クオカードが買えるコンビニ一覧・使い方とセブンイレブンでお得に購入する方法

松本 博樹の画像

クオカードが買えるコンビニ一覧とセブンイレブンでお得に買う方法

こんにちは!
一時期は毎日のようにクオカードを使っていた、ノマド的節約術の松本です。

クオカードを使って買い物すると、現金を使わなくていいので、なんだか得した気分になります。
タダで買い物するような感覚ですね。

そんなクオカードがコンビニでも買えることをご存知でしょうか?

このページでは、クオカードが買えるコンビニの一覧や、コンビニでクオカードを買うときに使えるお得な方法を紹介していきますね。

明光ネットワークジャパンの株主優待 クオカード

クオカードが買えるコンビニの一覧

では早速クオカードが買えるコンビニの一覧を紹介しましょう。

一覧にしてみるとかなり数が多いですよね。
これらのコンビニでは、クオカードを使うこともできます。

ただ、ミニストップではクオカードが使えないので注意してくださいね。

今回はコンビニに限って紹介しましたが、クオカードが使えるお店はこれだけでなくて、他にも数多くのお店で使えますよ!

また、それぞれのコンビニで販売されているクオカードの金額が異なります。

コンビニごとに販売されている額面の一覧

セブンイレブン・ポプラ・生活彩家・くらしハウス・スリーエイトは以下の通りです。

  • 10,000円券
  • 5,000円券
  • 3,000円券

ローソンで販売されているクオカードの額面は以下の通り。

  • 10,000円券
  • 5,000円券
  • 3,000円券
  • 1,000円券
  • 500円券

ファミリーマートは最も額面の種類が多く、6種類もあります。

  • 10,000円券
  • 5,000円券
  • 3,000円券
  • 2,000円券
  • 1,000円券
  • 500円券

5,000円券以上は買った金額よりも多く使えてお得に!

5,000円以上のクオカードを買うと、支払った額以上使うことができます。
クオカード自体、使えるお店であれば現金と同じように使えますから、お得でしかありませんよ!

  • 5,000円支払い → 5,070円利用可能(1.4%お得)
  • 10,000円支払い → 10,180円利用可能(1.8%お得)

上記のように少なくとも1.4%もお得にすることができます。
金額で見るとそれほど多くないように見えますが、パーセントにするとかなりの割引率ですよね。

ちなみに、HMV・HMV&BOOKS・一部書店(10,000円券のみ)でも、5,000円券以上のクオカードを買えますよ。

セブンイレブンはnanacoでクオカードが買える

この時点で10,000円券のクオカードを買えば、180円分もらえたのと同然になりますね。
1.8%もお得になる方法なんてそうそうありません!

でも、よりお得にできる方法があって、セブンイレブンの場合は電子マネーのnanacoで買うことができます。

nanacoにはクレジットカードでチャージすることができ、一部のクレジットカードの場合はカードのポイントまで貯まるんですよね。

それもあって、実質的にクオカードをより安く手に入れることができちゃいます。

仮に還元率0.5%のクレジットカード(例:セブンカード・プラス)でnanacoにチャージしたあとにクオカードを買った場合は、2.3%・230円分もお得に買い物できたことになりますよ。

この方法を知っていると、普通にお得ですし、クオカードを使えるお店では常に節約できることになるので、支出全体を抑えることができます。

とはいえ、nanacoにクレジットカードでチャージする方法やどのクレジットカードを使えばいいのかがわかりづらいですよね。

その点については、以下のページが詳しいですので、チェックしていただけたらと思います!

ファミリーマートの場合は、ファミマTカードでクオカードが買える

ファミリーマートの場合は、ファミマTカードを持っていれば、普通にクレジットカード払いでクオカードを買うことができますよ。

ファミマTカード自体は200円ごとに1円分のTポイントが貯まるので、10,000円券を買った場合は、180円上乗せと50円分のポイントで230円得したことになります。2.3%ですね。

ファミマTカードなら考えることが減りますし、もし既に持っているならこの方法はおすすめですよ。

ただ、ファミマTカードは届いたときがリボ払いの状態ですので、カードが届いたあとは一括払いに変更しておきましょう!

以下のページ、別のクレジットカードですが、ファミマTカードでも同じ手順です。

さいごに

このページでは、コンビニでクオカードを買えるお店とより安く買う方法を紹介してきました。

いくらお得に買ったとしても、不必要な買い物をしてたら意味がありません。
ムダ使いになってしまいますよね。

クオカードを使うときも、自分が必要な買い物のときだけにしておきましょう。
そうすることで、クオカードを安く買えた意味が出てきますよ。

安く買うこと以上に大切なことですので、意識しておくことでムダ使いを減らせるのではないでしょうか。

おまけ:クオカードについての記事一覧

クオカードのお得な使い方はこちらも記事も参考になります。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール