エポスカードのリボ払い金額変更の方法・リボ払いの解除方法・手数料についてのまとめ

柚木ゆうらの画像

エポスカードはリボ払いにも対応しています。

しかし、リボ払いで買い物を続けていると手数料が加算されていくため、どんどん返済額が増えていってしまうもの。

私自身は一括払いしか使っていませんが、リボ払いを続けると何が良くないのか、その辺りを理解しておくことが節約にもつながると思います。

このページでは、エポスカードのリボ払いの種類と手数料・リボ払いの解除方法について詳しく説明していきますね。

エポスカードのリボ払いキンゲ区変更の方法・リボ払いの解除方法・手数料

エポスカードで使えるリボ払いの種類は?

リボ払いといってもいくつか種類があります。

まず、エポスカードで使えるリボ払いの種類は以下の通り。

  • ショッピング時リボ払い
  • あとからリボ変更
  • いつでもリボ

どうしてもお金が足りないときや、請求額が高くて支払いが難しいときのためにリボ払いがあります。

リボ払いにすると、毎月の支払額が一定になるのがメリットのように思えますよね。

しかし、リボ払いには支払額以上の残債があると利息が発生します。
支払利息の利率は実質年率15.0%という高さ。

リボ払いを続けることは、ムダなお金を払うことにもつながってしまいますよ。
リボ払いを使うと損をしてしまうので、まったくおすすめできません。

リボ払いの支払い方法・手数料について

エポスカードでは、リボ払いの種類によって支払い方法が変わってきます。
リボ手数料は、利用締め日以降の日割り計算になります。

利用締め日までは手数料はかかりませんが、締め日以降は実質年率15.0%がかかってきますよ。

利用した金額によって異なるので、毎月の手数料を計算するのが少々大変ですよね。

リボ払いの返済額がよくわからない場合は、キャッシングご返済シミュレーションを活用しましょう。

▼利用予定金額を入力し、「シミュレーションする」ボタンを押すだけで返済額がわかります。

エポスカード 返済シミュレーション

リボ払いの金額は変更できる?

エポスカードのリボ払いは、いくつか支払いコースが選べます。

リボ払いの支払いコースは、以下の通り。

  • 標準コース
  • 長期コース
  • 定額コース

リボ払いの金額を変更したい場合、支払いコースを変更する形になります。

月々の支払い金額を変更したい場合は、エポスNetの「リボ変更のお手続きをする」から申し込みましょう。

リボ払いのコースを変更すると、支払い期間によって手数料の総額も変わってきます。

支払い期間に応じた手数料の総額は、以下のようになりますよ。

  • 支払い期間が長くなる場合:手数料の総額が増える
  • 支払い期間が短くなる場合:手数料の総額が減る

支払い期間が長ければ長いほど、手数料も取られ続けてしまい、ムダな出費がかさんでしまいます。

リボ払いをするときは、なるべく支払い期間が短くなるよう意識するようにしましょうね。

ちなみに、リボ払いから分割払いへの変更はできないので注意してください。

リボ払いを解除する方法と手順

エポスカードの申し込み時に、いつでもリボにチェックを入れて登録してしまうケースもあります。

知らないうちにリボ払いになっているという場合、もしかしたら申し込み時にうっかり押してしまったのかもしれません。

そのまま使っていると、買い物するたびにリボ残高が増えてしまいます。
不要であれば、リボ払いを解除しておきましょう。

いつでもリボの登録状況を知りたい場合は、エポスNetのマイページから確認できます。

▼エポスNetのマイページから、「いつでもリボ登録・解除手続きへ」を選びます。

エポスカード いつでもリボ登録・解除ボタン

▼いつでもリボに登録していない場合は、「現在の設定」のところに「いつでもリボ 登録されていません」と表示されますよ。

エポスカード いつでもリボ登録・解除 設定状態について

もし、いつでもリボに登録されていた場合も、エポスNetから解除できます。

いつでもリボの解除方法は、以下の通り。

  1. 「いつでもリボ登録・解除」から解除を選択
  2. 「解除」を押し、変更内容を送信して完了

エポスNetのマイページに戻り、登録解除されたかを確認しましょう。

リボ払いを一括返済する場合

もしもリボ払いを一括返済したい場合は、「全額払い」を利用しましょう。
全額払いを利用することで、リボ払いを一括返済することができますよ。

エポスNetからも、全額払いを利用できます。

ただし、リボ払いを一括返済した場合も、リボ払いの手数料と利率は加算されます。

エポスNetに登録していない場合は、エポスカード(営業時間9:30~18:00)に問い合わせの電話をすることで一括返済できますよ。

エポスカードの連絡先は、以下の通り。

  • 東京:03-3383-0101
  • 大阪:06-6630-0101

一括で支払うと支払額が多いように感じますが、トータルの支払額は節約できます。

支払い期間が長くなれば、その分だけ余計な手数料がかかってしまいますからね。
払えるのであれば、一括で返済してしまいましょう!

本来払う必要のないお金を減らすことが、節約にもつながります。

インターネット入金でもリボ払いの支払いができます

エポスカードの支払いは、口座引落だけでなくインターネット入金(ペイジー)でもできます。
ペイジーは、エポスカードの月々の支払いやリボ増額払いにも対応していますよ。

インターネットバンキングで月々の支払いをする方法は、以下の通り。

  1. エポスカードホームページを開く
  2. 「インターネットバンキングで支払う」へ進む
  3. エポスNetにログインする(カード番号などを入力)
  4. 支払い予定額を確認する
  5. インターネットバンキングを指定する
  6. 指定のインターネットバンキングで支払う

ちなみに、リボ増額払いする方法は以下の通り。

  1. エポスカードホームページを開く
  2. 「インターネットバンキングで支払う」へ進む
  3. エポスNetにログインする(カード番号などを入力)
  4. 希望額を入力する
  5. 支払い予定額を確認する
  6. インターネットバンキングを指定する
  7. 指定のインターネットバンキングで支払う

ペイジーで支払う場合は、事前にインターネットバンキングの契約が必要になりますよ。
あらかじめインターネットバンキングに契約してから、申し込みましょう。

ペイジーで指定できる主な金融機関は、以下の通り。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 横浜銀行
  • 千葉銀行
  • 福岡銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫

このほかにも指定できる金融機関はありますよ。

ちなみに、現段階で口座引落になっている場合、口座に預金があるとそちらから引き落としになってしまうので注意してくださいね。

リボ払いにするとポイントが2倍もらえる

ショッピング利用時にエポスカードを使うと、エポスポイントがもらえます。
しかも、一括払いからリボ払いに変更すると、もらえるポイントが2倍になりますよ。

仮にエポスカードで48,000円のスーツを購入したとして、一括払い・リボ払いでもらえるポイントは以下の通り。

  • 一括払い:240ポイント付与
  • リボ払い:480ポイント付与

ショッピング利用のたびにもらえるポイントが2倍になると、一見お得なように感じますよね。

しかし、ショッピングリボ払いの場合は、手数料が実質年率15.0%かかってきます。
手数料がとられることを考えると、ポイント2倍にあまりメリットは感じられませんね。

リボ払いの場合は、利用残高によって手数料や支払額が変わってくるので、むしろ損をしてしまう可能性だってあります。

月々の支払額や手数料の計算がややこしく感じるのであれば、リボ払いにしないのがおすすめです。

リボ払いにしなくても、エポスカードを使ってポイントを貯める方法はいくらでもありますからね。

さいごに

エポスカードではリボ払いの種類がいくつか用意されていて、一見便利そうに感じます。

ですが、利息や手数料といった本来支払わなくて良いお金がかかってしまうのも事実。

リボ払いだと毎月一定の支払額で済むため便利に思えますが、長い目で見ると損をしてしまう部分が大きいです。

支払いができるのであれば、リボ払いは使わずに、一括払いにしておくことをおすすめしますよ。

ムダな出費を避けることが、節約の第一歩になります!

おまけ:エポスカードの活用方法

この記事を書いた人

長野県在住のフリーライター。昔は貯金ができないタイプでしたが、子どもが生まれてからは時間の使い方・お金の考え方を改めるようになりました。時間の錬金術師になって、心にゆとりのある生活をするのが目標。クレジットカード・スマホ決済・メディア代節約についての発信が多めです。

柚木ゆうらのプロフィール