スマホやタブレット向けの保険サービス「SBIマネープラザ モバイルの保険」とは?特徴やおすすめの利用方法を紹介

スポンサーリンク

こんにちは。
携帯電話をはじめとする通信機能付きの電化製品には関心の強い、ライターのまきはらです。

最近あちこちで見かける「格安SIM」というサービスについて、携帯電話の契約見直しを考える家族や友人、知人に質問される機会が増えています。

料金を安く理由として通信品質やアフターサービスの内容がキャリアとは違うことを説明すると、一定数の人から聞かれるのが「携帯電話が壊れてしまった場合はどうなのか?」ということ。

SIMカードとセットあるいは量販店にて単体で購入したSIMフリースマホにはメーカー保証以上のサービスが用意されているところはまだ多くありません。

またキャリアで使っていたスマホをそのままMVNOで使い続けるといった場合も、これまでキャリアで契約できていた補償および保証サービスは利用できなくなります。

そこでそういった場合に利用できるサービスは何かなかったか……と思い出したのが「SBIマネープラザ モバイルの保険」です。

サービスが登場した当初は結構話題にもなったので、知っている、あるいはなんとなく名前は聞いたことがある、という場合も多いかもしれませんね。

今回はこのSBIマネープラザ モバイルの保険というサービスについて、概要と特徴、どういった場合に加入がオススメできるのか、そしてオススメしない場合もあるのか。こういったポイントをまとめて整理していくことにします。

スマホやタブレット向けの保険サービス「SBIマネープラザ モバイルの保険」とは?

SBIマネープラザ モバイルの保険とは

「SBIマネープラザ モバイルの保険」はさくら少額短期保険株式会社が取り扱う保険サービスです。

名前のとおり、主には持ち歩くことができる通信機器、すなわち“端末”を対象とした設計になっています。

しかし保険の対象とする“端末”の定義がかなり幅広くなっており、携帯電話・スマートフォン以外の電子機器にも適用できることが大きな特徴です(詳しくは後ほど)。

保険料は700円/月(非課税)。
この金額を払っておくと、保険に登録していた端末が壊れても、修理費用として最大100,000円までの補償が受けられます。

ここからはもう少し詳しく、サービスのポイントを見ていきましょう。

登録できる対象は?

モバイル保険の対象として登録できるのは、次の条件を満たす“端末”です。

  • 保険をかける本人が所有または使用しているものである
  • 日本国内で販売されたメーカー純正の製品または移動体通信事業者(MNO)・仮想移動体通信事業者(MVNO)で販売されたものである
  • 通常生活の用に供する無線通信が可能である
  • 購入日の明記された書類がある(中古端末は3ヶ月以上の保証書が必要)
  • オークションや譲渡で入手したものでない
  • 正常に全機能が動作する
  • 登録時に新規取得した日から1年未満である

自分自身が保険を契約するとした場合、家族が自分で購入して使っているものは対象外ですが、自分が購入して使わせているものはOKということになりますね。

また海外メーカーの製品であっても、日本国内で正規に販売されているものであればモバイル保険の対象になります。

さらにモバイル保険の大きな特徴としてここで注目したいのは “端末”の定義。

端末と聞いて思い浮かべるのはスマホやタブレット、ノートPCくらいではないでしょうか。

しかしモバイル保険では「携帯通信、無線LAN、Wi-Fi、Bluetooth機能付きの機器」をひとくくりに“端末”と定義しています。

つまり携帯電話やスマートフォン、タブレット端末、ノートPCのみならず、スマートウォッチ、音楽プレイヤー、携帯ゲーム機、モバイルルーター、デジタルカメラといったものでも対象にできる可能性があるということです。

▼筆者が普段使っているモノ。これらもすべて“端末”の定義に当てはまる
モバイル保険に登録できる端末類の例

たとえばAppleのiPhone 7シリーズ登場によって注目を浴びたワイヤレスタイプのイヤホン・ヘッドホン。

これらもBluetoothで接続するものであり “端末”として扱ってもらえるそうです。

もはや最近の電子機器ならほとんど大丈夫そうな感じすらありますね(笑)

毎月の保険料は

保険料は700円/月(非課税)。この料金で端末を最大3台(主端末1台、副端末2台)まで登録できます。

1契約で補償される金額は最大100,000円。

モバイル保険の契約は1年単位(ただし保険料の支払いは一括または月払いから選択可能)となっており、1年間に100,000円までであれば、回数は無制限に補償を受けることが可能ですよ。

なお最大100,000円という上限額は3台の端末の合計であること、また主端末と副端末では適用される補償の内容が異なることには注意が必要です。

モバイル保険の補償内容

補償される金額は副端末より主端末のほうが高く、また副端末に限っては初回追加登録から30日間の免責期間が設けられています。

主端末にするか副端末にするかで補償の内容は結構変わるだけに、それぞれの購入費用、補償を使う可能性を吟味して設定したいところですね。

保険金が支払われるのはどんなとき?

モバイル保険で保険金が支払われるのは次の5つのケース。

  • 外装破損
  • 損壊
  • 水濡れ全損
  • 故障
  • 盗難

スマートフォンで考えてみると、ディスプレイのガラスが割れてしまった場合や、水に落としてしまった場合であれば、保険金は支払われます。

水濡れについては、修理が可能か(損壊)、不能か(水濡れ全損)によっても支払額が大きく変わる点は意識しておきたいもの。

一方で次の10のケースでは、保険金は支払われません。

  • 自然の消耗、劣化、性質による変色、変質、さび、かび、腐敗、腐食、浸食、ひび割れ、はがれ、肌落ち、ねずみ食い、虫食い等により生じた損害
  • 保険対象の欠陥により生じた損害
  • 保険契約者、被保険者またはこれらの者の法定代理人の故意、重大な過失、法令違反により生じた損害
  • 被保険者と世帯を同じくする親族の故意により生じた損害
  • 置き忘れ、紛失により生じた損害
  • 地震、噴火、津波により生じた損害
  • 水災により生じた損害
  • 台風、旋風、暴風、暴風雨等の風災により屋外に所在する保険対象に生じた損害
  • 購入から1年以内のメーカーの瑕疵(かし)による故障等により生じた損害
  • 日本国外で生じた損害

とくに注意が必要なのは、置き忘れや紛失といった保険契約者本人の過失が原因で手元から無くなった場合、そして海外で生じた損害には保険が適用されないというあたりでしょうかね。

登録時に必要な情報は?

モバイル保険を契約する際、手続きするにあたって必要となる情報は次の10種類です。

  • 端末のメーカー
  • 機種名
  • キャリア(携帯電話の場合)
  • ストレージ容量
  • シリアル番号
  • IMEI番号
  • 登録端末の購入日
  • 登録端末の購入金額
  • 保険料の支払いに使うクレジットカード番号
  • メールアドレス(※ない場合は書面での対応も可能)

シリアル番号やIMEI番号といった、端末それぞれに割り当てられた固有番号の登録も必要です。

ちなみにモバイル保険に登録する端末は後から変更することも可能ですが、過去に一度でも登録実績のある端末を再登録することはできません。

登録を変更する場合は、変更しても本当に大丈夫か、しっかり考えるようにしましょう。

保険はいつから適用される?

モバイル保険の責任開始日は、申込みと初回分の保険料入金、そして保険会社側での契約承諾がすべて行われた日からとなります。

申込みだけ済んでいるが、入金や契約の承諾がまだというケースで端末が故障しても、これについて補償を受けることはできません。

保険金を受け取るまでのながれ

端末が壊れた場合の保険金支払いは原則、保険金請求に必要な書類が保険会社に到着した日の翌日からその日を含めて5営業日以内に行われます。

この際のステップは、ざっくりわけると4つです。

  1. キャリアショップやメーカー、修理業者で端末を修理してもらう
  2. 領収書や修理明細を受け取る
  3. 書類をもとにマイページから保険金を申請する
  4. 指定口座に保険金が振り込まれる

まずは端末を購入したキャリアショップやメーカーショップ、あるいはその他の修理業者に依頼して、端末を修理してもらいます。

モバイル保険は修理代金を補償するサービスなので、この際まず、修理代金は一時的に立て替えることとなります。

モバイル保険が提携する修理店を利用すれば修理代金の立て替えるは不要になっていますが、この提携修理店は2017年4月時点でまだ1店舗のみ(募集中)とのことなので、利用できる機会は限られますね。

修理が済んだら、保険金の請求に使う資料として、修理代金の領収書、故障内容を署名できるレポート等の書類、損害状況や損害品の写真を用意。

修理不能の場合は領収書を除く、2つが用意できればOKです。

これをもとに、モバイル保険の会員専用ページ「マイページ」から保険金の申請を行います。

申請の受付と決済がされれば、晴れて保険金が指定の口座に振り込まれるという流れです。

ちなみに盗難による場合は、修理の領収書やレポート等は当然準備できませんので、盗難届を資料として提出することになります。

ずばりどういう人にオススメ?

ここまでの説明でモバイル保険の内容はざっくりとでもわかってもらえたと思います。

次に気になるのは「どういった人に向いているサービスなのか」ということですよね。

ここではいくつか例をあげてみたいと思います。

画面を割ってしまう頻度が高い

まず思い浮かぶのが、画面を割ってしまう頻度が高い場合です。

機種や割れ方にはよりますが、保証外によるスマホ画面ガラスの修理だと、修理費用はだいたい10,000円前後かかります。

そこで活きてくるのが、補償の上限は回数でなく、金額で設定されているというモバイル保険の特徴です。

仮に1回の修理に15,000円かかるとしても、モバイル保険であれば、1年間で6回までは補償の範囲内に収まります。

筆者個人的には、割ってしまう頻度が多いのであれば、補償よりもケースやストラップの装着、画面保護フィルムの貼り付けといった予防から手をつけることをオススメします。

ただケースを着ければ大きさが、フィルムを貼れば指ざわりが、といったように使い勝手は変わります。

こういった変化はできるだけ避けたいということであれば、モバイル保険に頼るというのはひとつの方法だと思いますよ。

中古品を購入して使う

スマホや携帯電話を入手する方法として、中古販売業者も利用する場合もありますよね。

モバイル保険ではこういった中古品であっても、条件を満たせば、保険対象として登録が可能です。

中古で購入した端末を登録する場合は、先に触れた5つに加えて「3ヶ月以上を保証する保証書が中古販売店から発行されている」という条件が追加されます。

実際にスマートフォンの中古販売店として有名なイオシス、じゃんばらといったお店を覗いてみると、中古品の保証期間は1ヶ月というのがほとんど。

ですが、同様に販売されている新品や未使用品であれば3ヶ月や6ヶ月の保証が付いたものも見つかります。

こういったお店では販売されている新品や未使用品は、量販店などで新品購入するより安い価格が設定されていることがほとんど。

モバイル保険と組み合わせると、端末自体は安く購入でき、かつ故障時も補償が受けられる、と相性はよいですよ。

なお中古品の取扱いでひとつ注意が必要なことも。

それは万が一、前の持ち主がその端末をモバイル保険に登録して使っていた場合は、その端末は登録ができないということです。

モバイル保険では主端末・副端末を問わず、端末を保険に登録する際は端末に割り当てられた固有番号(シリアル番号やIMEI)を登録します。

過去システム上に一度でも同一の固有番号が登録された実績があると、保険の契約者が変わった場合も含めて、再登録はできません。

実際登録を試みても「登録不可」と表示されてしまいます。

3ヶ月以上の保証がついた中古品は多くない、一度登録済みだと再登録できない、といった制限はありますが、こういった使い方もできるということは知っておくと役立つのではないでしょうか。

こういう人にはオススメしない

逆にこういった場合には加入する必要はないのでは?と思うこともあるので、こちらも参考にしてみてください。

これまでに端末を壊したことがない

これはモバイル保険だけでなく、キャリアが提供する補償・保証サービスも含めていえることですが、そもそもこれまで端末を壊した経験がない場合は、加入は考えてなくてよいと思います。

モバイル保険に関しては、登録した端末の故障時に最大100,000円まで補償が受けられますが、このためには700円/月(非課税)の保険金を払い続ける必要があります。

仮に1年払い続けると8,400円となり、そこそこ大きな金額になることがわかりますよね。

もちろん契約中に端末を壊すケースがあれば、すぐに元が取れる可能性は高いですが、そもそもその機会は訪れるのか。

ここは人それぞれ大きく異なる部分だと思いますので、過去の経験も踏まえて考えてみることがオススメですよ。

さいごに

携帯電話・スマートフォンだけでなく、通信機能を備える電化製品ならなんでも対象になりえる「モバイル保険」。

サービスの名称以上に幅広く使える内容になっていることはわかってもらえたと思います。

筆者が個人的にオススメしたいのは、スマホなどの画面をこれまで何度も割ってしまった経験があるという場合ですね。

もちろんMVNOとSIMフリースマホの組み合わせにのりかえる際、不安のひとつを取り除く方法としても、ぜひ検討してみる価値はあるサービスだと思います。

「SBIマネープラザ モバイルの保険」の詳細はこちら

スポンサーリンク

この記事を書いた人

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!