33.5万円で世界一周を実現!? 自由気ままに旅する世界一周航空券のススメ!

スポンサーリンク

旅行好きならば、一度は夢見るであろう「世界一周の旅」

しかし、好き勝手に空想を広げるのと、実行するのでは、まったく話が違ってきます。

実際に世界一周の旅へ行くとなると、「いったい費用はいくらかかるのか?」、「どれだけの日数があれば行けるのか?」など、具体的なイメージが思い描けず、尻込みしてしまう方が多いのではないでしょうか。

そんな不安を解消し、漠然とした夢に現実味を与えてくれるのが「世界一周航空券」です。

これを利用すれば、想像しているよりも簡単に世界一周の旅を実現することができます。

出発前に入念な計画が立てられるので、言葉の通じない国で航空券の手配などに苦心する心配もありません。

今回は、実際に世界一周航空券を利用した経験をもとに、決して夢ではない世界一周の旅を紹介したいと思います。

日本からの利用が便利な2つの世界一周航空券

飛行機の搭乗口

あらためて、こんにちは。
フリーライターの阿部光平(@Fu_HEY)です。

僕は以前、世界一周航空券を利用してバックパッカーをしていました。

世界一周航空券というと、どこへでも思いのままに行ける魔法のような航空券を思い浮かべるかもしれませんが、実際にはそこまで自由度の高いものではありません。

イメージ的には、複数の航空会社が提携して発行している航空券のセットのようなもので、就航路線は限られています。

世界一周航空券にはいくつかの種類があります。

日本で利用しやすいのは、JALが加盟している「ワンワールド」と、ANAが参加している「スターアライアンス」の2つ。

これらは、それぞれ提携している航空会社が異なり、システムにも違いがあります。

ワンワールドは、「□□大陸で◯◯円」という大陸制のシステムを採用。

訪れる大陸の数によって航空券の価格が決まっています。

一方のスターアライアンスは、「□□マイルで◯◯円」といったマイル制のシステム。

トータルの飛行距離によって航空券の価格が決まります。

それぞれの最低価格は、ワンワールドが3大陸のエコノミークラスで33万5000円と税、スターアライアンスは29,000マイル以内のエコノミークラスで35万8900円と税という設定。

気軽に購入できる金額ではありませんが、これで世界一周が実現できると思えば手が届く価格帯です。

どちらの世界一周航空券を選ぶかは、行きたい国や都市によりますが、僕の場合は南米で広いネットワークをもつワンワールドの4大陸チケットを購入。

アジア→北中米→南米→ヨーロッパ→アジアというルートで旅をしてきました。

世界一周航空券の使用期限は1年間

飛行機

人によって世界一周の定義は異なりますが、世界一周航空券で実現できるのは、太平洋と大西洋を渡って出発地点に戻ってくること。

つまりは、地球を一周することを指しています。

西回りか東回りかは自分で決められるので、訪れる地域の季節や気候などを考慮して、ルートを決めましょう。

ワンワールドとスターアライアンスの航空券は、使用期限が決まっており、どちらも1年以内に使い切る必要があります。

長期旅行者の中には、1年で旅が終わらず、途中で世界一周航空券を破棄してしまう人も珍しくありません。

限られた予算内で世界一周を実現したい場合には、最長でも1年間を目処に計画を立てましょう。

ルートについては発券前に決定する必要があります。

しかし途中で変更することもできますよ。

ただし、ルート変更の際には航空券再発行の手数料がかかるので注意してください。

世界一周航空券を利用した拡張性のある旅

前述の通り、世界一周航空券を購入する際は、事前にルートを設定する必要があります。

だからといって指定した都市にしか行けないわけではありません。

飛行機で到着した都市を拠点に近郊の国を周遊することや、途中を陸路で移動して寄り道をすることも可能です。

僕の場合、南米からヨーロッパのスペインまで飛行機で移動し、そこからバスと船を利用してアフリカ大陸まで足を伸ばしました。

アフリカを回った後は、再びスペインまで戻り、そこから世界一周航空券での移動を再開。

そうすることで、1大陸分の航空券料金を節約することができました。

▼アフリカ大陸の北部にあるモロッコ・ワルザザードの街並み

モロッコ・ワルザザードの街並み

南米ではペルーのリマを拠点に、巨大な地上絵で有名なナスカやマチュ・ピチュを回って、チリのサンティアゴまでフライトする予定でした。

しかし途中でボリビアのウユニ塩湖にも立ち寄るプランに変更したため、リマからサンティアゴのチケットは廃棄して陸路で移動。

結果的に、アタカマ砂漠やチチカカ湖にも立ち寄ることができました。

▼朝靄に包まれるマチュ・ピチュの遺跡

朝靄に包まれるマチュ・ピチュの遺跡

このように世界一周航空券には拡張性があるので、あらかじめ決めた都市を訪れるだけでなく、旅の可能性を広げるひとつの手段としても利用価値があります。

世界一周に憧れを抱きつつも、夢のまた夢だと思われている方は、世界一周航空券の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

阿部光平

『IN&OUT -ハコダテとヒト- 』代表、ライター。1981年、北海道函館市生まれ。大学で社会学を学び、卒業を機に、5大陸を巡る地球一周の旅に出発。帰国後、フリーライターとして旅行誌等で執筆活動を始める。現在は雑誌やウェブ媒体で、旅行ガイドやライブレポート、原発問題など様々なジャンルの取材・執筆を行っている。東京で子育てをする中で、移住について真剣に考えるようになり、仲間と共に地元函館のローカルメディア『IN&OUT -ハコダテとヒト- 』を立ち上げた。

執筆メンバの一覧を見る