海外旅行に必須の厳選無料おすすめアプリ19選【伊佐知美の世界一周とお金の話 #3】

スポンサーリンク

海外旅行に必須の厳選無料おすすめアプリ

こんにちは!
2016年4月から「仕事 × 世界一周」の旅に出ている、ライター・エディター・フォトグラファーの伊佐知美です。

女性1人で安全に旅をするためには、ウェブの力をうまく利用することが必須!

この記事では、海外30カ国60都市以上、国内47都道府県を旅しながら働き、暮らしている私が実際に使っているオススメの無料アプリをカテゴリ別に紹介します。

  1. 旅に必須のアプリ
  2. 毎日を快適に過ごすためのアプリ
  3. 仕事用のアプリ

旅に必須のアプリ

まずは旅をワンランク上げる、これがなければ旅ができない!という必須アプリを4つ紹介します。

Uber(ウーバー)

配車アプリの「Uber」は、女性の安全な1人旅にもはや欠かせないツール。

タクシー代わりに気軽に使える上、早朝・深夜でも対応可能。

しかも、支払いはクレジットカード決済のため安心です。

なぜなら、アプリの設計上、配車依頼をする前に、距離や時間帯に応じて目安の金額をあらかじめ提示してくれるから。ぼったくられる心配もありません。

男性運転手でも、他ユーザーの評価を見て利用するかどうかを決められるので、空港までの移動など海外で頻繁に利用しています。

ただしオーストラリアのケアンズなど、都市によって「Uber」の普及率が低い地域もあるので、その点は注意。その場合はタクシーや現地バスなどを利用しましょう。

Airbnb(エアビーアンドビー):世界の空部屋シェアサイト

現地の人の家に宿泊できる、「Airbnb」も女性1人旅に必須のアプリ。

宿泊先の検索・予約はもちろんのこと、ホストと連絡がとれるメッセージ機能も付いています。

最近は宿泊だけでなく、体験シェアサービス「トリップ」の取扱も開始。旅人なら、持っておいて損はないアプリです。

Currency

通貨換算アプリは世の中に多数ありますが、正直どれも機能は似たり寄ったり。

私が使っているのが、オフラインで難なく使える「Currency」です。

使い方は至ってシンプル。訪れた国を選択して、金額を入れるだけ。

最新のレートで、日本円を現地通貨に、現地通貨を日本円に換算してくれるので、ショッピングに欠かせません。

ミャンマーの奥地やタイの離島のマーケットなど、日本語はもちろん英語が通じない地域の値段交渉時にも活躍します。数字は全国共通!

Google マップ :ナビ、乗換案内

旅先の一番の恐怖が、道に迷うこと。

日本国内で使っていた「Google マップ」が、海外でもそのまま使えてGPS機能も有効なので、私はこれを愛用しています。

ただし使用条件は、事前にオンラインの時にマップを開いて、自分がこれから訪れる街の地図を表示させておくこと。

それをしておかないと、オフライン状況下ではマップが機能しません。

もし旅先でも通信環境が確保できるのであれば、日本の「乗り換え案内」アプリと同じように、現地のバスや電車、徒歩を含めたルート検索も可能です。

類似アプリの、オフライン地図とナビゲーションの「MAPS.ME」も一応トップ画面に置いています。

Skyscanner

飛行機移動の時は必ず使う、格安航空券検索アプリの「Skyscanner」も旅には必須!

数泊の往復旅行であれば、格安航空券、ホテル&現地ツアー予約ができるアプリ「エクスペディア」などの方がセットで安いこともあります。

でも、安い航空券検索ならやっぱり「Skyscanner」が一番。

日本滞在時に好きな目的地を入れて、最安値を調べるのがじつは密かな趣味です(笑)。

毎日を快適に過ごすためのアプリ

必ずしも旅に必須ではないけれど、海外に長期滞在する人にオススメの、暮らしを充実させるアプリを3つ紹介します。

SoundCloud:音楽&オーディオ

旅に音楽は付き物。

iTunes」や「YouTube」など音楽が楽しめるアプリは多数併用していますが、一番のお気に入りは、やっぱりドイツ発の音楽共有サービス「SoundCloud」。

オーストラリアのバイロンベイでは、道端のミュージシャンが素敵すぎて、名前を聞きたい!と話しかけたら、「『SoundCloud』に歌を載せているから、ぜひチェックして」と返答されました。

それ以降は、大好きなオーストラリアを思い出しながら「SoundCloud」で音楽をリピートする日々です。

これ、本当に素晴らしいです。

SoundHound:音楽検索認識&無料プレイヤー

海外の街中でかかっている音楽。「あ、いいな!」と思ったときに、活躍するのが音楽検索アプリです。

以前は「Shazam」を使っていましたが、精度が高いので最近はもっぱら「SoundHound」を愛用中。

オフラインでも、アプリを機動して音楽を聞かせておけば、オンラインになった時に優先して検索再開できるのでとにかく便利!

Podcast

海外を旅したり、仕事したりするにはなんといっても語学力は必須。

英語耳を鍛えるために、「Podcast」も地味に活用しています。

よく聞くのは「All Ears English Podcast」という英語番組。事前に音声をダウンロードしておけば、オフラインでも聞けるので便利です。

トリップアドバイザー™ :世界のレストランやホテルの口コミ&ランキング

今や誰もが知っている旅行ガイド「トリップアドバイザー」のアプリ版。

そこまで使用頻度は高くありませんが、現地情報を調べる時、検索上位「トリップアドバイザー」のページが表示されることは多いです。

最初はブラウザで見るから不要だと考えていたのですが、スマートフォンで見ると、毎回「スマートフォンアプリもあります」と表示されるので、いつの間にかインストールしてしまっていたんです(笑)。

グルメ情報やホテルの最安値等を調べる等、何かと重宝します。海外旅行をされる方はインストールしておくのがオススメです。

Kindle:人気の小説やマンガ、雑誌が読める電子書籍リーダー

小説やマンガはもちろん、『地球の歩き方』や『まっぷる』などのガイドブックを読むのにも重宝する電子書籍リーダーの「Kindle」。

読書が好きなので、暮らしを充実させるために必須のアプリです。

仕事用

ここからは、海外でライター、エディター、フォトグラファーとして仕事をするために使っているアプリを紹介します。

Slack

私は「株式会社Wasei」という企業に属する、一応身分上は会社員という立場で旅をしています。

そのため、会社メンバーとのコミュニケーションは必須。メインツールがこのチャットアプリ「Slack」です。

チャットワーク – 仕事で使える無料のビジネスチャットツール

同じような機能を持っている「チャットワーク」も使うことが多いです。

Trello

タスク管理には「Trello」利用を。こちらは「Slack」と連動させています。

Skype /appear.in

どちらもビデオ通話機能を持ったアプリです。

日本との通話には、時折LINEも利用します。

VSCO

スマートフォンでの写真加工に使っているのが、「VSCO」。

「Instagram」よりも色味が好きで、使いやすいので私は愛用しています。とってもオススメ。ぜひ一度使ってみてください。

Capture

最近は写真だけでなく、動画撮影にも挑戦中。

小型カメラの「GoPro」を購入したので、その操作のための専用アプリをスマートフォンに入れています。

note(ノート)

個人ブログは「note」を活用中。
時折「LINE BLOG」も使っています。

PlayMemories Mobile

写真撮影のメイン機として使用しているSONYの「α7 Ⅱ」専用アプリです。

カメラにWi-Fi機能がついているので、旅先で写真を撮って、スマートフォンに直接送れるので非常に便利。

そこから「VSCO」でささっと写真を加工して、スマートフォンから直接「Twitter」などのSNSに投稿するのがおもな流れです。

さいごに

以上が、私が海外でよく利用しているオススメ無料アプリです。
もちろん、日本国内滞在時と同じように「Facebook」「Instagram」などのSNSも使用していますが、あまり代わり映えがしないので今回は割愛しました。

その他にも、訪れた地域ごとに、都度使い勝手のよいアプリを選んでインストールすることもあります。

たとえば、インドネシア・バリでは「LINE」や「Facebook」のメッセンジャー機能よりも、チャットアプリの「WhatsApp」が人気です。

同じように、マレーシア・クアラルンプールでは「Google マップ」よりも「WAZE」というソーシャル渋滞ナビアプリが普及しているように感じました。

このように、滞在する国や都市によって、アプリを使い分ける意識を持っておくのもよいかもしれません。

快適な旅は、上手なアプリの活用が鍵!
どれかピンときたら、ぜひインストールして使ってみてください。

ではでは、ボンボヤージュ!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

伊佐 知美

1986年生まれ、新潟県出身のライター・編集者。2016年4月から株式会社Waseiの社員として「世界一周×仕事」の旅に出発。これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』編集長、オンラインサロン「編集女子が"私らしく生きるため"のライティング作戦会議」主宰。旅ガイド「ことりっぷWEB」にて「伊佐知美の世界一周さんぽ」連載中。旅と文章とカメラがすき。個人ブログはこちら

執筆メンバの一覧を見る