インフルエンザ予防接種の値段をできるだけ安くする方法

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種を、安く受けられる方法があれば知りたいと思いませんか?

毎回お金がかかってしまって、負担になっているのなら、こう思うのではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種では、加入している健康保険の制度を利用することで安くできます。

健康保険は、加入しただけで冊子やホームページなどを確認せず、便利な制度などがあることは知らないのではないでしょうか。

それはとてももったいないことです。
活用できるものは、徹底的に利用するのがおすすめですよ。

加入している健康保険のホームページを見てみよう

自分が加入している健康保険のホームページを、見たことがありますか?
チェックすると、意外と便利な制度がたくさんあることに気づきますよ。

今回はインフルエンザの予防接種について、補助金を出してくれる制度について注目します。

ホームページで確認するのは、『申請書類一覧』です。
ここに『インフルエンザの予防接種補助金申請書』のような名前で申請書がないでしょうか。

これです!
これをぜひ利用しましょう!

健康保険組合の補助金金額はいくらなのか

ここでは、健康保険組合に注目します。
インフルエンザの予防接種代金が例えば3,000円だった場合、全額補助金でまかなえたらうれしいですよね。

▼参考のため、以下5つの健康保険組合をチェックしたので見てみましょう。

  • 花王健康保険組合
  • 福山通運健康保険組合
  • 日本アイ・ビー・エム健康保険組合
  • 大和証券グループ健康保険組合
  • 三菱重工健康保険組合

▼補助金金額は以下のようになっていましたよ。

健康保険組合ごとのインフルエンザ予防接種の補助金金額
健康保険組合名補助金金額
花王健康保険組合1,000円
福山通運健康保険組合2,000円
日本アイ・ビー・エム健康保険組合3,000円
大和証券グループ健康保険組合4,000円
三菱重工健康保険組合全額

健康保険組合によって、結構違いがあります。
紹介した5つの中では「三菱重工健康保険組合」の全額がうれしいですよね。

一般的には、インフルエンザ予防接種料金が3,000円で補助金が4,000円の場合、4,000円全額がもらえるわけではなく3,000円までです

また、インフルエンザ予防接種料金が4,000円で補助金が3,000円の場合、1,000円は自己負担となります
そういったルールが多かったですよ。

全国健康保険協会(協会けんぽ)ではインフルエンザ予防接種補助金制度がない

【インフルエンザ】協会けんぽ保険証
引用元::全国健康保険協会:健康保険証(被保険者証)の交付

会社やグループ会社が独自に運営しているのが、健康保険組合です。
さきほどの5つの健康保険組合をみても大企業が多いですよね。

一方で中小企業の会社員の場合は、全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入している場合が多いです。

僕が実際に経験・体験した話しをしますね。
以前の勤め先で社会保険事務を担当していたのですが、その時のことです。

勤めていた会社の社員たちは、グループ会社の在籍の違いにより加入している健康保険が違いました。
「健康保険組合」加入の社員と、「全国健康保険協会」加入の社員です。

健康保険組合のひとはインフルエンザ予防接種補助金が使えたのに、全国健康保険協会のひとは何も補助金がなかったんですよね。

同じ企業群の中にいるだけなのに、こうした不公平さが生じるものなのだな、と思いました。

国民健康保険にも制度差がある

【インフルエンザ】国民健康保険被保険者証

自営業をしていひとたちが加入しているのが、国民健康保険です。
僕は岡山県岡山市に住んでいるので、岡山市の国民健康保険に加入していますよ。

会社を辞めてから国民健康保険に加入するとき、「インフルエンザ予防接種補助金があるかどうか」をまず調べましたが、見当たりませんでした。

▼他の自治体はどうなのか気になったので、調べてみましたよ。

市町村名補助金金額
愛媛県松前町1,000円
宮城県塩竈市2,000円
大分県豊後大野市1,000円
岐阜県加茂郡坂祝町1,000円

自分が住んでいる地域に補助金の制度があれば、うれしいですよね。

自治体で補助がある場合も

高齢者や乳幼児、生活保護受給者に限りることが多いのが、自治体の補助です。
▼例えば、岩手県滝沢市

【インフルエンザ】岩手県滝沢市
引用元:岩手県滝沢市:インフルエンザ予防接種

自治体の広報誌など、よく目を通すことがおススメです。

補助金がまったく受けられない場合は安く接種できるところを探す

これまで紹介してきた制度が全部対象でないのなら、できるだけインフルエンザの予防接種が安く接種できるところを探しましょう。

僕が住んでいるところでは、なぜか周りに内科が乱立しています。
▼そこで実際に電話をかけて、インフルエンザ予防接種代を聞いてみました。

病院名(仮称)接種金額
岡山医院3,500円
広島内科4,000円
山口クリニック4,000円
島根病院3,800円
ファミリークリニック鳥取3,800円

3,500円~4,000円の幅ですね。
中には予約制だったり、ワクチンが足りなかったりして「急には接種することができません」と言われたところもあります。

予防接種代を安くするため探すのもありですが、予防接種を受けられなかったら元も子もないので、バランスをとりましょう。

なお初診だった場合、問診票を書く手間と時間がかかるのがデメリットです。

予防接種代はクレジットカード払いをしてポイントを貯める

診療代がクレジットカード払いできる病院であれば、クレジットカード払いにしてポイントを貯めたいものですね。

地味ではありますが、確実にインフルエンザの予防接種にかかる料金を節約できます。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

さいごに

いずれの情報にしても、自ら情報収集をしているひとが上手に使えます。
日々の健康とお金このことなので、アンテナを張り巡らせたいですね。

インフルエンザ予防接種する際は、しっかりと制度を利用していきましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。

執筆メンバの一覧を見る