マネパカードへの入金、両替、外国でのお金の引き出し方法を実際に試してみた

スポンサーリンク

こんにちは!
海外在住3年目のまえちゃんです。

さて、海外旅行というと必ず両替がつきものですよね。

一般的に海外旅行では現金両替よりクレジットカードでの海外キャッシング両替がお得だといわれています。

しかし国によっては、その両替手数料が安くてお得だといわれているクレジットカードの海外キャッシングより、プリペイドカードのマネパカードの方がお得なんです。

なぜならマネパカードは事前にネット上の好きな為替レートのタイミングで両替できるので、円高のタイミングを狙って両替し、現地に着いたら事前に両替していたお金をマネパカードから引き出せるからです。

今回ぼくは日本で事前にネットで両替し、香港の空港のATMでマネパカードを使って引き出しました。

やってみると簡単だったのでその方法を紹介しますね。

ではいってみましょう。

マネパカードへの入金・両替・引き出し方法

マネパカードのネット両替のやり方

マネパカードはプリペイドカードなので、マネパカードに最初からお金は入っていません。

だから海外旅行に行く前に銀行口座からマネパカードの自分の口座にお金を入れ、ネットで両替する必要があります。

マネパカードが入っている書類が家に届いたら自分のログイン番号とパスワードを確認して、ネット上の画面からログインしてみてください。

マネパカードのネット画面

ログインすると「入出金」という項目があるので、そこから自分のマネパカードにお金を入れてる口座番号を調べましょう。

ぼくの場合は三井住友銀行の口座に入金すれば、そこからお金が反映されました。

マネパカードのネット画面

お金を入金するマネパカードの口座にはいくつかの方法があります。

  • 日本のコンビニのATMや銀行の窓口やATMから振り込む
  • インターネットバンキングから振り込む

以上の方法があるので、自分の状況に合わせて試してみてください。

ただぼくからのオススメはインターネットバンキングからお金を振り込む方法です。

会社を選べば振り込み手数料が無料なので、お金を節約できておすすめですよ。

振り込んだお金は銀行営業日なら2〜3時間で、営業日でなかったら翌営業日に反映されるので、余裕を持って振り込んでおいてください。

ネット上でやるマネパカードの両替方法

自分のマネパカードの口座に無事入金されたら、次にやるのはネットのマネパカード上での両替です。今回ぼくは4,000円を入金して両替してみました。

画面の右上に「未チャージ残高 日本円4,000円」という表示が見えますね。

マネパカードのネット画面

この「両替」画面から日本円を香港ドルに両替します。

両替画面を下間で動かすと、「円貨→外貨」に両替する画面が表示されるので、ここから自分が行く予定の国のお金に両替しましょう。

ぼくは香港に行く予定だったので、右端の「HKD (香港ドル)」を選んでみました。

すると「両替したい金額を入力してください」という画面が現れました。

ぼくの両替したい金額は4,000円だったので、ここでは4,000円を入力して、確認を押します。すると、今度はその時にマネパカードで両替できるレートがまた現れました。

マネパカードのネット画面

両替レートは刻々と変わります。同じ日でも朝と夜では違うことがあるので、両替したい人はレートが安いと思ったらすぐに試してみてください。

マネパカードのネット画面

この日のこの時間のレートは、1香港ドル=14.791円だったので、このレートに納得できたら「14.791」と表示されているレートの部分を押します。

マネパカードのネット画面

すると、レートの部分が緑に変わるので、そのまま進みます。

マネパカードのネット画面

すぐに右の空白の部分に267.21香港ドルという金額の両替表示が出ています!ここまでくれば両替完了です。

合わせて両替と同時にチャージするという項目も選んでいるので、無事に自分のマネパカードに267香港ドル入っている状態になりました。

マネパカードのネット画面

香港でのキャッシングと場所

ネット上で両替し、マネパカードにチャージしたら、あとは現地で使ってみるだけです。

今回ぼくは香港に行ってきたので、香港国際空港第2ターミナルの入国ゲートの直後にあるバンク・オブ・チャイナのATMからお金を引き出してみました。

ATMは空港の入国ゲートを抜けて数メートル進み、左のロビー側とは反対の場所にあります。

香港国際空港のATMの場所

香港国際空港のATMの場所

左側は巨大な待合ロビーですが、この右側にバンク・オブ・チャイナのATMがあります。

香港のバンク・オブ・チャイナのATM

ATMの上にはユニオンペイカードやVISAカードが使える中に、マネパカードのマスターカードも対応していると表示されています。

香港のバンク・オブ・チャイナのATM

バンク・オブ・チャイナのATMでマネパカードが使えると確かめられたので、マネパカードを使ってお金を引き出してみましょう。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

香港のバンク・オブ・チャイナATMのキャッシング画面

まずはマネパカードをATMに入れます。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

続いて画面に英語を選ぶか、中国語を選ぶか出てくるので、ここでは英語を選びました。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

それが終わると、「この取引にほ手数料がかかります。承認しますか?」という質問が出るので、「YES」を押して先に進みます。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

暗証番号の確認があるので、マネパカードを申し込むときに記入した4桁の数字を入力します。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

暗証番号を入力し終わったら、「CREDIT CARD ACCOUNT」を選びましょう。マネパカードはクレジットカード扱いになります。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

すると、サービスを選ぶ画面になるので、「WITH DRAWAL (お金を引き出す)」を選択。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

この画面にくると、引き出すお金を指定できます。下のボタンを使っておろしたいお金を選びましょう。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

ぼくは今回「200香港ドル」を選びました。見にくいですが、右下にきちんと「HK$200」と表示されていますね。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

次の画面では「選んだお金をあなたの自国のお金 (米ドル) で引き出しますか?それとも香港ドルで引き出します?」と聞かれました。

米ドルは必要ないので、ここでは左側の「香港ドルで引き出す」を選びます。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

すると大きな音を立てて、ATMが稼働し、レシートとマネパカード、そして香港ドルを出してくれました。

香港のバンク・オブ・チャイナのATMの画面

はい、きちんと200香港ドル、引き出されましたね。これにてマネパカードでのキャッシングは終了です!

香港のバンク・オブ・チャイナのATMと香港ドル

マネパカードの口座からきちんと引き落とされているか確認してみた

お金は無事に引き出されましたが、果たしてマネパカード上で両替はできていたのでしょうか?気になっていたら、すぐにマネパカード側からメールが来ました。

マネパカードの報告メール

リンクが貼られていたので、すぐに飛んで確認してみると「200香港ドル」「ATM手数料20香港ドル」の表示があります。

マネパカードのネット両替画面

1時間以内にメールの送付とサイト上での確認表示ができたので、とてもよかったです。これならもし自分のマネパカードが盗まれて不正にお金を引き出されても、自分のメールアドレスにすぐに使ったことが通知されますね。

会社側に連絡して不正に使われたことを連絡できるので、セキュリティーも高そうです。

まとめ:マネパカードの両替とATMの現金引き出し方法

最後なので、マネパカードに日本円を入れて、ネット上で両替し、現地のATMから引き出す方法をまとめます。

  • マネパカード側から指定された口座にネットバンクか、コンビニのATMなどからお金を振り込む
  • マネパカードのホームページからログインして、お金をネット上で両替・チャージする
  • 現地のマスターカードの使えるATMに入れて、お金を引き出す(海外キャッシングの手順と同じ)

という流れになっています。

気をつけることは、なるべく銀行へのお金の振り込み、ネット上での両替、チャージは土日にやらないことだとぼくは感じました。

たとえばマネパカードの指定された銀行口座にお金を振り込りこまれるのは、銀行の営業日のみです。
土日に入れても、平日の銀行の営業時間まで待たないといけません。

またネット上での両替も土日の休日や平日の23時から1時くらいはメンテナンス時間に充てられることが多いです。

この点は海外プリペイドカードならではの不便さなので、マネパカードにお金を入れて両替する時は、余裕を持ってやってみてくださいね。

ただこの煩わしささえクリアできれば、1ドル90円の円高の時に両替しておいて、1ドル120円の時にアメリカのATMから90円の時のお金を引き出せますよ。

こんな便利な両替システムは海外プリペイドカードだけなので、試してみてくださいね。

マネパカードを使うにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

前原 和裕

主に海外に住みながらブログを更新するブロガーです。『あしたはもっと遠くへいこう』というブログを運営してます。海外系のお役立ち情報を提供させていただきます。

執筆メンバの一覧を見る