東海道新幹線の運賃を最大2割引きにする、JR東海の株主優待を利用した節約術

スポンサーリンク

以前、東北新幹線で使える節約術を紹介しました。

正直なところ、東北新幹線よりも、新大阪ー東京間を走る東海道新幹線の方が利用する方が多いでしょう。私自身もこの区間の移動は時々行うので、少しでも交通費を安くする方法を常に模索しています。

新幹線は高いですが、一番早く移動できて便利ですよね。時間は何よりも大切な資源です。

そこで今回は、時間を大切にしつつも東海道新幹線の運賃を少しでも安くなる方法を紹介いたします。と言っても、東北新幹線のやり方と全く同じです。こちらは最大2割引きにすることができます。

東海旅客鉄道(JR東海)の株主優待を利用

最初にも紹介したように、東海道新幹線の区間は新大阪ー東京となります。この区間の運賃は14,050円です。

14,050円かかる区間ですが、JR東海の株主優待券を利用すると割り引くことができます。1枚で1割引き(10%)となり、最大で2枚利用することができます。2枚利用すると2割引き(20%)引きです。

新大阪ー東京間でJR東海の株主優待券を2枚利用すると、11,240円(2,810円OFF)まで下げることができます。

さらに、同じ関西圏の京都ー東京間を例にしましょう。通常運賃は13,520円で、JR東海の株主優待券を2枚利用すると、10,816円(2,704円OFF)まで下がります。

JR東海の株主優待券はお盆やゴールデンウィークなどの期間だけ使えないなんてことはなく、1年中使うことができます。この点、価値がありますよね。

新幹線

利用方法

JR東海の株主優待は以下の場所で利用することができます。

  • JR東海の区間である駅のきっぷうりば
  • ジェイアール東海ツアーズの窓口

JR他社の窓口では利用できませんので、注意してくださいね。例えば、JR大阪駅。ここはJR西日本の駅なので、使えません。

 

ヤフオクかチケットショップで入手

JR東海の株主優待券を入手するには、ヤフオク!やチケットショップを利用します。

相場はどちらの場合も980円が多い感じです。もちろん取引相手や場所によって金額が前後することはあります。

仮に980円で2枚入手できれば、1,960円です。新大阪ー東京間や京都ー東京間は株主優待券の購入額を考慮しても安くなりますね。

これらの区間を利用する場合は、株主優待券を買った方がお得という結論が出ました。割引するのが難しいお盆・ゴールデンウィーク・年末年始でも株主優待券を利用して安く買うことができるのが素晴らしいです。

ただ、これらの繁忙期に株主優待券を買おうとすると、相場よりも高くなることが予想されますので、あらかじめこの区間を利用する予定がある場合は、繁忙期以外に株主優待券を買っておくのがいいと思います。

交通費をもっと節約したい方は、以下のページも必見です。

おまけ:新幹線に関連する節約術

今回紹介した方法に限らず、新幹線に関する節約術は他にもあります。興味を持っていただければ、合わせてこちらのページも参考にしてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る