ソフトバンク系格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を解約。解約方法と気になるポイントを紹介します

スポンサーリンク

ソフトバンクのMVNOとして日本通信がサービスを提供する格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」。

初めて登場したソフトバンク系格安SIMということもあり、使用感を確認すべく、実際に契約して試していました。

ノマド敵節約術でも実際に契約方法や実際の通信速度、会員専用ページの使い方などを紹介してきましたね。

そして先日、契約した目的をひととおり果たしたため、回線の解約手続きをおこなうことに。

今回はこの解約手続きをおこなった際に確認した、日本通信のソフトバンク系格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」解約の流れとポイントを紹介します。

解約手続きはネットで24時間OK

b-mobile S 開幕SIM(以降、開幕SIM)の解約手続きは、会員専用ページ「My b-mobile」からおこないます。

量販店に設定されている契約窓口、あるいは電話による解約手続きは受け付けていない、という点にまず注意が必要ですね。

さてここからは早速、解約手続きの流れについて、写真を使って紹介していきます。

今回使っている写真はパソコンで表示した画面ですが、スマホやタブレットから手続きをおこなう場合も操作や手順は変わりませんよ。

▼まずは登録しているEメールアドレスとパスワードでMy b-mobileにログイン
b-mobile S 開幕SIMの解約手続き

▼ログインできたら【解約】のボタンを探して選ぶ
b-mobile S 開幕SIMの解約手続き

▼解約したい回線の電話番号や契約プランになっているか確認。間違いなければ【解約する】のボタンを押す
b-mobile S 開幕SIMの解約手続き

▼「解約受付メールを送信しました」と表示された。これで解約手続きの申込みは完了
b-mobile S 開幕SIMの解約手続き

▼My b-mobileのメイン画面に戻ってみると「解約手続き中」の表示が出る。また【解約】ボタンは選べなくなった
b-mobile S 開幕SIMの解約手続き

▼この後、My b-mobileのアカウントに登録したEメールアドレスへ解約手続き受付の確認メールが届く
b-mobile S 開幕SIMの解約手続き

▼解約月度末日の翌日にあらためて解約手続き完了の通知。これで解約完了
b-mobile S 開幕SIMの解約手続き

回線の解約となると、手続きは何やら面倒そうな印象が。

しかし開幕SIMに関しては、会員専用ページにログイン後、最短2回ボタンを押すだけとかなり簡単な仕組みになっていましたよ。

パソコンやスマホ、タブレットなど、手続きに使うデバイスの操作に慣れていれば、ものの数分で済ませられる内容です。

解約時に気になることのひとつといえば、解約月度の基本料金

開幕SIMでは、解約月度の基本料金は日割り計算されず、満額請求されます。

代わりに解約手続きを済ませた後も、月度末まではSIMカードを使い続けることができますよ。

今月度での解約することをすでに決めている場合は、月度末にバタバタしないよう、早めに手続きを済ませてしまうのも賢い方法のひとつといえますね。

なお上で紹介した「解約手続き完了」のメール(2通目)が届くのは解約が完了した後なので、タイミングとしては解約する月度末日の翌日になりますよ。

解約手続きの申込み→解約手続き受付のメール受信→解約手続き完了のメール受信という3つの手順が済んだら、あとは使っていたSIMカードを返却します。

返却先の住所はb-mobile S公式サイトの「よくあるご質問」ページに記載されているので、解約のタイミングで最新の情報を確認して使いましょう。

返却方法は定形郵便(送料82円)でOKです。

b-mobile S 開幕SIMの解約手続き

開幕SIMを解約する際の気になるポイントまとめ

あらためて、ここまでに説明した解約手続きの流れを一旦まとめておきます。

  1. My b-mobileから解約申込みの手続きをおこなう
  2. 解約手続き受付の通知メールが届く
  3. 解約手続き完了の通知メールが届く
  4. SIMカードを郵送で返却する

書き出してみても、やはり流れ自体はとてもシンプルですね。

ここまでの説明に加えて、続いては解約する前に理解しておくと安心できるであろう、ポイントを思いつく範囲でまとめておきます。

すでに触れた内容も含めて書いておきますので、おさらいの意味も含めて、目を通してみてくださいね。

解約金はかかる?

2017年8月現在、開幕SIMには解約金や契約違約金といった類のものは設定されていません。

契約期間の縛りがないので、使わなくなったり、他の格安SIMに変更したくなったりすれば、いつでも心配なく手続きがおこなえますよ。

解約月度の料金は日割り計算される?

開幕SIMでは、解約月度の料金は日割り計算されません。

代わりとして、解約手続きを申し込んだ後でも、月度末まではSIMカードは使い続けられますよ。

月度末っていつ?

開幕SIMにおける月度末は、SIMカードを開通して使い始めたタイミングにより異なります。

サービスの利用を開始した「回線の開通日」が月度の初日とみなされるので、月度末は翌月の前日(利用開始日が月の初日の場合のみ同月末日)ということになりますね。

例えば利用開始日が8月25日であれば、初回の月度末は翌月の前日、すなわち9月24日ということに。

以降の月度末は毎月24日として扱われます。

現在の契約における月度末がいつになっているかは、会員専用ページ「My b-mobile」にログインすれば確認できますよ。

当月度で解約したい場合、解約手続きはいつまでに申し込めばOK?

当月度で解約したい場合、解約手続きは月度末日の23時59分までにおこなえばOKです。

ただし問い合わせ窓口であるbモバイルヘルプデスクに確認してみたところ、日付が変わる直前ギリギリだと、申込みからシステムに反映までにタイムラグが発生することもあるとのこと。

万が一当月度でなく翌月度での解約となってしまうと、1ヶ月分ムダにお金を支払うことになってしまいますよね。

そう考えると、解約手続きの申込みは少しでも余裕を持って、早めにおこなうことが確実でありオススメです。

会員専用ページにはいつまでアクセスできる?

開幕SIMの会員専用ページ「My b-mobile」自体には、解約後も少なくとも6ヶ月間はアクセスできます。

ちなみに6ヶ月という期間は、My b-mobileに過去の請求明細(利用明細)が保存される期間になっています。

6ヶ月を超えたものは順次削除されて閲覧できなくなりますので、もし請求明細を手元に残しておきたい場合は、早めに紙へプリントアウトするなど、対処しておきましょう。

また万が一「アカウントはもう使わないのですぐに削除してほしい」という要望があれば、その旨をbモバイルヘルプデスク(03-5776-1700/受付時間:9~18時)に連絡すれば、アカウントを即刻削除してもらうことも可能ですよ。

SIMカードの返却は必要?

回線を解約した後、手元に残った使用済みのSIMカードは返却する必要があります。

返却先の住所はb-mobile S公式サイトの「よくあるご質問」ページに載っていますので、解約するタイミングで最新の情報を確認して使いましょう。

返送方法は定形郵便(送料82円)でOKです。

さいごに

日本通信が提供するソフトバンク系格安SIMサービス「b-mobile S 開幕SIM」の解約手順、解約する前に理解しておきたいポイントを紹介しました。

さいごに最低限押さえておきたいポイントをあらためてまとめておきますね。

  • 解約手続きの申込みは会員専用ページ「My b-mobile」からおこなう
  • 解約手続きを済ませた後も、SIMカードは解約月度末まで使える
  • 使用済みのSIMカードは要返却

開幕SIMは解約手続きにも目立った面倒さは感じられず、さらには解約金・違約金といったものもナシ。

通信速度をはじめとする回線の品質も十分すぎる内容であり、使い方にハマれば、しっかりオススメできる格安SIMであることがわかりました。

自宅に眠っているソフトバンクのiPhoneやiPadを再利用する目的で格安SIMを探しているのであれば、開幕SIMは検討価値アリ!な有効手段といえるでしょうね。

なお日本通信・b-mobileブランドでは2017年8月末より、音声通話機能付きのソフトバンク系格安SIM「b-mobile S スマホ電話SIM」も提供をはじめています。

音声通話機能付きとなれば、これまで使っていたソフトバンクのiPhone・iPadをそのまま、SIMカードだけ差し替えて使うこともでき、より使い方の幅が広がることに。

bモバイルヘルプデスクに訪ねたところ、スマホ電話SIMと開幕SIMでは、データ通信速度などの通信品質は基本的に変わらないと回答をもらえました。

ソフトバンクからスマホ電話SIMへのりかえを検討する際、まずは開幕SIMを数ヶ月使ってきちんと使えるか確認するというのも、あとから「通信がつながらない!」「通信速度が遅い!」と困らないためには賢い方法ですよ。

状況はさまざま考えられますが、これからb-mobile S 開幕SIMの契約を検討しているのであれば、今回紹介した内容はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

執筆メンバの一覧を見る