新品の本を買う時の節約法

松本 博樹の画像

前回「本は買わずに借りて節約のススメ」という記事を書きましたが、
新品の本をどうしても買いたい時もあると思います。
好きな作家の本、永久保存したい本・・・。

新品の本なんて、どこで買っても同じ値段じゃない?

という声が聞こえてきそうですが、実はそうではありません!
ネットでも節約できますし、ネットなしでも節約することができます。

ネットを使わない本代節約術

これはシンプルなやり方でできます。

チケットショップに売られている図書カードや図書券、Quoカードを使います。
図書カードを例にすると、
チケットショップでは1,000円あたり960円とかで売られています。
はい、これで4%OFFです。

最近見た中で一番安かったのは1,000円あたり953円です。4.7%OFF。
昔は1,000円あたり920円(8%OFF)とかあり得ない値段で売られていた時もありました。

Quoカードの場合は一番安くできて、1,000円あたり970円です。3%OFF。

図書券は今は滅多に流通していませんが、時々チケットショップで見かけます。
図書券の一番おいしいところはお釣りが出ることです。
例で図書券1枚480円で計算してみると、
501円の本を買った場合は実際に払ったお金は461円で済みます。

お釣りが出る金券はうまく使えば、かなりの節約になります。

ネットを利用した本代節約術

ネットで買えば、時間の節約にもなりますよね。
外で買うと、チケットショップを探す手間と本屋でお目当てを探す手間がかかります。
その時間を時給計算するとちょっと損をしているかもしれません。

販売ショップのポイントやクレジットカードのポイント還元と併用すると更にお得に買い物できます。

これら全部併用すれば、最低でも5%は還元できるはずです。

お得に本を買えるサイト一覧

楽天ブックス
オンライン書店【ビーケーワン】
Honya Club.com

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール