スマホ用ソーラー充電器のメリットとデメリット・Amazonベストセラー商品を使った感想

スポンサーリンク

「せっかくモバイルバッテリーを持ち歩いていたのに、充電したいときに電池残量がゼロになっていた」ということはありませんか?

私はあります・・・。
出先で充電池がただの文鎮になった瞬間が・・・。

そこで対策を考えて導き出したのが「天日干ししておけば、充電完了!」というソーラー充電器

このページでは、ソーラー充電器を使ってみた感想を紹介しますね。

ソーラー充電器を持つメリットとデメリット

小型のソーラーパネル付き充電器は、普段の生活以外にも災害時やアウトドアでも使えます。
ひとつ持っておけば安心ですね。

ただ、晴天であれば安定して充電できるソーラーパネルも、晴れていないと充電がうまく進まず、雨の日や夜、室内では役に立ちません。

また、蓄電速度も速くはなく、晴天時にA4サイズの太陽パネルを使ってもスマホのフル充電に1日かかるくらい。

心配なのでできれば、USBなどでも充電できる端子がある機種を選びたいものですね。

普段はあまりソーラー機能を当てにしすぎず、直射日光が当たるところに置きっぱなしにできる機会があるときは補助的に使う、というくらいがちょうどよさそうです。

同じエコな充電器として「手まわし発電機」などもありますが、5分から10分回さなくてはならないのは結構疲れるものです。

もし災害時に使うとしたら、手回しで発電するのは体力を消耗しますし、音が気になり、周りに迷惑をかける可能性もあります。

「それなら太陽光で充電できるものを買ったほうがいいかな」と考えました。

大容量で頼もしい!初めてのソーラー充電器 おすすめ機種

「いつかソーラー機能がある充電器が欲しい」とは思っていたけれど、「機能的にどうなの?」「太陽光で充電するにも、ソーラーパネルがおもちゃみたいに小さ過ぎない?」と不安で、これまでずっと購入意欲が湧きませんでした。

でも先日開催されていたAmazonのキャンペーン「サイバーマンデー」でとても安くなっていて、魔が差したというか、ふと「買ってみようかな」と思ったのです。

Amazonでもベストセラーになっていたので、「きっと大丈夫」と背中を押されました。

参考:RuiPu ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 24000mah大容量 電源充電可 QuickCharge急速充電対応 3USB出力ポート(2A+2A+1A) 二個LEDランプ搭載 太陽エネルギーパネル電池充電器 災害と外出に対応 (Red)

レビューを見ると、同じようなことが書いてありました。

「充電スピードが速い」「でも少し重い」「少し大きめ」とのこと。

スペック的には容量は24000mAhで、3つのUSB出力ポートがあり、LEDランプ付き。

なお、スマートフォンの電池容量を表す単位は「mAh(ミリアンペアアワー)」です。

モバイルバッテリーの容量は、10,000mAhあれば3回前後充電ができると言われています。このソーラー充電器の場合は、7回程度充電できることになりますね。

「ソーラーだけで充電するには、速度もパワーも頼りないかも」と心配な場合でも、USBケーブルが付属しているのでそこは安心です。

ノートパソコンからも充電できるので、旅行中等でも不安になることはありません。

3つのUSBポートの内、2つは2Aの急速充電に対応しています。2つのLEDランプも搭載されているので、暗くなったときも手元を照らしてくれます。

実際に使ってみました

到着して、梱包を解いた姿がこちらです。

バッテリーを開封してみた様子

本体の隣にあるのは、小さな扇風機。回してみたところ何というか・・・。

飛ばないタケコプターという感じでしょうか?

家族からは「なぜこんな明後日の方向を涼しくしようとしてるの?」「充電器本体が重いから、これ持って涼むよりうちわで仰いだ方がいいよね?」「スタンドがないと使えないね。あっても全然違う方向を涼しくしてるんだね」と大変不評でした。

動作確認用に、おまけとしてついているくらいの感覚でいるのがよいでしょう・・・。

扇風機

見た目的には完全にタケコプターですよね。

一方LEDライト機能はどうでしょう。

灯し方は簡単。電源ボタンを2度押しするだけです。
明るいところではありますが、こんな感じに光りました。

付属のLEDライト機能

「えっ?」と思うような小さな光です。でも意外と光量があるのか、暗い部屋を照らすとほんのり明るくなりました。

停電のときの電気代わりにはなりませんが、ちょっとした探し物をしたり、手元を照らすのにはよさそうです。

実際に充電してみて、機能を試してみたのですが、Kindle PaperwhiteとBluetoothのイヤフォンを一気に充電できました。

充電中の様子

折りたたみ式ワイヤレスキーボードもICレコーダーもFireも充電できましたよ。

ワイヤレスキーボードを充電中

もちろんスマートウォッチも充電可能。
30分で満充電されました。速いです!

試しに夫と私のiPhoneを一気に充電してみましたが、クリアしてくれました。

私のMacBook Proは古い機種なので試すことができませんでしたが、2016年以降に発売されたMacBook Proも充電できるそうです。

「いつかMacを買い換えたときに使える!」とわかったことと、「今もとにかくタブレット端末までは充電できる」と知り、肝心な充電機能が充分使えそうでほっとしました。

実際に持ち歩きしてみて思ったこと まとめ

実際に持ち歩いてみると、508gだというその重さは「地味にちょっとだけつらい」といった感じです。

普段なるべく荷物の軽量化を考えているからそう思うのかもしれませんが、男性なら気にならないかもしれませんね。

車移動のときや、アウトドアなどのレジャーのときには便利だろうと思います。

友達の分の携帯も一緒に充電できますし、バーベキューなどの時にもテーブルに置いておくだけで充電できるのは心強いです。

駐車場にそっと置いておいても、ベランダで洗濯物と一緒に干しておいてもいいでしょう。

何より「災害時にも使える」というのが、こんなに安心感を感じられるとは思いませんでした。

届くまでは正直「無駄な買い物になるかな?」と若干の不安もありましたが、USBと併用すれば頼もしさ倍増のこの大容量バッテリー。購入して本当によかったです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森山愛美夏

CM音楽、作詞作曲、歌手、翻訳、ライター、料理講師。 卵乳アレルギーの8歳と1歳の母。出産を機に自分も同じアレルギーを持っていたと知り、卵乳製品を使わない料理やマクロビオティックを実践。中医学(薬膳)も学ぶほぼベジタリアン。作詞作曲業、執筆業のかたわら、さまざまな自然酵母のパンと焼き菓子、妊娠出産授乳期の食事、菜食と肉食ごはんの同時レシピ、アレルギー対応食などを専門としている。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!