徹底比較!漢方スタイルクラブカードとREX CARD(レックスカード)の実質の還元率やお得額を詳細解説

スポンサーリンク

クレジットカードを選ぶポイントの1つに、還元率の高さがあります。

一時期は還元率がどんどん下がっているという業界の流れがあったように思いますが、2013年になってから、高い還元率を誇るカードが増えてきているように感じています。

*漢方スタイルクラブカードは、「Reader’s Card」に変更になりました。

その中でも特に高還元率なカードが漢方スタイルクラブカードとREX(レックス)カードです。両方のカードとも還元率が1.5%と、一般的なカードの還元率(0.5%)の3倍もあります。

つまり、同じ買い物をするにしても、返ってくる金額やモノも3.5倍変わることになります。今までだと、ポイント還元で定食しか食べれなかったのが、最高級イタリアンなどの豪華ディナーになるような感じです。

漢方スタイルクラブカードとREXカード、どちらも1.5%の還元率だけど、どちらがいいのかなぁ〜と思いませんか?

実はこの2枚のカード、同じ還元率でも微妙に差があります。
その微妙な差で、どちらのカードがお得かどうか変わってきますよ。

ある人は漢方スタイルクラブカードがお得だけど、またある人にとってはREXカードの方がお得になる場合もあり得るのです。

ちなみに私は漢方スタイルクラブカードの方がお得です。
その理由は読み進めていだければわかりますので、読んでいただければと思います。

読み進めていく上で気に留めていただきたいのは、年間利用額と自分やパートナーの職業。この2つです。

カード比較

漢方スタイルクラブカードとREXカードのスペック一覧

2枚のカード、どちらも還元率は同じです。では、一体何が違うのでしょうか?表にして見てみましょう。

漢方スタイルクラブカードREXカード
初年度年会費無料無料
2年目以降年会費1,500円+消費税2,500円+消費税
年間50万円以上利用で無料
ポイント付与率2,000円毎に6ポイント2,000円毎に30ポイント
ポイント交換率500ポイント=Jデポ2,500円分3,500ポイント=Jデポ3,500円分
ファーストプレゼント漢方スタイルクラブカード到着後、3ヶ月以内の利用額に応じてJデポプレゼント
・10万円以上利用:5,000円
・7万円以上利用:3,000円
・5万円以上利用:2,000円
REXカード到着後、3ヶ月以内の利用額に応じてJデポプレゼント
・10万円以上利用:3,000円
・7万円以上利用:2,000円
・5万円以上利用:1,000円
ボーナスポイント毎年2月から翌年1月までに獲得した累計ポイント数に応じた、Jデポプレゼント
・2,000~3,499ポイント:250ポイント(1,250円相当)
・3,500ポイント以上:500ポイント(2,500円相当)
なし
nanacoチャージできるできない

細かい所で見ていくと、2つのカードに違いがあることがご理解いただけると思います。年会費、ファーストプレゼント、ボーナスポイントで差が出ていますよね。

利用額ごとの還元率シミュレーション・2015年12月以降の比較

これら2つのカードそれぞれに年会費がかかります。
しかし、REXカードの場合は、利用額に応じて年会費が必要なくなることもあります。

漢方スタイルクラブカードであれば、ボーナスポイントもあります。これらを全て加味した上での還元率をシミュレーションしてみましょう。

2015年12月から、どちらのカードも還元率が1.5%に下がってしまいます。
その時の比較をしてみました。

年間利用額漢方REX漢方の還元率REXの還元率
100,000-120-1,200-0.120%-1.200%
200,0001,3803000.690%0.150%
300,0002,8801,8000.960%0.600%
400,0004,3803,3001.095%0.825%
500,0005,8807,5001.176%1.500%
600,0007,3809,0001.230%1.500%
700,00010,13010,5001.447%1.500%
800,00011,63012,0001.454%1.500%
900,00013,13013,5001.459%1.500%
1,000,00014,63015,0001.463%1.500%
1,200,00018,13018,0001.511%1.500%
1,500,00022,63022,5001.509%1.500%
2,000,00030,13030,0001.507%1.500%

2015年12月以降は、年間120万円以内の利用であれば、REXカードの方がお得になりますね。

漢方スタイルクラブカードのボーナスポイントも以前より減少してしまうので、シンプルさで勝るREXカードの方がいいケースが増えました。

120万円以上使った場合、漢方スタイルクラブカードの方がレックスカードよりも年間130円お得です。

ほとんど差がなくなってしまいましたね。
よくカードを使う方であれば、引き続き漢方スタイルクラブカードを使うのがいいと思います!

また、漢方スタイルクラブカードとリクルートカードの還元率も比較しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

年間50万〜120万未満ならREXカード

上の結果を見てわかるのが、年間50万円の利用額を境目にREXカードの方が還元率が高くなります

年間50万円以上で年会費無料というのはかなり大きいです。
それと同時にわずか数千円の年会費が、いかに還元率を圧迫しているかもご理解いただけた思います。

年間50〜120万円の利用額って、一般的な家庭はだいたいこの金額におさまるような気がするのですが、気のせいでしょうか・・。

カカクコムグループのカードなので、膨大なデータを生かしてるのか知らないですが、うまいこと考えてるな〜と関心してしまいます。

ちなみに、年間60〜100万円未満の間はREXカード と漢方スタイルクラブカードの年間お得額は370円の差です。

漢方スタイルクラブカードを使っていた場合も年間60万円弱で、ボーナスポイントがもらえるのですが、それでもREXカードには及びません。

年間30万円も使わないなら年会費無料のREX CARD Lite一択

年間30万円使った場合、漢方スタイルクラブカードもREXカードも全然お得になりません。

むしろ年会費無料のカードの方が節約になって、手元により多くお金が残ります。

REXカードはもう1種類、年会費無料のカードがあります。

年間50万円も使わないし、年会費を払いたくない方は以下のページが参考になります。
ハッキリ言って年間30万円ぐらいの利用なら、REX CARD Lite(レックスカードライト)一択です。節約するなら最強ですよ。

まとめ

漢方スタイルクラブカードとREXカード、どちらにもメリット・デメリットがあります。

年間利用額や仕事上の立場によってお得なカードが異なりますね。ここまで読んでいただいた方はお分かりいただけたでしょうか。

最後に私が考える、カードを使う対象者を紹介して終わりますね。
うまくクレジットカードを使って、賢く節約してください。

  • 漢方スタイルクラブカードは、自営業もしくは税金の支払いをする方向き。
  • REXカードは、年間50万以上使う方向き。

漢方スタイルクラブカードとレックスカードの詳細はこちら。

感想をいただきました!

私が書いた、この記事に対して、感想をいただきました。今のところこの方からだけですが、お役に立てたとの声は本当に嬉しかったです!

その後、この方と直接お会いしてご飯食べに行ったりする仲になりました。
カードをきっかけに知り合えるとは思いもしなかったです。

世の中、不思議なことが起こるもんですね…。

おまけ:より深く知りたい方へ。参考になる記事を紹介

漢方スタイルクラブカードの参考記事

REXカードの参考記事

おまけ2:じゃらん.netやポンパレモールを使う方へ

普段の生活の中で、じゃらん.netやポンパレモールを使うことがある方は、還元率が2.0%にもなる「リクルートカードプラス」も比較対象にしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る