Android Pay(アンドロイドペイ)とは何? 機能、初期設定手順、使い方のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
スマートフォンはどちらかといえばAndroidが好きなライターのまきはらです。

SuicaやiDQUICPayが使えるというAppleのiPhone7シリーズ登場により、今もっとも注目を浴びているサービスといえるのが「Apple Pay」ですよね。

こういった影響もあってか、そのAndroid版ともいえるサービス「Android Pay」も2016年12月13日に日本でサービス提供がスタートされました。

Apple PayではiPhoneの使い方の幅が大きく拡がりましたが、Android Payではどうなんでしょうか?

今回はAndroid Payの概要、2016年12月時点でできること、そして主な使い方を解説していきます。

Android Pay(アンドロイドペイ)とは

Android Payとは

Android Pay(アンドロイド・ペイ)は、GoogleがAndroid端末向けに提供する決済サービスです。

端末に専用アプリをインストールし、クレジットカードや電子マネーカード情報を登録することで、Androidスマートフォンで非接触決済機能などが使えるようになります。

Googleが提供するAndroid Payならではの特徴として、Googleアカウントに登録しているクレジットカード情報をそのまま電子マネーの残額チャージなど、支払い時に使用できますよ。

公式アプリストア「Google Play」でアプリを購入、あるいはコンテンツを購入・レンタルしたことが一度でもあれば、その際に使ったクレジットカード情報で決済ができる点は便利といえますね。

ただし日本ではスマホを使った決済サービスとして、すでにおサイフケータイが浸透していますよね。

ざっくりいえば今の時点でAndroid Payができることはおサイフケータイでもできます。

またAndroid Payを利用するための要件が「おサイフケータイ(FeliCa)に対応し、なおかつOSバージョンがAndroid 4.4以上の端末」となっているため、正直なところでは圧倒的に魅力を感じるサービスとはいえませんね。

2016年12月時点で日本国内でできること

冒頭でも書いた「Apple PayのAndroid版」という理解でよいAndroid Pay。

ただしすでにサービスが開始されている海外8カ国とは異なり、現時点において日本国内で利用できる機能は非常に限定されています。

2016年12月時点においてAndroid Payでできることはずばり、キャリアなどが取り扱うFeliCa(フェリカ)に対応する端末に楽天Edyを登録し、非接触決済を利用できるということのみです。

▼現在日本国内で利用できるのは楽天Edyのみ

Android Payで使えるサービス

▼楽天Edyが使えるお店ならAndroid Payが使えることになる

楽天Edyが使える店舗例

キャリアが販売するスマートフォンではすでにおサイフケータイが使えます。

そのため、今の段階では「Android Payはおサイフケータイの下位互換」といった立ち位置になっています。

なおGoogleによれば、2017年以降には他の電子マネー、あるいはクレジットカードにも対応予定とのこと。

そうなってはじめて、おサイフケータイと同等以上に利用できる機能といえそうです。

Android Payの使い方

2016年12月時点において使える機能は非常に限定的ですが、それでも新しい機能の使い方は気になりますよね。

ここからは実際にAndroid Payを使うための初期設定、楽天Edyへのチャージ方法、使用方法を写真付きで見ていきましょう。

なお今回はソフトバンクから発売されているAndroidスマートフォン、Xperia X Performanceを使って試していきます。

▼ソフトバンクのXperia X Performance 502SOでトライ

ソフトバンク Xperia X Performance 502SO

アプリをインストールする

まずはAndroid Payのアプリをダウンロード・インストールします。

▼Google Playにて「Android Pay」と検索すればすぐに見つかる

Android Payのアプリインストール画面

アプリをインストールしたら、起動してみましょう。

▼メイン画面(初期状態)は2画面分

Android Payアプリのメイン画面

楽天Edyを登録する

初期設定として必要なことは楽天Edyを登録すること。

Android Pay用に、楽天Edyの番号を新規発行することになります。

メイン画面にあるプラスマークから、必要な情報を入力していきます。

▼右下のプラスマークをタップ

Android Payの初期設定

▼表示されるメニューから【電子マネーを追加】を選ぶ

Android Payの初期設定

▼【EDYカードを作成】を選択

Android Payの初期設定

▼表示されるプライバシーと規約を確認のうえ【同意する】をタップします

Android Payの初期設定

▼利用に際しておサイフケータイの初期設定が必要なので【はい】(設定する)を選びましょう

Android Payの初期設定

▼設定が完了した旨メッセージが表示されたら【閉じる】をタップ

Android Payの初期設定

▼この後、Edyカードの作成とAndroid Payへの追加が自動で行われます

Android Payの初期設定

Android Payの初期設定

▼この画面が表示されれば初期設定は完了。画面下の【OK】をタップしましょう

Android Payの初期設定

Android Payの初期設定

▼これが初期設定後のメイン画面となります

Android Payの初期設定

▼次回以降のアプリ起動時はカードをタップするとメイン画面が呼び出せますよ

Android Payの初期設定

なおGoogleでは、2017年1月31日(火)9時59分までの期間限定でキャンペーンを実施中。

期間中にAndroid Payアプリから楽天Edyをアクティベート(初期設定)することで、Edy400円分がもれなく自動で付与されますよ(※1人につき1回までに限ります)。

タダで400円分のEdyがもらえるので、使っている端末がおサイフケータイ対応のAndroidスマホであれば、とりあえずでもアクティベートしておくとよいですよ。

チャージする

続いてはAndroid Payを利用するにあたって必要な事前準備、楽天Edyの残額チャージ方法です。

▼メイン画面から【チャージ】を選びます

Android Payの楽天Edyチャージ方法

▼チャージ額は1,000~10,000円の範囲、1,000円刻みで指定可能。金額を決めたら【続行】をタップ

Android Payの楽天Edyチャージ方法

▼支払い方法を選択。Googleアカウントに登録済みのカードを選ぶか、新規でカード情報を登録する

Android Payの楽天Edyチャージ方法

▼決済するためにCVC(クレジットカード裏面に記載のカード確認コード)を入力

Android Payの楽天Edyチャージ方法

▼支払い方法の選択とCVCの入力を終えたら【続行】をタップすれば決済されます

Android Payの楽天Edyチャージ方法

残高のチャージは即反映されます。

▼またチャージや使用の履歴はメイン画面下部にて確認可能

Android PayAndroid Payの楽天Edyチャージ方法の使い方

使用する

初期設定、残高のチャージと済ませたら、次は実際にAndroid Payを使ってみましょう。

2016年12月時点において、日本国内で利用できるAndroid Payの機能は楽天Edyでの非接触決済のみ。

そのため使い方もシンプルです。

楽天Edyでの支払いに対応するお店にて買い物をする際、レジで「楽天Edyで支払う」ことを伝えます。

あとはお店の方の指示に従い、カードリーダーにスマホをかざすだけ。

▼使い方はおサイフケータイと同じ

Android Payの使い方

Edyの「シャリーン」という決済音がなれば、支払いは完了です。

▼利用履歴もアプリのメイン画面上に即反映される

Android Payの使い方

決済時はスマホのスリープを解除する必要もありませんので、サッと取り出しかざすだけで支払いができますよ。

利用額に応じたポイントを貯めるための設定

楽天会員のアカウントを持っていれば、楽天Edyの番号と紐付けておくことで、楽天Edyでの支払い200円ごとに楽天ポイントを1ポイント貯めることができます。

この設定は別途手動で行う必要がありますので、Android Payを使う前に設定しておきましょう。

▼アプリメイン画面から【設定する】をタップ

Android Payと楽天アカウントを紐付け

▼楽天会員のアカウント情報(ユーザID、パスワード、メールマガジンの配信希望)を入力し【規約に同意して次へ】を選びます

Android Payと楽天アカウントを紐付け

▼これで紐付けが完了しました

Android Payと楽天アカウントを紐付け

▼楽天のアカウントに登録しているメールアドレス宛に確認メールも届きます

Android Payと楽天アカウントを紐付け

気になるポイント

ここからはAndroid Payを使う上で気になるポイントをいくつか確認しておきましょう。

機種変更時にはどうすればよい?

おサイフケータイを使っていても気になるポイントのひとつが機種変更時にどういった手間がかかるのか?ということ。

(2016年12月時点では)Android Payが日本で対応するサービスは楽天Edyのみとなりますが、機種変更時には楽天Edyのアプリを使ってEdyを退避する必要があります。

また新しい機種変更後の新しいスマホにも楽天Edyアプリをインストールし、退避したEdyを移し替える作業が必要です。

この手間はおサイフケータイで楽天Edyを使う場合も同じですよ。

SIMフリースマホでも使える?

日本でAndroid Payが使えるのはおサイフケータイに対応するスマホのみ。

では量販店などで購入できるおサイフケータイ非対応のSIMフリースマホでは、Android Payのアプリはインストールできないのでしょうか。

実はおサイフケータイ非対応のSIMフリースマホでも、Android Payのアプリ自体はインストール可能です。

ただしアプリ起動後の初期画面はさきほど紹介したものと異なっており、海外向けの登録画面が表示されるようになっています。

▼おサイフケータイ非対応のスマホでは起動後の画面が異なる

海外向けのAndroid Payアプリメイン画面

上の写真の【カードを登録】をタップするとクレジットカード情報が入力できそうな画面は開きます。

ですが、最終的に「このカードは使えません」といったメッセージが表示され、初期設定が完了できません。

現在は一部、SIMフリーでおサイフケータイに対応するスマホもありますが、そういったもの以外ではAndroid Payは使用することができません。

さいごに

突如日本でもサービスが開始されたAndroid Pay。

もともとおサイフケータイというガラパゴス機能が普及している日本において、現時点ではAndroid Payならではの魅力というものはあまり感じることができません。

どちらかといえば、これまでおサイフケータイを使ってこなかったユーザーに対してアピールされている機能といえるかもしれませんね。

ただしサービス拡大が進むにつれAndroid Payならではの機能・魅力が出てくる可能性も十分考えられます。

どういったサービス化をざっくりとでも把握しつつ、今後の展開に期待しましょう。

関連記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

執筆メンバの一覧を見る