナーとされていますよね。
慶事や弔事には欠かせない存在でもあります。

ふくさといっても、種類や形はさまざま。
シーンごとに適するふくさが異なるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。

事前にふくさの包み方やマナーを知っておくと、いざというとき役に立ちますよ。

今回は、ふくさの包み方や包むときのマナー、シーン別におすすめなふくさの選び方について説明していきます。

ふくさの包み方・マナー・シーン別の選び方

ふくさの種類について

ふくさは、ご祝儀や香典などを包むもの。
ご祝儀や香典などをむき出しのまま渡すのは、マナー的にもあまり好ましくありません。

大人になると慶事や弔事に出る機会も増えるので、ふくさをひとつは持っておくと安心です。

主に、ふくさのタイプは2種類に分かれます。

  • 風呂敷タイプ
  • ポケットタイプ

風呂敷タイプは、昔ながらのふくさですね。
こちらは自分で包まなければいけないので、慣れないうちは少々手間取ります。

ポケットタイプは、ブックカバーのような形をしていますよ。
包み方を気にすることなく、さっと出し入れしやすいので人気なタイプのふくさです。

ちなみに、ふくさの色によって意味が異なりますよ。
慶事と弔事、どちらに使うかによっても適切なふくさの色が変わってきます。

主に、慶事に適するふくさの色は以下の通り。

  • ピンク

基本的に暖色系が好まれる傾向にありますね。
お祝いごとなので、ふくさの色も明るめのものを選びましょう。

また、弔事に適したふくさの色は、以下の通りです。

  • グレー

こちらは弔事用なので、地味な色合いのものが好まれます。
慶事なら暖色系、弔事なら寒色系のふくさを選ぶように意識しましょう。

ちなみに、紫色は慶事・弔事どちらにも通用する色合いなので、迷ったときにおすすめです。

ふくさの包み方・種類について

ふくさには、主に2種類の包み方があります。
慶事か弔事、どちらに持参するかによって包み方がちがってきますよ。

風呂敷タイプのふくさを使う場合、自分で包まなければいけないので、包み方を覚えておきましょう。

慶事・弔事、それぞれに適したふくさの包み方は、以下の通り。

  • 慶事…右開きになるように包む
  • 弔事…左開きになるように包む

慶事と弔事で、開くときの向きが異なるので気をつけましょう。

まず、慶事用にふくさで包む場合、以下の流れになります。

  1. ふくさをひし形(◇)に広げる
  2. 中心より左にご祝儀をおく
  3. 左側を中に折り込む
  4. 上部分を中に折り込む
  5. 下部分を中に折り込む
  6. 右側を中に折り込む
  7. あまった部分は裏へと折り返す

こうすることで、右開きになるように包めますよ。
ご祝儀やお見舞い金を包む場合は、この包み方が基本となります。

ちなみに、弔事用にふくさで包む場合は、以下の通り。

  1. ふくさをひし形(◇)に広げる
  2. 中心より右に香典をおく
  3. 右側を中に折り込む
  4. 下部分を中に折り込む
  5. 上部分を中に折り込む
  6. 左側を中に折り込む
  7. あまった部分は裏へと折り返す

香典を包む場合は、この包み方が基本となります。

シーン別のふくさの選び方

ふくさの包み方の種類がわかったところで、実際にどんなものを選べば良いのか?という部分が気になりますよね。

ここからは、利用するシーン別におすすめなふくさの選び方について説明していきます。

結婚祝い(ご祝儀)

結婚祝いなどの慶事におすすめなのは、暖色系のふくさ。
赤・ピンク・黄など、お祝いごとにふさわしい色合いが好まれます。

和柄のものが多いですが、奇抜すぎなければ、好きなデザインのものを選んで大丈夫ですよ。

素材も、場違いなほどきらびやかなものでなければ、自由に選んでもらってOK。

結婚式で着ていく服と合わせて、コーディネートしてみるのも面白いですね。

香典

香典など弔事におすすめなのは、寒色系のふくさ。
紺・緑・グレーなど、地味な色合いのものが適しています。

利用する場面的に、デザインなども落ち着いた印象のものを選びましょう。

シンプルな紫色のふくさを持っておくと、慶事・弔事と共通で使えるので便利ですよ。

ふくさの入手方法について

それぞれのシーンごとに適切なふくさがわかったところで、「どこでふくさを入手すれば良いのか?」という点も気になると思います。

百貨店や呉服屋へ行くと、比較的ふくさは手に入りやすいです。
また、和雑貨を取り扱っているお店などでもふくさは入手できますよ。

ほかにも、以下のようなところで入手できます。

忙しくて買いに行く暇がないとき、ネットだと手配が簡単なので便利ですね。

ふくさについての注意点

ふくさの色合いによっては、意味がちがってくるので注意しましょう。

お祝いごとに使うのであれば、暖色系のものを。
弔事に使うのであれば、寒色系で地味めなデザインのものを。

紫色は慶事・弔事どちらでも通用するので、ひとつ持っておいても損はありませんね。

ふくさの包み方がよくわからない場合は、すでに形になっているポケットタイプのふくさを選ぶのも良いでしょう。

ご祝儀や香典を渡すときも、むき出しにせず、ふくさの上に乗せたまま渡すのがマナーです。
折りたたんだふくさの上にご祝儀や香典を乗せ、表書きが相手側にとって正面になるように渡しましょう。

ちなみに、渡す場面によってはふくさがいらないこともあります。

一般的に、ふくさがいらないとされる場面は以下の通り。

また、カジュアルな結婚式に招待されたときも、ふくさがいらない場合があります。

基本的に、目上の方がいらっしゃるときはふくさに入れて持ち歩いたほうが、丁寧な印象を与えることができますよ。

そこまで堅苦しく考えず、大人のたしなみとして意識してみてくださいね。

さいごに

ふくさの包み方や種類、選び方について説明してきましたが、あまり難しく考えなくても大丈夫です。

もしも心配という場合は、すでに形になっているタイプのふくさも市販であるので、そういったものを利用しましょう。

一応、知識として知っておくといざというときに備えられるので便利ですよ。

あまり難しく考えず、マナーを意識してふくさ選びをしてみてくださいね。

おまけ:ほかのお祝いマナーについて知りたい場合

このページでは、ふくさの包み方や選び方について詳しく説明しました。

ほかの慶事・弔事マナーについて知りたい場合は、こちらもあわせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る