宝くじ換金のやり方・場所や銀行受取方法を写真付きで紹介。期限はいつからいつまでかの解説も

スポンサーリンク

宝くじを買うと、当選番号の発表が楽しみですよね!

10枚買うと必ず300円は当たります
少額だからといって、換金しないのはもったいないですよ。

そもそも3,000円は使っていますからね。
少しでも元手は回収しておきましょう。

とはいえ、宝くじの換金方法はどのようにすればいいのか、初めてだとわかりません。

そこで、実際に宝くじの換金手続きをしてきたので、どんな手順で換金できたのか、手順を紹介しますね。

宝くじの換金方法・換金場所・換金期限

宝くじを換金するおおまかな手順

▼宝くじの換金方法は、おおまかに説明すると以下のとおりです。

  1. 宝くじ売り場に宝くじを持っていく
  2. 当選番号を機械でチェックしてもらう
  3. 当選した金額とハズレ券を受け取る

この、わずか3ステップ。とっても簡単ですよ。

換金期間はいつからいつまでなのか

換金ができるとわかっていても、「まぁ、そのうち行けばいいか」と思っていると換金期間を過ぎてしまいますよ。

2017年の年末ジャンボ宝くじを例にして紹介しますね。
▼換金期間(換金期間)は以下のとおりです。

2018年1月5日から2019年1月4日まで

見てわかるように『1年間』です。
もっとわかりやすく紹介すると、『換金(支払日)がスタートした日から1年間』です。

▼宝くじの下側にもちゃんと書いていますよ。

【宝くじ換金】支払期間

ちなみに換金期間の1年間を過ぎると、1等が当選していたとしても受け取れません

▼意外と忘れている人もいるんですよね。もったいない…。
こちらは過去のジャンボ宝くじ1億円以上の「未換金」当選本数です。

【宝くじ換金】過去未換金
引用元:宝くじ公式サイト:時効当せん金について

買った宝くじを全部宝くじ売り場に持っていく

▼当選金額を受け取るためには宝くじ売り場に行きましょう。
持ち物は、買った宝くじ全部です。

【宝くじ換金】宝くじ売り場

▼僕は、2017年の『年末ジャンボ宝くじ』『年末ジャンボミニ』『年末ジャンボプチ』をそれぞれ11枚、計33枚を宝くじ売り場に持っていきました。

【宝くじ換金】全部持ってく

もちろん事前に当選番号をチェックして、当選した宝くじだけを持って行っても問題ありません。

でもしっかり確認したつもりでも、チェックが漏れている可能性がありますよね
それを避けるためにも、全部持っていたほうが安心ですよ。

「当選のチェックをお願いします」と窓口に出そう

では宝くじ売り場にいって、販売員さんに何と言って渡せばいいのでしょうか。

▼例えばですが、以下のパターンで大丈夫ですよ。

  • 当選のチェックをお願いします
  • 換金をしたいんですけど
  • これお願いします

▼差し出された宝くじを見た販売員さんは、とても丁寧に答えてくれます。

【宝くじ換金】宝くじを渡す

お支払いですね。かしこまりました。

ただ単に受け取った宝くじを、そのままチェックしてくれるだけではありません。
▼今回僕は『初夢宝くじ』も一緒にチェックをしてもらおうと思いました。持って行った日は1月15日です。

【宝くじ換金】初夢宝くじつき

『初夢宝くじ』のお支払いは明日1月16日からとなっています。
明日以降、また持って来てくださいね。

初夢宝くじの支払期間をまったくチェックせず持って行ってしまったのですが、販売員さんはちゃんと気づいてくれます。安心してお願いできますよね。

▼宝くじを渡したあとは、販売員さんが機械でチェックしてくれますよ。

【宝くじ換金】宝くじを機械でチェック

2番のモニタでご確認ください。

▼モニタ上は、以下のような区分けになっていますよ。

通常くじスクラッチ
お調べ枚数33枚0枚
はずれ枚数29枚0枚
当せん枚数4枚0枚
高額当せん枚数0枚0枚
通常くじ当せん金額3,900円
スクラッチ当せん金額0円
お支払い金額3,900円

一度に表示されるのではなく、だんだんと調べた宝くじ枚数が加算され、数字が増えていきます。
なんといっても、『当せん枚数』が増えていくところが楽しいですよ。

▼今回のチェックでは、以下が当選していました。

当せん金額枚数
300円3枚
3,000円1枚

▼当選くじは回収されますよ。こんな感じで、当選くじだけ分けられます。

【宝くじ換金】当選くじ

▼そして、ハズレくじは手元に戻ってきますよ。一緒に明細と、当選金額をもらえます。

【宝くじ換金】ハズレくじ 明細 当せん金

▼明細書は、こんな感じですよ。

【宝くじ換金】明細書

▼ハズレくじが不要な場合は、回収ボックスがあるので入れて帰ると荷物がかさ張りませんね。

【宝くじ換金】ハズレくじボックス

ハズレくじは持って帰って9月2日の「宝くじの日お楽しみ抽せん」に備えよう

【宝くじ換金】ハズレくじ

ハズレくじを回収ボックスに入れてもいいのですが、もちろん持って帰っても問題ありません。

持って帰ってもハズレくじは何の意味もないのでは、と思いませんでしたか?
いいえ、そうではないんですよ。

毎年9月2日にハズレくじを対象とした「宝くじの日お楽しみ抽せん」があります。
これも楽しみですよね。

▼ちなみに平成29年度「宝くじの日お楽しみ抽せん」の商品は以下のようなものでした。

  • 今治タオル&ソープセット
  • 3銘柄米詰め合わせ(1kg×各1袋)
  • ランチーニグリル活用角型パン
  • 音波振動式歯ブラシ
  • 燕人の匠[プライム] ステンレスタンブラー
スポンサーリンク

当選金額の受け取りルール

▼宝くじの当選金額を受け取るにあたり、何点かルールがあります。

  • 支払開始日から1年以内に受け取る
  • 1当選金額が10,000円以下の場合は『宝くじ売り場』『受託銀行等の窓口』で受け取れる
  • 1当選金額が10,000円を超える場合は『受託銀行等の窓口』で受け取る
  • 『5万円マーク』がある売り場では、50,000円以下の当選金額が受け取れる
  • 1当選金あたり500,000円以上の受け取りは、身分証明書が必要
  • 1当選金あたり1,000,000円以上の受け取りは、身分証明書と印鑑が必要
  • 1,000,000円以上の当選金は、受け取りまで1週間程度時間がかかる

500,000円以上の当選を経験してみないと、知ることができない世界ですね…。

▼宝くじの裏面にも、詳しいルールが書かれていますよ。

【宝くじ換金】宝くじ裏面

インターネットで買ったジャンボ宝くじの換金方法

ジャンボ宝くじは宝くじ売り場だけで売っているわけではありません。インターネットでも買えます。

この場合、換金方法はどうすればいいのか気になりませんか?
こちらも合わせて紹介しますね。

宝くじ売り場では、例えば300円のみの当選金であってもその場で受け取れます。
しかしインターネット購入は、そうではありません。

▼以下のように決まっていますよ。

1当選金につき10,000円未満の場合の入金スケジュール
抽選月入金
4月~6月分7月末までに入金
7月~9月分10月末までに入金
10月~12月分翌年1月末までに入金
1月~3月分4月末までに入金
1当選金につき10,000円以上の場合の入金スケジュール
抽選月入金
抽選ごと5銀行営業日以内に指定口座へ

僕の場合はバラを10枚買い、300円しか当選していなかったので1月末までに入金される予定です。
入金された場合は、追記しますね!!

さいごに

換金方法は宝くじを購入するときよりも、とても簡単です。
簡単だからこそ、たとえ300円だけの当選金であっても、確実に回収したいですよね。

そのコツコツした行動や努力を、今度は堅実なお金の貯め方で試してみるといいかもしれませんよ。

堅実に節約や貯金でお金を増やすほうが簡単です

ジャンボ宝くじで一攫千金を夢見るのもいいですが、当選する確率はすごく低いですよね。

当選確率については以下のページで詳しく紹介しています。

やっぱり現実的には、堅実に節約や貯金でお金を増やすほうが簡単ですよ。

ゆっくりコツコツ、やるべきことをちゃんとやればお金は普通に貯まりますし、お金持ちにもだんだん近づいていけます。

ノマド的節約術では、堅実にお金を増やしていくためにできることを数多く紹介していますので、以下のページなどを参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。

執筆メンバの一覧を見る