OANDA Japan(オアンダジャパン)のFXは1通貨から取引可能!メリット・デメリットについて

松本 博樹の画像

最近、少しずつ経済的な余裕が出来つつあるので、やめていたFXを再開してもいいかなと思っています。

しばらくご無沙汰なので、業界事情にうとくなりつつあります。そんな中、今はどの業者がいいのだろうと眺めていたところ、いい感じのFX業者を見つけたので紹介いたします。

その業者は「OANDA Japan(オアンダジャパン)」です。

ここでは、オアンダジャパンがどのような機能を持っているかや、メリット・デメリットについて紹介していきます。

OANDA Japan オアンダ ジャパン

1通貨単位から取引可能

まず一番に紹介したいのが、1通貨単位で取引ができることです。1ドルや1ユーロといった最小単位で取引ができるので、レバレッジの倍率をフル活用すれば、4円入金するだけで1ドルの取引ができます。

1通貨単位だと、万が一大きく為替の変動があっても大打撃を受けるようなことはないので、安心度は高いと思います。

毎日1通貨ずつコツコツ積み立ててみるとか、FXをデモではなく体験してみたいとか、いろいろと使い道があります。

ちなみにデモ取引は無料です。

 

デメリット:ちょっとスプレッドが広い

次はオアンダジャパンのデメリットを紹介します。

他のFX業者と比べてスプレッドが広めとなっています。(スプレッドとは、売りと買いのレートの差額)

最近はどの業者もしのぎを削っていて、どんどん手数料が安くなっています。それと比べると少々高い感じです。

もっとも、私がFXに取り組んでいた2010年後半〜2011年前半頃のスプレッドは今のオアンダジャパンと同じぐらいだったので、めちゃくちゃ高いというほどではありません。

 

FXの隠れコストがなくなる

ここから紹介することは、アクティブにFXを利用している方かもしれません。

FXで取引すると注文した時に拒否されて約定しないこともあります。オアンダジャパンではそういったことがなく、約定拒否によってかかる見えないコストがなくなります。長く取引するのであれば、手数料の節約になるし、結果的に利益が増えることになりますね。

約定しないといった小さな積み重ねでかかってしまう手数料のことを考えると、上記の少しスプレッドが広いことも大きなデメリットではなくなります。もちろん、もっと狭くなるのが一番ですけどね。(頑張って欲しい)

また、万が一ロスカットになってしまった時も手数料は0円です。一切かかりません。ロスカット自体を避けることが大前提ですが、万が一の時にも余計なコストを支払う必要がなくなります。

 

72の通貨ペアがある

FXする上で気になるのが、取り扱っている通貨ペアの数です。オアンダジャパンはなんと、72種類もの通貨ペアがあります。これはなかなかの数ですね〜。

72ともなると、マイナー通貨も含まれています。見るだけでもちょっと面白いですね。

せっかくなので、一覧を載せておきましょう。

略称名称
USD/JPY米ドル/日本円
EUR/JPYユーロ/日本円
AUD/JPY豪ドル/日本円
GBP/JPY英ポンド/日本円
NZD/JPYNZドル/日本円
CAD/JPYカナダドル/日本円
CHF/JPYスイスフラン/日本円
ZAR/JPY南アフリカランド/日本円
EUR/USDユーロ/米ドル
GBP/USD英ポンド/米ドル
NZD/USDNZドル/米ドル
AUD/USD豪ドル/米ドル
USD/CHF米ドル/スイスフラン
EUR/CHFユーロ/スイスフラン
GBP/CHF英ポンド/スイスフラン
EUR/GBPユーロ/英ポンド
AUD/NZD豪ドル/NZドル
AUD/CAD豪ドル/カナダドル
AUD/CHF豪ドル/スイスフラン
CAD/CHFカナダドル/スイスフラン
EUR/AUDユーロ/豪ドル
EUR/CADユーロ/カナダドル
EUR/DKKユーロ/デンマーククローネ
EUR/NOKユーロ/ノルウェークローネ
EUR/NZDユーロ/NZドル
EUR/SEKユーロ/スウェーデンクローナ
GBP/AUD英ポンド/豪ドル
GBP/CAD英ポンド/カナダドル
GBP/NZD英ポンド/NZドル
NZD/CADNZドル/カナダドル
NZD/CHFNZドル/スイスフラン
USD/CAD米ドル/カナダドル
USD/DKK米ドル/デンマーククローネ
USD/NOK米ドル/ノルウェークローネ
USD/SEK米ドル/スウェーデンクローナ
AUD/HKD豪ドル/香港ドル
AUD/SGD豪ドル/シンガポールドル
CAD/HKDカナダドル/香港ドル
CAD/SGDカナダドル/シンガポールドル
CHF/HKDスイスフラン/香港ドル
CHF/ZARスイスフラン/南アフリカランド
EUR/CZKユーロ/チェコ・コルナ
EUR/HKDユーロ/香港ドル
EUR/HUFユーロ/ハンガリー・フォリント
EUR/PLNユーロ/ポーランドズロチ
EUR/SGDユーロ/シンガポールドル
EUR/TRYユーロ/トルコリラ
EUR/ZARユーロ/南アフリカランド
GBP/HKD英ポンド/香港ドル
GBP/PLN英ポンド/ポーランドズロチ
GBP/SGD英ポンド/シンガポールドル
GBP/ZAR英ポンド/南アフリカランド
HKD/JPY香港ドル/日本円
NZD/HKDNZドル/香港ドル
NZD/SGDNZドル/シンガポールドル
SGD/CHFシンガポールドル/スイスフラン
SGD/HKDシンガポールドル/香港ドル
SGD/JPYシンガポールドル/日本円
TRY/JPYトルコリラ/日本円
USD/CNY米ドル/中国人民元
USD/CZK米ドル/チェコ・コルナ
USD/HKD米ドル/香港ドル
USD/HUF米ドル/ハンガリー・フォリント
USD/INR米ドル/インドルピー
USD/MXN米ドル/メキシコペソ
USD/PLN米ドル/ポーランドズロチ
USD/SAR米ドル/サウジ・リアル
USD/SGD米ドル/シンガポールドル
USD/THB米ドル/タイバーツ
USD/TRY米ドル/トルコリラ
USD/TWD米ドル/台湾ドル
USD/ZAR米ドル/南アフリカランド

メジャーな通貨以外にも、シンガポール・ドル、ポーランドズロチ、香港ドル、チェココルナ、インドルピー、メキシコペソ、台湾ドル、タイバーツといったFXではあまり見ない通貨もあって面白いです。

マイナー通貨で取引する場合は、最大レバレッジが20倍までとなっている通貨ペアもあります。25倍と思ってぎりぎりの金額で取引していると痛い目を見る可能性があります。

 

あと、今はできないですが、外貨両替ができるようになると嬉しいですね。

 

スワップはリアルタイムで計算

FXで買いを入れると入ってくるスワップポイント、あれは普通1日ごとにいくらと決められていますよね。オアンダジャパンではスワップポイントが1秒ごとに発生します。日をまたがないと金利がもらえないということはありません。

コツコツと積み立てておきたいという方に朗報ですね。

しかし、1秒ごとにスワップポイントが発生するということは、売りのポジションを持っていると1秒ごとにスワップポイント分がマイナスされていくことになります。1秒単位なので、大きな金額ではないにしろあまり気持ちのいいことではないですね^^;

 

iPhone、iPad、Androidのアプリもある 

FXをすると、ついつい現在の為替がきになってしまうものです。

ちょっとしたスキマ時間に確認したり、取引したい場合はiPhone、iPad、Androidアプリを使ってトレードすることもできます。

 

取引手数料以外は無料

オアンダジャパンでは、取引にかかる手数料以外はすべて無料です。

口座開設手数料、口座維持手数料、入出金の手数料も無料です。マーケットレポートやセミナー受講まで無料となっており、勉強することだけを目的にしても価値がありますね。

 

最後に:無茶な取引はしないこと

これは、オアンダジャパンに限ったことではありませんが、限度を超えた無茶な取引はしないようにしてください。あくまで余裕資金の範囲内で趣味程度に行うぐらいがちょうどいいと思います。(私は以前FXで無茶をして痛い目を見ているので)

オアンダジャパンは取引手数料以外は無料となっているので、シンプルに取引することができます。余計なことを考えなくて良くなるのはお金以外のメリットだと思います。

面倒な口座開設も5分で終わるようにシンプルに作られているのもいいですね。

口座開設は下から行うことができますので、サクッと済ませて取引してみてください。

▼オアンダジャパンへの口座開設はこちらから▼

口座開設の手順を解説したページはこちら。
OANDA Japan(オアンダジャパン)の口座開設は5分でできるのか?画像つきで手順解説

ログイン・入金・取引の手順を解説したページはこちら。
OANDA Japan(オアンダジャパン)へのログイン・ダイレクト入金手順
OANDA Japan(オアンダジャパン)での取引手順を解説するためにFX売買してみた

おまけ:1通貨単位で取引できるところをまとめてみました。
1通貨単位で取引できるFX業者まとめ

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール