フリルの手数料をなるべく無料にする方法や振込手数料負担を軽くする方法まとめ

スポンサーリンク

フリルはラクマに名称が変わりました。
最新の手数料情報は以下のページが詳しいですよ。

これより下は、以前のフリルの手数料情報について書いた記事になります。

***

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

フリマアプリの「フリル」を使おうと思ったときに気になるのが手数料のことではないでしょうか。

試しに使ってみたいけどお金がかかるのはいやだと思いますので、フリルを使うときの手数料の仕組みについて、このページで説明していきますね。

フリルの手数料を無料にする方法や振込手数料負担を軽くする方法

フリルの手数料の種類は4つ

フリルを使うときに発生するかもと思える手数料は以下の4つがあります。

  • 出品手数料
  • 送料
  • 購入手数料
  • 振込手数料

この中で確実に手数料として払わないといけないのは送料と振込手数料ですね。

ただ、換金するときにならないと振込手数料を払う必要はないので、そこまで大げさに気にしすぎる必要はありませんよ。

フリルに会員登録するときは手数料無料です。
始めること自体はとても気軽にできますので、ご安心ください。

もちろん、アプリ自体も無料で使えますよ。

それでは、これから1つ1つの手数料について詳しく見ていきましょう。

フリルの手数料を無料にする方法や振込手数料負担を軽くする方法

出品時の手数料は無料

フリルでは、自分で商品を出品して販売することができます。

そのときに手数料がかかりそうなイメージがあるかもしれませんが、実はフリルだと無料です。

出品して商品が売れても、入ってくる金額は100%自分のものになりますよ。(送料を除く)

フリルを使う大きなメリットはここになりますね。

メルカリの場合は、出品した商品が売れたときに10%の手数料が引かれてしまいます。

ずっと売り続けていくことを考えると、フリルで出品し続けるほうが残るお金は大きくなりますよ。

ちなみに、メルカリの手数料については以下の記事が詳しいです。

送料は安くする方法がいろいろあります

フリルで出品してモノが売れたら、相手に送り届けないといけませんよね。
そのときにはどうしても送料がかかります。

一番おすすめの発送方法はかんたんフリルパックですが、他にもいろいろな方法を自分で選んで送れますよ。

送料を安くするためにできる方法や、発送方法の一覧は以下の記事が詳しいです。

購入時に手数料がかかる

フリルでは出品だけでなく商品の購入もできます。
でも、買い方によっては手数料が発生するので注意が必要です。

手数料が100円発生する支払い方法は以下の通り。

  • コンビニ
  • 銀行ATM
  • 携帯キャリア払い

これらの方法はそもそも手間がかかるので、使わないのがおすすめです。

素直にクレジットカードで支払うようにするのが一番簡単で手っ取り早く済みますよ。

余計なこと考えなくていいし、相手にも支払い通知がすぐ届くため、安心して取引できます。

当たり前ですが、クレジットカード情報はフリルが管理しているため、取引相手に伝わることはありません。

手持ちのクレジットカードを使ってささっと支払いを済ませちゃいましょう。

もしクレジットカードを持っていない場合は、ポイント還元率の高いカードがおすすめです。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

フリルでクレジットカード払いする場合は、以下のページも参考になります。

振込手数料は一律で210円かかる

あと、フリルでは現金に振込してもらうときに振込手数料が一律で210円かかります。

これは必ず必要になるお金ですので、現金の振込申請するときは1回あたりの振込金額が多いほうがお得ですよ。

また、振込先は楽天銀行にしておくのがおすすめです。
その理由は、ハッピープログラムを使っていると、1件振り込まれるごとに1〜3円分の楽天スーパーポイントが貯まるから。

その分だけわずかながら手数料の負担を軽くできますよね。

さいごに

フリルをよりお得に使いこなすためには、手数料の仕組みを知っておくのが大切です。

ムダな手数料を払わないようにしたり、手数料の負担を軽くできるやり方を知っておくことは結果的に手元に残るお金が増えることにつながりますよ。

地味なことではありますが、積み重ねると大きな差になります。

おまけ:関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る