DMMビットコインのメリット・デメリット・手数料無料にするお得な使い方を徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
仮想通貨の取引を少額で行っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

今は、いろいろな仮想通貨取引所がありますが、まだ有名ドコロの名前はまだ多くありません。

そんな中、FXでも実績があるDMMが「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」というサービスを2018年1月11日にスタートさせて、口座開設ができるようになります。

そんなDMMビットコインをこれから使うときによりお得に使えるように知っておきたいことをこのページでまとめて紹介していきますね。

DMM Bitcoinのメリット・デメリット・手数料無料にするお得な使い方を徹底解説

DMMビットコインについて

DMMビットコインは、もともと東京ビットコイン取引所という名前でサービスを提供していましたが、2017年12月に名称変更してDMMビットコインとなりました。

2018年1月11日にサービスが開始され、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨取引ができます。

DMMビットコインの大きな特徴は、普通に仮想通貨を買う現物取引だけでなく、信用取引にあたるレバレッジ取引ができること。

レバレッジは5倍で、10万円のお金を入れたら50万円分までの取引ができる仕組みですよ。

ただ、普通に取引するよりもさらにハイリスク・ハイリターンになるため、おすすめはしませんが・・・。

DMMビットコインで取り扱っている通貨の一覧

DMMビットコインでは、いろいろな仮想通貨の取引に対応していますが、具体的にどの通貨に対応しているのかが気になるところ。

現物取引とレバレッジ取引で対応している通貨が異なるため、それぞれ一覧にしてみました。

現物取引での取扱通貨一覧

まずは現物取引で対応している通貨を一覧にしています。

取り扱い通貨ペアは以下の通り。

  • BTC/JPY(ビットコイン/日本円)
  • ETH/JPY(イーサリアム/日本円)
  • ETH/BTC(イーサリアム/ビットコイン)

ビットコインのレプリカ

レバレッジ取引で取り扱っている通貨の一覧

DMMビットコインのレバレッジ取引に対応している通貨は以下の通りです。

レバレッジ取引の取り扱い通貨ペアは以下の通り。

  • BTC/JPY(ビットコイン/日本円)
  • ETH/JPY(イーサリアム/日本円)
  • ETH/BTC(イーサリアム/ビットコイン)
  • XEM/JPY(ネム/日本円)
  • XRP/JPY(リップル/日本円)
  • LTC/JPY(ライトコイン/日本円)
  • ETC/JPY(イーサリアムクラシック/日本円)
  • BCH/JPY(ビットコインキャッシュ/日本円)
  • ETC/ETH(イーサリアムクラシック/イーサリアム)
  • XEM/BTC(ネム/ビットコイン)
  • XRP/BTC(リップル/ビットコイン)
  • LTC/BTC(ライトコイン/ビットコイン)
  • ETC/BTC(イーサリアムクラシック/ビットコイン)
  • BCH/BTC(ビットコインキャッシュ/ビットコイン)

一覧にするとかなり多いですね。
レバレッジ取引は現物取引以上にハイリスクのため、個人的にはおすすめしません。

現在入れているお金以上の取引が簡単にできてしまうため、逆に損失が出たときは自分で負担しないといけなくなるため、お金がよりかかる可能性もあります。

DMMビットコインの手数料

DMMビットコインを使う上で一番知っておきたいのが手数料のことです。

取引するときや、入出金などで余計な手数料を払ってしまってはもったいないですからね。

仮想通貨の取引手数料は無料

気になるのは、仮想通貨を取引したときにかかる手数料ではないでしょうか。

これは現物取引・レバレッジ取引ともに無料です。
取引自体の手数料は無料ですが、レバレッジ手数料が0.04%分毎日減産されてしまいます。

あと、スプレッドと呼ばれる買値と売値の差額となる手数料に関してはどれぐらいなのかサービス開始してみないとわかりません。

日本円の入出金手数料が無料!

DMMビットコインで取引するために、日本円を入金するかと思いますが、そのときの手数料が気になりますよね。

それがDMMビットコインでは、日本円の入出金にかかる手数料は無料です!

入金手数料はどこの仮想通貨取引所も無料ですが、DMMビットコインは出金時の手数料まで無料になります。

ビットコインやイーサリアムなどの取引をして、日本円にしたあとの出金手数料が気になる仮想通貨取引所ばかりでしたが、DMMビットコインだとそこを気にしなくていいのがうれしいですね。

もし、とことんお得にする場合は、出金先の銀行口座を楽天銀行にしておくと、ハッピープログラムによって、楽天スーパーポイントが入ってきますよ。

また、DMMビットコインではクイック入金にも対応しており、そのときの手数料も無料です。

もちろん銀行振込での入金手数料も無料ですよ。
振込手数料は自己負担になるため、振込手数料が無料になる銀行を使うのが必須ですが・・・。

改めて入出金の手数料をまとめておきました。

  • 振込入金手数料:無料(振込手数料は自己負担)
  • クイック入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料

DMMビットコインへの入金方法は以下のページで詳しく説明していますよ。

仮想通貨の入出庫手数料も無料

ビットコインやイーサリアムをDMMビットコインに入出金(入出庫)するときの手数料も無料になります。

ただ、DMMビットコインとは別の取引所の手数料は無料になりませんので、その点はご注意ください。

スマートフォンのアプリでも取引できる

仮想通貨の取引はパソコンだけしかできないように思うかもしれませんが、DMMビットコインはスマートフォンのアプリにも対応しています。

iPhone・Androidどちらもアプリがありますよ。

アプリを使えば、タップ1つで気軽にビットコインなどを買えるようになります。

仮想通貨を買わなくても、チャート画面を眺めたりして分析する使い方もできますよね。

また、スマホアプリならではの通知機能も便利ですよ。
その代わり、値動きが気になりすぎるのであれば、通知があることでストレスになってしまう可能性もあります。

その場合は通知機能を外しておくのも精神衛生上大切なことです。

口座開設から取引までの流れ

ここまでで、DMMビットコインのことが気になったら試しに口座を作ってみようと思ったかもしれません。

口座開設から取引までの流れがどんな感じなのかをざっくりとまとめました。

  1. メールアドレスの登録
  2. DMMビットコインに登録するための情報を入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 審査がある
  5. 取引開始のためのコードが書かれた郵便が届く
  6. コード入力

これだけの手順をやればDMMビットコインで取引できるようになりますよ。

審査にたどり着くまでは10分前後だと思うので、手順が多そうと思ったかもしれませんが、実はそこまでではないです。

さいごに

このページでは、DMMビットコインをお得に使うために知っておくと役立つことをまとめて紹介してきました。

日本円の入出金手数料が無料で、クイック入金に対応しているのが大手ならではのサービスで魅力的です。

すぐにビットコインやイーサリアムを買いたいと思ったときにも対応できるのがいいですよ。

サービス開始時点では、まだ対応している仮想通貨が少ないですが、今後増える可能性もゼロではないですし、まずは口座開設しておき、いつでも取引できる状態にしておくのがおすすめです。

また、時期によっては口座開設することで1,000円プレゼントになるときもあります。

詳しくは以下でチェックしてみましょう。

▼DMM Bitcoinを使うにはこちらから▼

おまけ:他の仮想通貨取引所を解説した記事

ノマド的節約術では、DMMビットコイン以外にも仮想通貨取引所についての記事があります。

もし、他のところと比較してみようと思う場合は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る