エポスカードで家族カードを作る方法はゴールドのみ!家族向けに欲しい場合の対処方法も

スポンサーリンク

クレジットカードによっては、付帯カードとして家族カードを追加することもできますよね。

最近、私は新しくエポスカードを作りました。
このエポスカードでも、家族カードは作れるのでしょうか?

また、家族カードを作るメリットやデメリットについても、気になるところだと思います。

このページでは、エポスカードで家族カードは作れるのか詳しく説明していきますね。

エポスカードで家族カードは作れないの?

エポスカードで家族カードは作れません

結論から言うと、エポスカードでは家族カードの取り扱いはありません。

エポスカードを作る場合、必ず契約者が本人名義で申し込みカードを作る必要があります。
つまり、家族が代理でエポスカードを申し込むこともできません。

法人カードにも対応していないので、注意してくださいね。

どうしても家族カードを作りたい場合は、ほかのクレジットカードの付帯で作ることになります。

ほかのクレジットカードと比較してみたい場合、こちらも参考にしてみてくださいね。

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードではエポスファミリーゴールドが作れる

ゴールドカードにあたる「エポスゴールドカード」や、プラチナカードにあたる「エポスプラチナカード」が上位カードとしてあります。

以前はエポスゴールドカード・エポスプラチナカードでも家族カードはありませんでしたが、今は「エポスファミリーゴールド」という名称で家族カードがありますよ。

エポスファミリーゴールドを作ると、年会費無料で家族カードが持てます。

ちなみに、エポスプラチナカードを持っている人が家族カードを作るときも、家族カードの分はゴールドカードになりますよ。

エポスゴールドカード・エポスプラチナカードどちらも、年間利用金額に応じてボーナスポイントが貯まりますが、家族カードがあればみんなの利用金額の合算でボーナスポイントがもらえます。

この点はメリットですね。
また、家族間でエポスポイントをシェアできるサービスもありますよ。

口座引き落としはまとめることもできるし、個人ごとに設定もできます。

スポンサーリンク

家族カードを作るメリット・デメリット

そもそも、家族カードを作るメリット・デメリットはあるのか?という点が気になりますよね。

エポスカードでは家族カードの取り扱いはありませんが、ほかのクレジットカードの家族カードを例にメリット・デメリットについて説明していきます。

まず、家族カードを作るメリットは以下の通り。

  • 請求をひとまとめにできる
  • 家族間でポイントの受け渡しができる

一番のメリットは、クレジットカードの請求を本人カードと家族カードの利用分でひとまとめにできることですね。
口座の管理がひとつで済むので、その点は便利です。

そして、家族カードを作るデメリットは以下の通り。

  • 入会キャンペーンのポイントがもらえない
  • 万一のときに面倒な手続きが増えてしまう
  • 離婚するときに面倒になる可能性がある

家族カードを作る場合、入会キャンペーンでもらえるポイント数が減ってしまうことがあります。
もらえるポイントが少なくなってしまうと、それだけでお得感が低くなってしまいますよね。

ひとりひとり個別に入会すればそれぞれに入会キャンペーンが適応されるので、そちらのほうがお得ですよ。

また、もし家族が離別する場合、面倒な手続きが増えてしまうという部分もデメリットになります。

こうして見ると、家族カードを作るメリットがあまりないように感じますよね。

私自身、家族カードを付帯できる楽天カードを利用していますが、家族カードは申し込んでいません。

キャンペーンのことなどを考えると、家族であってもひとりひとり個別にカードを持っていたほうが、何かと使い勝手も良くて便利ですよ。

また、万一離婚することになってしまった場合に家族カードがあることで、ややこしくなる可能性があります。

知り合いから聞いた実話では、離婚関連でもめているときに、知らぬ間に大量に使われてしまっていたという話もありました。

という事情もありますので、家族カードにはデメリットもあることを知っておきましょう。

エポスカードではありませんが、家族カードのメリット・デメリットについて説明しているこちらも参考にしてみてくださいね。

エポスカード紹介で1,500ポイントがもらえるキャンペーンも!

家族もエポスカードを利用したい場合、個別に申し込むことになりますが、そのときは紹介キャンペーンを利用しましょう。

ネット入会限定ですが、家族や友人にエポスカードを紹介するだけでエポスポイントがもらえます!

もらえるエポスポイントの内訳は、以下の通り。

  • 紹介者…1,500ポイント
  • 紹介された家族・友人…3,000ポイント

紹介された家族・友人がもらえる3,000ポイントのうち、2,000ポイントは入会特典のエポスポイントになります。

ですが、通常入会特典より+1,000ポイントもらえるのでお得ですよね!

エポスカードを紹介してポイントをもらう手順は、以下の通り。

  1. 家族や友人にメッセージを送る
  2. 家族や友人が受け取ったメッセージの専用URLからエポスカードを申し込む
  3. カード発行が完了
  4. 紹介者・紹介された家族や友人にポイントが付与される

紹介する側も、紹介された側もポイントがもらえるのでお得ですよね。

家族カードが発行できなくても、ちゃんと紹介特典が用意されているのがエポスカードの魅力です。

スポンサーリンク

エポスカードの特徴をおさらい

家族カードは作れませんが、普通にエポスカードを使うのはおすすめですよ。
改めて特徴についてまとめてみました。

  • 入会費・年会費無料
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外キャッシングの返済をネットからできる
  • マルイ・モディで年4回10%割引のセール(マルコとマルオの7日間)
  • 全国7,000店舗以上で優待・割引がある
  • エポスゴールドカードへの招待が来ることも
  • Apple Payに対応している
  • 入会キャンペーンでたくさんポイントもらえる
  • 即日発行ができる

年会費無料なのに、海外旅行傷害保険が自動付帯になっていたり、海外キャッシングしたときの返済をネットからできてしまう点が魅力的ですね。

また、マルイやモディで買い物するなら、年に4回の大セール「マルコとマルオの7日間」で10%割引になりますよ。

全国7,000店舗以上で優待や割引を受けられるカードなので、節約にもつながります。
マルイを良く利用する場合や、海外旅行で使いたいという場合、特におすすめできるカードですね!

ただ、ポイントの貯まりやすいカードとは言えないので、どちらかというとサブカード向き。

ポイントを貯めることに重点を置くなら、別のカードを検討しましょう。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

さいごに

エポスカードで家族カードは作れませんが、そもそも家族カードを作るメリットがあまりありません。

家族カードが作れないということを差し引いても、エポスカードは持っておきたいカードに変わりありませんね。

なんといってもエポスカードは年会費無料で作れるカードなので、家族でも個別に持っておいて損はない1枚だと思います。

お得な入会キャンペーンもあるので、ぜひキャンペーンを利用してみてくださいね!

参考:エポスカードのキャンペーン内容を確認するにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る