Slackの登録、ダウンロード、外部連携サービスとの連携方法、使い方の基本とコツについて解説

スポンサーリンク

Slackの使い方

2014年2月に日本版がローンチされ、今やIT企業を中心に、ビジネスの現場で絶大な信頼を得ているチーム用のコミュニケーションツール「Slack」。

サンフランシスコに拠点を置くTiny Speckという会社からローンチされたこのサービスは、2016年10月20日現在で、400万人もの人々が毎日利用しているといいます。

導入コストも非常に安く、なんと無料から利用できるんですよ。

社内やチームでコミュニケーションツール、チャットツールの導入検討時の参考になるよう、Slackの登録方法、ダウンロード方法、使い方の基本とコツ、外部連携サービスとの連携方法をご紹介します。

slackのトップ画

アプリのダウンロードについて

まずはアプリのダウンロード方法からお話します!

Slackはウェブのブラウザからも使用できますし、アプリでも利用できます。

お使いのPCがMacの場合はこちらを、Windowsの場合はこちらからダウンロードしてください。

Mac:Slack を Mac App Store で
Windows:Download Slack for Windows | Slack

Slackの登録方法

slackの登録画面

続いて、Slackの登録方法について。手順はこちらです!

  1. Slackのアカウントを作成します。メールアドレスを入力して「Create New Team」をクリック。
  2. 入力したメールアドレスが正しいかどうか確かめるために、メールアドレスに認証番号が送られます。この枠に認証番号を入力しましょう。
  3. 続いて、名前とユーザーネームを記載し、「Continue to Password」へ。
  4. パスワードを決めて、「Name your Slack」に会社名またはチーム名を入力しましょう。

Slack登録画面

Slackにメンバーを招待する

アプリをダウンロードし、Slackに登録できたら、チームのメンバーを招待しましょう。

  1. 左サイドバーにある「Invite people」をクリック。
  2. 「Email Adress」と名前を入力しましょう。もし複数人追加する場合は、「Add another invitation」をクリックし、同じ項目を入力。
  3. 緑色の「Invite people」をクリックします!

なお、招待を受けたメンバーは、招待メールから「Join Team」をクリックし、名前とユーザーネーム、パスワードを設定すればチームに参加できますよ。

知っておくべきFreeプランとStandardプランの違い

slackの価格

なお、はじめてSlackを導入する場合は、まずは無料のFreeプランと入門的な位置づけのStandardプランを検討してみてはいかがでしょうか。

Standardプランは$6.67。日本円にして、約800円の費用が発生しますよ。

Freeプランの機能

  • ログの検索と閲覧が10,000メッセージまで。
  • iOS/Mac,Android,Windows アプリを利用可能。
  • 連携できるサービス(integrations)は10個まで。
  • チーム全員で使用できるストレージ容量は5GBまで。

Standardプランの機能

  • メッセージ検索の制限無し。
  • 外部サービスとの連携制限無し。
  • 簡単な使用統計。
  • Googleアカウントでログイン可。
  • メンバーひとりにつき10GBのストレージを利用可。

Slackを使いやすいようにカスタマイズする

プロフィール写真の設定方法

Slackのプロフィール写真

プロフィール写真の設定方法は、以下の通りです。

  1. 左上のチーム名の真右にある下矢印をクリック。
  2. 「Profire Account」をクリックします。
  3. すると右サイドバーに自分のアカウント画面がでてきますので、「Edit Profile」を押します。
  4. 編集できる項目はこちら。
  • 名前
  • やっていること、肩書き、一言でもOK・・・「What I do」
  • 電話番号
  • SkypeのID

これらの項目を記載できたら、「Save Changes」をクリックすればOKですよ!

自分好みのテーマを選ぶ

Slackでテーマを選ぶ

さて。Slackは自分好みのテーマにカスタマイズできるのも、その使いやすさを助けてくれていると思います。

好みのテーマにすると格段と全体が見やすくなるので、設定するのをおすすめします!

  1. 左上のチーム名の真右にある下矢印をクリック。項目から「Prefarence」を選びます。
  2. 画面の左側に表示されるメニューから「Sidebar Theme」をクリック!
  3. すると、8種のさまざまな色のテーマが表示されます(2016年11月現在)。
  4. 好きなテーマをクリックしたら、右上の☓印の閉じるボタンを押せばOKです!

基本的な会話・使い方

続いて、Slackでできる基本的な会話方法について話していきますね。

メッセージを書き込むところは、画面下部の「Message in チャンネル名」と記載されているところです。
メッセージを入力してEnterを押すと送信、Shift+Enterで改行できます。

相手のメッセージに返信したい時は、「@+ユーザー名」を入力し、コメントしましょう。

「@channel」と入力すると、そのチャンネルにいるメンバー全員にプッシュ通知することができます。

「@here」と記載してメッセージを書き込むと、そのチャンネルにいるメンバーでオンライン状態になっている人だけに通知できますよ。

チャンネルって?

さて、さきほど話に挙がった「チャンネル」というのは、会話する専用ルームのこと。

例えば会社で「edit」と名付けたチャンネルでは、メディアの編集について話します。

「random」チャンネルでは、なんでも気軽に話せる部屋。また家族や恋人とSlackを使いたいなら、「house-memo」や「recipe」チャンネルなんてつくるのも良いでしょう。

Slackのチャンネルについて

ここで、チャンネルのつくり方についてご紹介しますね。

  1. 「チャンネル」の右側にある「+」ボタンをクリック。Create a channel というページが表示されます。
  2. 「public」というボタンがあるので、誰でも見れて参加できるチャンネルにするか、「private」、つまり特定のメンバーのみが閲覧できるグループにするか選択しましょう。
  3. 「name」にチャンネルを記載します。
  4. 「purpose」には、何のためのチャンネルなのか、目的を書いておきましょう。
  5. 最下部の「Send invites to」の枠に、メンバーのアカウント名を入力すれば開設するチャンネルに招待できますよ。
  6. 全て入力を終えたら、「Create Channel」をクリック。これで新しいチャンネルを開設できます!

他にも便利な使い方があります。

よく利用するチャンネルに「Star」マークを付ける

Slackを使い続け、チャンネルが増えてくると、「あのチャンネル、どこにあるのだろう・・・」と、探すだけで時間がかかることがあります。

それは仕事においてタイムロスですから、よく使うチャンネルを上の方に表示する便利な機能「Star」を利用しましょう。

「Star」の使い方は、チャンネル名の真右にある星のマークをクリックするだけ!

▼カーソルを合わせると星マークが表れます。

Slack・スターマーク付け方

すると左サイドバーの上の段に、「Star」付きのチャンネルが表示されるようになりますよ。

覚えておきたいコメントに「Star」マークを付ける

Slackをはじめチャットツールを使用していると、必ずメモしておきたくなるメッセージがあると思います。

それを忘れないようにするための方法が、「Star」を使ってお気に入り設定すること。

メッセージした人のアカウント名と時間の右に、カーソルを合わせると「Star」マークを付けられます。

そしてSlackの画面右上の「Star」マークを押すと、自分がお気に入りしたメッセージ一覧を確認できますよ。

この機能はとても便利ですので、ぜひ試してみてください。

Slackで過去の投稿を「引用」する方法

メッセージを引用したい時は、「> 文言」と記載すればOK!

他にも二つ、方法があります。

一つは、引用したいメッセージの右側に表示されている右矢印をクリックしましょう。

「Share message」という画面が立ち上がるので、右下にある「Share」というボタンを押すと、メッセージを引用できます。

この時自分のコメントを添えてメッセージを引用したい場合は、「Add a message if you like」に記載してくださいね。

Slack・シェアする方法

二つ目のメッセージの引用方法は、以下の通り。

  1. 引用したいメッセージの右側に表示されている 「…」をクリックします。
  2. 「Copy link」を押し、下部のテキスト入力枠にコピーしたリンクをペーストすればできあがり!

この方法もとても簡単ですよ。

検索と「Jump」機能で簡単で便利にメッセージを探せる

Slackの画面右上に、検索窓があります。こちらで探している情報のキーワードを入力すると、検索できます。

ここからがSlackの便利なポイント!

検索結果の右上に「Jump」という文字が表示されます。

Slack・jumpする方法

これをクリックすると、その投稿を遡ってくれるので、探していた情報と、その情報に付随する会話も確認できます。

僕の場合は、依頼された仕事について確認するだけではなく、なぜ、どのような状況で仕事を依頼されたのか確認する時に利用しています。

仕事の前後の文脈を再確認できるので、この一手間だけでも、仕事の正確性が増すと思います。

チャンネルのメンバーに報告したい時に便利な「Post」

Slackでpostする

Slackには、「Post」という機能があります。チャンネルのメンバーに、長文で報告したい時に使いたい機能です。

  1. まず、メッセージの入力枠の左にある「+」から、「Post」をクリック。
  2. すると新しいタブでテキスト編集画面が立ち上がります!
  3. 上部にタイトル、下部に本文を記載していきましょう。
  4. 文章ができたら右上の「Share」ボタンで共有します。

なお、「Post」による文章は、書いたメッセージの上にカーソルを合わせると太字、斜体、下線、打ち消し線、リンクの貼り付けまでできるんですよ。

会話を円滑にする!絵文字の使い方

Slackでの絵文字の使い方はシンプル。「:(コロン)+ 絵文字の名前」をメッセージの入力枠に記載しましょう。

もちろん名前のところは、英語の単語ですよ!

Slackの絵文字

日常の検索方法で便利!

検索方法にも便利で、僕自身よく使っている方法があります。

一つは、あの人からこんなお願いされたけど忘れてしまった・・・という時、発言した人を指定して検索できます。

使い方は、「from:@ユーザー名 キーワード」で検索すればOK!

二つ目は、あのチャンネルで◎◎さんに言われたことを忘れちゃった・・・という時、指定したチャンネルから検索することができます。

使い方はfromと同じように、検索場所を指定する「in:」を使います。

「in:#チャンネル キーワード」と検索窓に打ち込みましょう!

ファイル添付をコマンドキーで

チームでコミュニケーションする際、画像やpdf、またWordファイルなどのやりとりが多いのではないでしょうか。

よく利用するファイル添付の方法ですが、ボタンを押さずにショートカットキーでファイルを添付できるんですよ。

Macは「Cmd+u」Windowsであれば「Ctrl+u」でファイル添付画面が起動します。

外部連携

さいごの章はSlackと外部サービスとの連携についてお話させてもらいますね。

Slackは他のウェブサービスと連携できることも、その利便性を支える大きなポイントです。

僕が所属している会社をはじめ、多くの組織で導入されているタスク管理ソフト「Trello」を例に、外部サービスとの連携方法をご紹介します。

Trello

  1. 設定や連携できるサービスを確認するには、画面左上にあるSlack名横の「矢印」から、「Apps & Custom Integrations」を選択。連携できるサービス一覧を確認できます!
  2. 画面中央に表示されている検索窓に、「Trello」と入力し検索しましょう。
  3. 検索一覧の中から、「Trello」を選択すればOKです。
  4. 各サービスにより入力項目は異なるのですが、とても簡単ですよ。Googleカレンダーの場合は、検索後クリックし、「Connect a Calendar to Slack」を押せばOK! 自分のGoogleアカウントと同期してくれました。

SlackにTrelloを連携する

Trelloの使い方は別に記事にしていますよ。

さいごに

この記事ではSlackの登録方法から基本的な使い方、外部サービスとの連携方法を紹介してきました。

ビジネスの現場やチームのコミュニケーションに活きるチャットツールです。ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

タクロコマ

編集者/カメラマン。茨城県龍ケ崎市出身。「灯台もと暮らし」をはじめ、暮らしをテーマに活動しています。

執筆メンバの一覧を見る