結婚祝いの相場・結婚祝いにおすすめの品物・渡すときのマナーを徹底解説

スポンサーリンク

親戚や友人が結婚した際に、結婚祝いを贈りたいと考えることがありますよね。

親しい仲であるならなおのこと、気持ちを贈りたいと思うものではないでしょうか。
結婚祝いとしてご祝儀とは別に、品物を贈る場合もあると思います。

ただ、どんなものを贈ればよいのか、値段としてはどれぐらいが適切なのか?という部分が気になってきますよね。

今回は、結婚祝いの相場や結婚祝いに向いている品物、渡すときのマナーについて説明していきますね。

結婚祝いの相場・おすすめの品物・渡す時のマナー

結婚祝いの相場

まず、結婚祝いを贈る場合、どれぐらいの価格のものを贈ればいいのか迷うと思います。
贈る相手との関係性によっても、相場はちがってきますよね。

基本的な結婚祝いの相場は、以下の通り。

  • 友人や知人に渡す場合:1万円
  • 親から子どもに渡す場合:3万円

あくまでも相場は相場なので、必ずしもこの値段でなければいけないということはありませんよ。

目安程度に考えてみてくださいね。

結婚祝いにおすすめの品物

結婚祝いの相場がわかったところで、次にどんな品物を贈ればいいのか気になりますよね。

いろいろ種類もありますが、結婚祝いにおすすめな品物は以下の通り。

  • 食器
  • 小物
  • タオル
  • 電化製品
  • カタログ
  • 商品券
  • 現金

ここからはそれぞれの品物ごとに、おすすめな理由を紹介していきますね。

食器・小物・タオルなどの日用品

食器や小物、タオルなどの日用品は、新生活に欠かせないもの。
新郎新婦の新たな新生活を祝うものとして、結婚祝いにぴったりです。

結婚祝いに適した食器や小物、タオルなどは以下のところで手配できますよ。

オシャレでセンスの良い贈り物がそろっている、AfternoonTea(アフタヌーンティー)を利用するのも良いですね。

アフタヌーンティーで買い物をすると、10,800円以上は送料無料になるので贈る側としても魅力的。
また、アフタヌーンティーでは値段別にギフト選びができるので、目当てのものを探しやすいですよ。

シンプルでオシャレな品物が多いので、新生活をはじめる二人にぴったりです。

電化製品

新生活をはじめる二人にとって、電化製品は欠かせないもの。
暮らしを豊かにしてくれる電化製品なども、結婚祝いにぴったりです。

もし、結婚祝いに電化製品を贈りたい場合は、事前に何が欲しいのかリサーチしておくのも大切。
すでに持っているものを贈らないように、配慮して贈りましょう。

なかなか自分では買わないような、少し贅沢でセンスのよい贈り物だとよろこばれますよ。

電化製品は、以下のようなところでも購入できます。

重たい電化製品も、ネットで手配すれば配送も行ってくれるので便利ですね。

カタログ

結婚祝いに何を贈ればいいのかわからない場合、カタログギフトを贈るのもよいでしょう。

カタログの場合、贈った相手の好みに合わせて自由にものが選べます。
贈る相手が好きなものや、なにを必要としているかわからないという場合は、カタログを贈ると安心です。

しかも値段別に選べるので、結婚祝いの相場に合わせたカタログ選びができますよ。

カタログギフトは、以下のようなところで手配できます。

ネットで手配できる上、配送もしてくれるため、結婚祝いを贈る側としてもうれしいですね。

商品券

結婚祝いに商品券を贈るのもおすすめです。

こちらもカタログ同様、相手の好きなものを買えるというのが魅力的。
商品券なら額面の種類も豊富なので、相場に合わせて贈ることができます。

中でも、結婚祝いに向いている商品券は、以下の通り。

JCBギフトカードやVJAギフトカードは使えるお店も多いので、使い勝手のいいギフトカードです。

新生活をはじめる二人が旅行好きなら、ANA旅行券をプレゼントして新婚旅行に生かしてもらうのもいいですね。

よくイオンを利用するのであればイオン商品券、Amazonでよく買い物するのであればAmazonギフト券など、生活スタイルに合わせたものを贈るのがおすすめです。

現金

結婚祝いとして、ご祝儀とは別に現金を贈る場合もあると思います。

ただ、結婚祝いを贈る相手との関係性によっては、受け取りづらさを感じさせてしまうことも。
日用品やカタログ、商品券などを贈ったほうがお互いに気をつかわずに済みますよ。

どうしても結婚祝いとして現金を贈る場合は、4や9といった金額を避けるようにしましょう。

また、結婚祝いで現金を贈るときも、新札で贈るのが一般的。
相場としては、結婚祝いとしてご祝儀を贈るときの金額を参考にしてみてくださいね。

結婚祝いを贈る場合のしはどうする?

結婚祝いを贈る際、のしはつけるのかどうかという部分も気になりますよね。

基本的には、結婚祝いを贈るときにものしが必要です。

紅白の結びきりの水引がついたのしを用意しましょう。

▼表書きは、「寿」「御祝」と書きます。

結婚祝い のし

水引きの下段には、自分の名前を書いて贈りましょう。

ちなみに、ネットで結婚祝いを手配する場合は、のし付きのサービスを行っているところがほとんど。

メッセージを添えられる場合もあるので、ぜひ結婚祝いの言葉と一緒に贈ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

結婚祝いを渡す時期やマナーについて

結婚祝いを渡す時期としては、結婚式前に贈るのが一般的。

あまりに直前すぎると忙しくなるので、結婚式の1ヶ月前ぐらいが適切ですね。

自宅に持参してもいいのですが、配送したほうがお互いに気を使わずに済みますよ。
結婚式当日に渡すのは、荷物を増やすことにつながるので控えましょう。

もし、結婚式には呼ばれていないというのであれば、挙式後1~2週間あたりに贈るのが目安。

この場合、結婚式前に贈ってしまうとかえって気を使わせてしまうので、挙式後に贈るようにしましょう。

結婚祝いを渡す際の注意点

せっかく結婚祝いを渡すのであれば、マナーについても知っておきたいところ。

たとえば、ハサミや包丁などの刃物は縁を切るというイメージがあるので、控えたほうが良いとされています。

食器を渡す場合は、4や6などの割り切れる数字を避け、ペアか奇数で贈るのがおすすめ。

結婚祝いとして贈る場合、末広がりの8という数字を意識して贈るのも良いですよ。

ただ、新郎新婦から直接リクエストを受けている場合は、そこまで意識しなくても大丈夫です。

結婚祝いはあくまでも、新生活をはじめる二人にあてたもの。
新郎新婦が納得している品物であれば、快く贈ってあげましょう。

さいごに

結婚祝いの相場や渡すときのマナーについて説明してきましたが、あまり難しく考えることはありません。

あくまでも、相手がよろこんでくれるものを贈る、という気持ちを大切にして選びましょう。

相手の好みがわからない場合は、商品券やカタログを贈っておくのが無難です。

二人の新しい生活を祝う気持ちを大切に、結婚祝いを選んでみてくださいね。

おまけ:ほかのお祝いの相場やマナーについて知りたい場合

このページでは、結婚祝いに特化してお祝いの相場やマナーについて説明しました。

ほかのお祝いの相場やマナーについて知りたい場合は、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る