DIYの参考になるECやDIYのコツを学べるwebサイト14選

立花 実咲の画像

こんにちは、「灯台もと暮らし」編集部の立花です。

最近、DIYやリノベーションの材料を買うためのサイトや参考になるブログなどを見まくっています。

「机を作る」とか「棚を作る」という、ピンポイントの創作なら特に難しくないのですが、部屋全体のレイアウトだったり、用途に合わせた上質なものを自分で作るとなると、いろいろな視点でDIYの方法を考えなくてはなりません。

そんなとき、DIY系のウェブサイトはとても勉強になります。

そこで、現時点でわたしが参考にしているサイトをご紹介。調べている最中なので、これからもっと増えるかもしれません。

DIYに役立つリンク集

(1) 壁紙屋本舗

とにかく品数がいっぱい! そしてそれらの多くが「貼ってはがせる」壁紙だというのも、DIY初心者に嬉しいポイントの「壁紙屋本舗」さん。

自分のイメージに近い壁紙が一つは見つかると思います。眺めているだけで目移りしちゃうサイトです。

壁紙を貼る作業をやったことがない場合や、写真を見るだけじゃイメージがわかないという方は、初心者用の練習キットを買ってみるといいかもしれません。

また、サンプルも物によっては1枚40円ほどで取り寄せもできますので、急に使いたい分だけ買い込むのではなく、まずは質感や色味を確認することをオススメします。

(2) NIPPE HOME ONLINE(ニッペホームオンライン)

nippe-home-online

塗料に特化したECサイト「NIPPE HOME ONLINE」は、DIY初心者でもお目当ての商品にたどり着きやすいデザインになっていると感じます。

DIYを始めたばかりだったり、わたしのようにたくさん知識がない人にとっては、塗料のブランドよりも用途と価格が重要なんですよね。

そういうニーズに合わせたカテゴリ分けをされているので、とても見やすく感じました。

掲載されている塗料も安いものも豊富なので、初心者が塗料を一覧で学んだり選んだりするには、ぴったりかもしれません。

(3) ターナー色彩株式会社

女性向けDIYブームを盛り上げるのに、火付け役とも言えるターナー色彩株式会社さん。

インスタグラムでも使用例やワークショップなどの様子を投稿していますが、圧倒的に女性率が高い! パッケージのかわいさも理由の一つかもしれませんね。

. ?ミルクペイントクラブ開催のお知らせ? . 【中級編】 ダストメディウムとプラスターメディウムの使い方を中心に講習します◎ ミルクペイント初心者の方から、詳しいテクニックを学びたい方まで、みなさまのご参加をお待ちしております◎ . ◾︎ミルクペイントクラブ大阪〜中級編〜 3月24日(土)14:00〜16:00 場所:ターナー色彩 大阪本社 . . ※詳しい場所や講習料などはPaint DIY marketサイトのDIYアカデミー講座案内をご覧ください。お申し込みもこちらのページから可能です。 ※定員に達し次第締め切りますのでお早めにお申込みください #ターナー #ターナー色彩 #ミルクペイント #ミルクペイントforガーデン #ワークショップ #ワークショップイベント #ペイント #ペイントdiy #diy女子 #diy男子 #ターナーカラースパイス #カラースパイス #ハンドメイド #ミルクペイントブラシ

ターナー色彩 オールドウッドワックス&ガラスペイント新発売!さん(@turners_milkpaint_official)がシェアした投稿 –

塗料だけでなく、錆つきや経年劣化のような加工が、手軽にできるのも人気の秘密だと感じます。

塗料一つでバリエーション豊富に加工ができるのは、DIY初心者にとってはうれしいですね!

(4) DIYer(s)(ディーアイワイヤーズ)

DIYer(s)(ディーアイワイヤーズ)」というサイトでは、DIYの実例やちょっとしたコツなどの情報が豊富にアーカイブされています。

diyer

このサイトで個人的に一番見るところは、お店検索! DIYに必要なアイテムや材料を販売しているお店を検索することができるんです。

ありそうでないこのサービス、とてもありがたい・・・のですがまだ北海道のお店が載ってないのだけ、残念!

(5) LIMIA(リミア)

limia

100円均一などプチプラな材料で、可愛くDIYしたい人にとってはうってつけの「LIMIA(リミア)」。

どちらかというと暮らしのお役立ち情報がまとまっているサイト、という印象が強いですが実際にすぐ暮らしに取り入れられるのは、収納のためのDIYや片付けのための一工夫だったりするんですよね。

また、ユーザー登録をして、お気に入りのDIY実践者をフォローすることも可能。お手本になる方がいると、ゼロからオリジナルを作るより、イメージしやすくなります。

(6) homify

homify(ホーミファイ)」は、ベルリンに拠点があるリノベーション会社や工務店のプラットフォームです。

homify

ポートフォリオとして施工実例が詳細にアーカイブされており、「誰かに施工をお願いしたい」という場合には、最適なパートナーが見つかるかもしれません。

写真も綺麗で、手作りというよりはプロの仕事のクオリティを見るのにとても参考になります。あと、家具や壁一面など、ポイントに絞ったDIYだけでなく、内装全体のバランスやテイストの勉強にもなりますよ。

(7) リノべる。

リノベる

リノべる。」は、リノベーションの事例のカタログのようなウェブサイト。

気になる施工者さんに直接連絡することもできます。自分でやりたい人より、プロにリノベーションをお願いしたい方にぴったりなウェブサイトです。

わたしのように「なるべく手作り」と思っている人にとっては、掲載されている事例がちょっと綺麗すぎるかも?

(8) アンティークマーケット吹上

antique-market

愛知県にある、家具から小物まで様々なアンティークを取り揃えているお店が「アンティークマーケット吹上」です。

1階から7階までヨーロッパから買い付けてきたアンティーク雑貨が揃っているというのですから、ときめきが止まりません。

しかも物によっては手の出しやすいお値段のものも。オンラインショップもあり、個人的には時計を狙っています。

(9) GALLUP(ギャラップ)

gallup

アメリカの古材を中心に取り揃えている老舗「GALLUP(ギャラップ)」。アンティークのドアや窓、そして看板なんかも見ているだけで本当にワクワクします。

ついつい自分のDIYのテイストと違うのに、かわいさ余って購入してしまいそうになります・・・。

アンティークなので基本的にお値段は張りますが、レトロなアメリカンテイストが好きな人にはたまらない品揃えでしょう。

(10) LABRICO(ラブリコ)

インスタグラムで見つけた、こちらのアカウント。実は、つっぱり棒のトップシェアメーカー「平安伸銅工業」が運営しています。

labrico

LABRICO(ラブリコ)」は、女性でも気軽に・安全に使えるDIYパーツを提供しているそう。

「つっぱり棒」とだけ聞いたら、あんまりイメージが広がらないのですが、つっぱり棒の素材や色味を調整し、「どこにつっぱらせるか」によってこんなにも多様な用途があるんだ!とかなり驚きました。

「DIYほど大掛かりなものはちょっと・・・」という方でも、つっぱり棒だけで収納を工夫したりレイアウトをアレンジしたりするときに、参考になりそうです。

(11) NOTEWORKS

noteworks

手作りの額縁を作って販売している「NOTEWORKS」さん。額縁って、変えるだけでこんなの彩になるんだ!と発見があります。

額縁は、家具やインテリアなど、レイアウトのメインではありません。

けれど雰囲気をより洗練させる上で、写真や絵を展示する額縁にこだわるというのは実はむちゃくちゃセンスが問われるのでは・・・と思います。

サイトのギャラリーページでは、NOTEWORKSサンガ手がけたリノベーション事例が見られるため、その写真たちもとても参考になるんです。

(12) tool box

toolbox

R不動産が運営するECサイト「tool box」は、アマチュアからプロまで見ているサイトです。

ちょっとした取っ手やコンセントなどなど神が宿る細部にまでこだわるなら、ここのサイトが良いお手本になります。

実際に買うとなるとちょっと高いですが、一点ものも多いためお気に入りを見つけたら思い切って購入するのがいいかも。

(13) 仁平古家具店

インスタグラムで見つけた栃木の古道具屋さんがこちら。
仁平古家具店」です。

昔の家にあったような家具がたくさんあり、見ているだけでも飽きません。こういう懐かしい感じの古道具、意外と見つからないんですよね・・・。

(14) soften GARAGE(ソフテンガレージ)

北海道の旭川にあるアンティークショップ「soften GARAGE(ソフテンガレージ)」

店長さんが手がけたDIY済みの家具やリメイクされたものが良い味を出しています。

オンラインショップはないので直接足を運ばなければなりませんが、北海道暮らしで近くにこういうお店があるのはうれしいです。

安いのはDIY?それとも発注?

素人がDIYをやると、安く済ませようと思ったことも、知識がないばっかりに余計にお金がかかるという場合もあります。

プロに頼む方が早い&安いという可能性もありますので、大規模なDIYをする場合は大雑把でも見積もりを出してみるのがいいかもしれません。