ソフトバンクのスマホ・携帯電話を解約する際の手続きや手数料まとめ

スポンサーリンク

こんにちは。
年末年始にスマホの回線契約を大きく見直した、ライターのまきはらです。

この見直しで行なったことのひとつに「ソフトバンクの回線解約」があります。

SIMロックの解除手続きをはじめとして試したいことがあって契約していたものの、ひととおり目的を果たすことができたので解約することに。

今回はソフトバンクの回線を解約するときの手続きや手数料、注意点などをまとめていきます。

なお2017年2月現在において、ソフトバンクでスマートフォン・携帯電話向けに新規申込みを受け付けているプランは「スマ放題」「スマ放題ライト」「ホワイトプラン」の3つ。

そのため、ここではこの3プランにフォーカスしての紹介とします。

ソフトバンクのスマホ・携帯電話を解約する際の手続きや手数料まとめ

回線の契約解除料は税抜9,500円

キャリアでの契約期間は2年単位が基本で、この点はソフトバンクも同じです。

契約更新のタイミング以外で解約(MNP転出含む)する場合、契約解除料が9,500円(税抜)かかります。

一方で2年おきにやってくる契約更新のタイミングであれば、解約しても契約解除料はもちろん発生しませんよ。

この更新期間は、契約した翌月度を1ヶ月目として25ヶ月目・26ヶ月目の2ヶ月間になります。

ただし少しだけやっかいなのは、ソフトバンクの場合は請求月度の周期が必ずしも1日~末締めではないということ。

2017年2月時点で新規契約を行う場合、請求月度の周期は基本的に「21日~翌月20日締め」が適用されます。

また最初に契約をした時期によっては、ほかにも「1日~月末締め」「11日~翌月10日締め」といった周期も存在しているんですね。

たとえば契約日が2017年1月30日、かつ請求月度の周期が21日~翌月20日締めである場合、契約1ヶ月目は2017年2月21日~3月20日に。

契約更新月も同様で、25ヶ月目・26ヶ月目は2019年2月21日~4月20日の期間ということになります。

例外として、契約日が請求月度の周期初日であれば、契約した当月が1ヶ月目となります。

請求月度の周期が複数あり、、多くの場合も単純に1日~月末締めではない。

この点は少しゴチャゴチャとしており、わかりづらいかもしれませんね。

現状の契約内容や次の契約更新月は会員専用ページ「My SoftBank」で確認できるので、これから解約を考えているのであれば、まずはこちらを見ておきましょう。

契約解除料が別途発生するものにも注意

上で書いた内容は基本契約に関する契約解除料の話です。

もし契約時に「一括購入割引」「スマート一括」といった割引・オプションを利用していると、解約のタイミングによっては、上記の契約解除料とは別に、契約解除料が発生することもあります。

とくに他社からののりかえ(MNP)で新規契約した場合に利用できる「一括購入割引」は実際の契約期間に応じて毎月契約解除料が減額されていくもの。

契約解除料は機種別に異なる金額が設定されていますが、たとえば契約から半年で解約した場合には、契約解除料が5万円以上発生してしまう場合がほとんどです。

こういった割引・オプション内容は契約時の書類で確認できますので、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

万が一書類が見つからないという場合は、ソフトバンクショップなどで教えてもらうこともできますよ。

MNPで他社にのりかえるときの手数料は税抜3,000円

MNP(マルチナンバーポータビリティ)を利用し、今使っている電話番号を引き継ぎつつ、他社に転出する場合は手数料として3,000円(税抜)がかかります。

あまり該当することはないと思いますが、こちらも以下のいずれかで新規契約した回線に限っては、契約後翌々請求月までの短期間で転出してしまうと、手数料が3,000円→5,000円(いずれも税抜)に変更されてしまうので注意しましょう。

  • 携帯電話本体持ち込みによるSIMカードのみの契約
  • シンプルスタイル(プリペイド)契約
  • スマート一括契約
  • みまもりケータイの契約

またMNPを利用して他社へのりかえる場合は、のりかえ先でも事務手数料として3,000円(税抜)がかかります。

MNPの転出元と転入先に支払うこれらの手数料、合計6,000円(税抜)は、契約期間や更新のタイミングにかかわらず発生するもの。

意外なところでお金が発生するイメージを持つかもしれませんが、MNPを利用する場合は必ずかかる費用として理解しておきましょう。

ソフトバンクから他社へMNPする場合の手続き

ソフトバンクから他社へMNPする場合、MNPに必要となる予約番号の発行は電話またはソフトバンクショップのいずれかで行います。

電話窓口は午前9時から午後8時まで営業しており、電話番号は以下のとおり。

  • ソフトバンク携帯電話から:*5533
  • フリーコール:0800-100-5533(無料)

もし現在使っている携帯電話がソフトバンク3Gケータイである場合は、これ以外にもMy SoftBankからの申し込みも可能です。

発行された予約番号の有効期限は15日間なので、期限内に転入先の回線事業者で契約手続きを行う必要がありますよ。

契約が無事完了すると、ソフトバンクの回線は自動で解約され、最終の請求にMNP転出手数料が上乗せされる仕組みです。

ちなみに15日間以内に契約手続きが完了しなかった場合は、発行した予約番号は無効となり、その分のMNP転出手数料も請求されません。

あらためてMNP転出を行なうのであれば、予約番号は再度発行してもらう必要がありますことも覚えておきましょう。

なおシンプルスタイル(プリペイド)契約に限っては、MNP転出手数料を引き落とすことができません。

そのため、予約番号の発行とMNP転出手数料の支払い、いずれもソフトバンクショップで行なう必要があります。

純解約する場合の手続き

仕事用とプライベート用で2台の携帯電話を使い分けていたが、片方が不要になった。

あるいは離れて暮らす家族に持たせていた携帯電話が同居によって不要になった。

こういった場合は他社へののりかえではなく、単純に回線を解約する“純解約”の手続きをすることになります。

ちなみに私も今回、手続き方法としてはこのパターンでした。

純解約の手続き窓口はソフトバンクショップのみとなっており、必ずお店まで足を運ぶ必要がありますよ。

ソフトバンクショップ

個人での契約である場合、手続きに際して持参する必要のあるものは3つ。

  • 本人確認書類
  • 解約する携帯電話本体
  • 解約する回線のSIMカード

ちなみにソフトバンクで本人確認書類として使えるものは次の7つです。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳

また健康保険証、あるいはそれ以外でも本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、発効日から3ヶ月以内の以下いずれかが追加で必要になります。

  • 住民票記載事項証明書
  • 公共料金領収書
  • 官公庁発行の印刷物

私はSIMカードを差したままのソフトバンクスマホと運転免許証を持ってお店へ。

当日はラッキーなことに順番待ちもなく、手続き自体も15分ほどで完了できました。

最終月は割引が適用されない点に要注意

ソフトバンクでは契約する機種それぞれに対して、毎月の基本料金を割り引く「月月割」というサービスが用意されています。

10万円近くするスマートフォン本体が2年間の契約を条件に実質◯円!と大幅に安く購入できるのは、この割引があるからですね。

この月月割ですが、解約月(最終請求月)には適用されないということは覚えておきましょう。

もともと適用回数が24回に設定されているものなので契約更新月にあわせて解約する場合は当たり前ですが、それよりも前のタイミングで解約する場合も解約月だけは割引が適用されませんよ。

支払い中の端末代はどうなる?

24回払いの割賦契約で購入した端末の支払いが完了していない場合は、回線解約後も端末代のみが引き続き請求されてきます。

回線を解約する際に一括精算したければ、ソフトバンクショップで申し出れば、次回請求分に上乗せする形で精算することも可能ですよ。

なお解約手続きとは別のタイミングで、あらためて一括精算を申し込むこともできます。

この場合はソフトバンクカスタマーサポート総合案内(0800-919-0157・無料)に電話して、音声ガイダンスから【4】→【4】→【3】の順にプッシュ。

オペレーターの方につながるので、一括精算したい旨を伝えましょう。

さいごに

契約解除料、手数料、契約期間、請求月度の周期、と頭がこんがらがりそうですね。

とはいえ、これらは携帯電話を契約・解約するためには欠かすことのできないポイントです。

各キャリアごとに詳細は異なりますが、大枠では似た構造なだけに、ぜひこの機会にざっくりとでも理解しておきましょう。

もちろん、これからソフトバンクの回線を解約する場合は、今回紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

執筆メンバの一覧を見る