リーダーズカードは学生でも作れる?18歳以上であれば申込可能です

スポンサーリンク

クレジットカードのリーダーズカードを作ろうか迷ったときに、学生でも作れるのかどうかが気になるかと思います。

このページでは、リーダーズカードを学生でも審査に通って作りやすくするためにできることを紹介していきますね。

リーダーズカードは18歳以上が対象

リーダーズカードを作るための条件は、18歳以上であることです。

ただし高校生は対象外なので、高校卒業後であればリーダーズカードを申込できますよ。

未成年者の場合は、親権者の同意が必要です。

この条件を満たしていれば、リーダーズカードを申込できるので、あとは審査に通ることを願うだけですね。

学生の場合は申込時の入力が増える

学生がリーダーズカードを申込するときは、入力欄が少し増えます。

職業欄に「学生」とチェックを入れると、下に入力項目が増えて、学校名やアルバイト先の入力欄が出てきますよ。

必須項目になっているので、正確に答えておきましょう。

入力項目は以下の通りです。

  • 学校名
  • 学校名(かな/カナ)
  • 学部
  • 学科
  • 学年
  • 卒業予定
  • パート・アルバイト先名
  • パート・アルバイト先電話番号
  • 税込年収

審査に通りやすくするなら、全部入力しておくほうがいいですね。

リーダーズカード 学生の申込 入力欄

海外旅行傷害保険が自動付帯になる

リーダーズカードが学生向けにおすすめできるのは、海外旅行傷害保険が自動付帯になっていることです。

リーダーズカードを持っているだけで海外旅行するときの保険が適用されますよ。
そのおかげで安心感が出ますね。

海外旅行傷害保険で気にしておきたい項目と金額は以下の通りです。

  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:最高2,000万円
  • 携行品損害:最高20万円(1回あたり3,000円の自己負担)
  • 救援者費用:最高200万円(1年間の限度額)

意外と海外旅行傷害保険が手厚いクレジットカードになるのでおすすめですね。

他にエポスカードも合わせて持っておくと、より海外旅行傷害保険が手厚くできますよ。

さいごに

リーダーズカードは、ポイント還元率が1.25%とお得なクレジットカードです。

学生のうちに作れて、かつ年間30万円以上確実に使うのであれば、かなりお得といえますよ。

この前提条件が満たせて作ってもいいなと思うなら、まずは審査に通るか試してみるのがいいですね!

参考:リーダーズカードを作るにはこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!