こども商品券(おもちゃ券)の特徴・お得な使い方と割引して安く入手する方法

スポンサーリンク

子どもがいる生活は楽しいです。予期せぬ出来事の連続で振り回されることもしばしばですが、それでも何にも代え難い時間となります。

ただ、子どもがいるとどうしても育児のためのお金がかかりますよね。

小さい時はあまりかかりませんが、年齢を重ねるにつれ、お金がかかるようになります。

子どものために使うお金は惜しまない方がいいですが、使う時にはできるだけ安くなる方法を使いたいものです。

そんな時に使えるのが「こども商品券」昔はおもちゃ券と呼ばれていたそうです。

私は今までこども商品券の存在を知りませんでした・・・。
世の中、知らないことがいっぱいありますね〜。

今回は、こども商品券を使って少しでも節約する方法を紹介いたします。

こども商品券

全国約5,000店で利用できる

こども商品券、私は知らなかったですが、全国的に有名なものです。なんと約5,000店舗ほどで使うことができます

こども商品券という名前から、おもちゃを買う時に使えそうなイメージがありますが、おもちゃだけでなく、幅広い用途で使うことができます。

以下の一覧は、こども商品券が利用できるシーンです。

  • おもちゃ売り場(デパート・スーパー・玩具専門店)
  • ベビー服・子供服・子供用品
  • 文具・ステーショナリー
  • 遊園地・水族館・動物園など
  • ごく一部のレストラン
  • オンラインショップ「トイカードセレクション

幅広く使えることがお分かりいただけると思います。個人的には、子供服や子供用品に使えるのが嬉しいです。

商品券は500円、1,000円の2種類

こども商品券は1枚500円の券と1,000円の券の2種類があります。

どちらかに優劣がある訳ではないですので、心配は無用です。

ただ、使う時のことを考えると、細かく利用できる500円券を何枚か持っておくと便利です。

例えば、1,500円の買い物の時に1,000円券と500円券を1枚持っていれば、それだけで会計を済ますことができますよね。

こども商品券

お釣りは出ません

こども商品券はお釣りが出ません。利用の際は、こども商品券の額面以上の買い物の時だけにしましょう。

大人でも使える

名前に「こども」と付くので、子供しか使えない印象があるかもしれません。

そんな心配はなく、大人でも使うことができるので、安心してくださいね。

チケットショップで安く入手できる

いよいよここから節約術です!

こども商品券を安く手に入れる方法はとても簡単です。

チケットショップに行けば、置いてある店があります。ただ、どこの店でも置いてあるわけではないので、その点だけ注意してくださいね。

私が見た、チケットショップでのこども商品券は、1,000円分が980円で販売されていました。つまり2%引きですね。

クレジットカードでは2%も安くするのが困難です(リクルートカードプラスのみ)。

そう思うとこども商品券をチケットショップで買う節約術はかなり使えます。

オークションでも入手できる

また、そんなに数は出回っていませんがヤフオク!でも流通しています。運が良ければ、より安く手に入れることも可能です。

オークションで入手する時のポイントは、2つあります。

1つは、送料を計算に入れること。もう1つは、振込手数料にお金を使わないことです。振込手数料を無料にする方法はいくつもあります。

購入時の節約術まとめ

こども商品券を使って、おもちゃやベビー用品などを節約するには、以下の2つの方法があります。

ありきたりな方法を使うだけで、簡単に節約することができます。

1回あたりの金額はそれほど大きいものではないので、節約の効果を実感しにくいとは思いますが、続けていくことで、何千円・何万円単位の節約になりますよ。

一度覚えてしまえば簡単に使える節約術だと思います。頭の片隅に置いておいて、この方法が使えそうな時期が来れば使ってみましょう。

おまけ:ギフトカードの活用術

日本には、いくつものギフトカードがあります。
それぞれのカードに特徴がありますので、知っていると節約に役立ちますよ^^

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!