個人賠償責任保険の補償対象や支払事例を元担当者がわかりやすく解説。子供がいる方や自転車利用者におすすめ

スポンサーリンク

こんにちは!
ライターをする前は、損害保険会社で保険金の支払いを担当していました、朝子です。

日々生活するなかで、誤って他人のモノを壊してしまったり、人をケガさせてしまう可能性があります。

そうすると、相手に対して賠償責任を負うことになるのですが、そのときに相手に支払う費用を補償してくれるのが個人賠償責任保険です。

この保険、特に子どもがいるご家庭は加入をオススメします。
なぜなら子どもは悪気なくモノを壊したり、お友達にケガを負わせてしまう可能性が大人よりも高いからです。

もし、そんなトラブルが起こったときに、対応してもらえる保険があるって心強いですよね。

また、個人賠償責任保険は自転車を運転する人が事故を起こしたときのリスクにも対応できるんですよ。

今回は、そんな個人賠償責任保険について知っておいたほうがいいことを詳しく説明していきますね。

個人賠償責任保険の補償対象や支払事例

個人賠償責任保険ってどんな保険?

個人賠償責任保険の内容とよくある保険金支払い例

個人賠償責任保険とは、誤って他人のモノを壊したり、ケガをさせたりして法律上の賠償責任を負ったときに、相手との示談・交渉を代行したり損害費用を補償してくれたりする保険です。

保険に特約として付帯し、個人賠償責任特約と呼ばれたり、「日常の事故」や「日常賠償」などの表記になっていることも多いですね。

示談交渉サービスが付いている場合は、単に費用が支払われるだけでなく、相手への電話連絡や支払の手続きなどを保険会社が代わりにやってくれるので精神的にも負担が軽くなります。

自分は大丈夫と思っていても、意外と他人に迷惑をかけてしまうことってあるんですよね。
こちらは実際にわたしが担当した保険金の支払い例です。

  • 洗濯機が壊れて水漏れし、階下の人の家財を水びたしにしてしまった
  • ベランダからバケツを落として駐車中の車に傷を付けてしまった
  • スノーボード中、他人をケガさせてしまった
  • 子どもがお友達のオモチャを壊してしまった
  • 自転車を運転中に人と接触し、ケガをさせてしまった

なんとなく「これならありえるかも」と感じませんか?

子どもがいる家庭・自分や家族が自転車に乗る・スポーツをする方は加入を検討しよう

このように、日常におけるトラブルはいつ誰に起きるかわかりません。

特に、子どもがいたり、自分や家族が自転車に乗る方、ウインタースポーツを始め、スポーツをする方は今すぐにでも加入した方がいいのでは・・・と思うくらい。

何かあっても、賠償する額が数千円~数万円であれば、手持ちのお金ですぐに支払えるかもしれませんが、まれに高額な賠償額を請求されることがあるんです。

実際に、子どもが運転する自転車が歩行者女性に衝突し、意識不明が戻らないケガをさせてしまった事故の賠償額は約9,500万円でした。

そのため、保険料はかかりますが、安心料として支払っても惜しくない保険だといえます。

個人賠償責任保険で補償できないケース

この保険は、親子や配偶者、同居親族など身内のモノを壊したり、ケガをさせたりしたときには補償されません。
また、業務中に起きた事故や業務に関わる賠償についても補償の対象外です。

ほかにも、自動車事故に関する損害についても補償できません。
自動車事故は、自動車保険で対応しましょう。

そして大前提として、あくまで偶然な事故による損害を補償するので、故意に他人のモノを壊したり、ケガをさせた場合は補償の対象外です。

どうすれば個人賠償責任保険に加入できるの?

このように、個人賠償責任保険に加入することで、さまざまな日常のトラブルに対しての不安が解消されることはわかっていただけたかと思います。

では、個人賠償責任保険にはどのように加入すればいいのでしょうか。
代表的な加入方法を、こちらにまとめてみました。

すでに加入している火災保険や自動車保険の特約として付帯する

一番多い方法が、火災保険や自動車保険などに特約として付帯する方法です。

新たに契約を結ぶ必要もありませんし、保険料も年間数百円からと、安く契約できます。
わたしの場合、火災保険に特約として付けていて、保険料は年間約1,000円ほどです。

賃貸物件にお住まいの方は、個人賠償責任特約が組み込まれている火災保険を契約している可能性が高いので、保険証券や契約者専用ページから契約内容を確認してみましょう。

▼「特約」部分にまとめて記載されています。

火災保険契約者ページ(個人賠償)

自動車保険契約者ページ(個人賠償)

火災保険や自動車保険のほかに、傷害保険などの保険契約に付いていることもあるので、これらの契約がある方は一度確認してみてくださいね。

中途付帯したい場合は、ネットの契約者専用ページからの手続きもしくはコールセンターや代理店に電話連絡すれば手続き可能ですよ。

契約者専用ページは加入している保険会社のHPの最初のページに入口があります。

▼契約者専用ページへの入口例はこちら。

契約者専用ページ入り口

実は、個人賠償責任保険を単体で契約している方って、あまり見たことがありません。
それは、そもそも保険会社が個人賠償責任保険を単体で取り扱っていることが少ないんです。

例えば、AU損保は傷害保険と個人賠償責任保険を合わせた「ケガの保険 日常の事故」というプランの保険を取り扱っています。

こういった形態の保険はほとんどの損害保険会社で取り扱いがありますよ。

クレジットカードにオプションとして付帯する

損害保険契約がない方は、クレジットカードにオプションとして個人賠償責任保険を付けるのもひとつの手です。

「え?クレジットカードに付帯できるの?」と思うかもしれませんが、いくつかのクレジットカード会社は、保険料を支払えばオプションで希望する保険を付けることが可能なんですよ。

こちらも保険料は比較的安く、だいたい月額150円~数百円で個人賠償責任の補償を付けられるので、火災・自動車・傷害保険などの契約がなくて、まだ個人賠償責任保険に加入していない方は、クレジットカードに付帯することを検討してもいいかもしれませんね。

ここに、オプションとして個人賠償責任特約を付けられる、代表的なカード会社をまとめてみました。

ほとんどのカード会社で、インターネットから簡単に保険の申し込み手続きが可能です。

ただし、 セゾンカードには示談交渉サービスがなかったり、カード会社によっては加入する際に条件があったりするので、詳しくは各カード会社さんに確認してくださいね。

また、事故があって保険金を請求するときは、カード会社ではなく引受保険会社へ直接連絡するのが一般的なので、加入する際はそのあたりもよく確認しておくといいでしょう。

個人賠償責任保険の補償の対象となる方

個人賠償責任保険(特約)は、契約者本人だけでなく、その家族も補償を受けることができます。

補償の対象となる方

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子

そのため、家族内の一人がこの保険を付帯していれば、他の人が重複して付ける必要はありません。

また、複数の保険契約があったとしても、補償されるのは1つの契約だけなので、複数の個人賠償責任保険契約がある場合は保険料をムダに支払っている可能性があります。

不要な契約は中途解約しましょうね。

さいごに

個人賠償責任保険は他の保険と比べても、短時間で簡単に加入手続きが可能です。

回避したくてもできないトラブルは意外なところに潜んでいるものですが、この保険があるおかげでその部分の不安は取り除かれますよ。

また、こちらで説明した内容はあくまで一般的なお話です。

保険会社によって補償の範囲や契約手続きの詳細などは異なりますので、詳しくは加入・加入を検討している保険会社に確認してくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

朝子

北海道に住む、Webライターで一児の母。ライターを始める前は損害保険会社に約8年勤務しており、損保関連の記事執筆を中心に活動しています。個人ブログ「あさこのゆ」もゆったり更新中。

執筆メンバの一覧を見る